台風がやってくるたびに大変な目にあわされているので、
台風の進路にはとても敏感になっています。


気象庁進路予報はもちろんですが、
米軍進路予報、さらには、
気象庁GSMモデル、アメリカ気象機関GFSモデル、ヨーロッパ中期予報センター、
を全て見て常に台風の動きをチェックしています。


現在、日本に向かってきている台風10号。
この台風の動きには本当にやきもきさせられました。




台風になる前の8月6日時点で、

気象庁GSMモデルとアメリカ気象機関GFSモデルでは、
北上したのち、房総半島沖で東に進んで本州には上陸しない予想を出していました。

一方、ヨーロッパ中期予報センターでは、
当初より現在と同じ西日本に上陸する予想を出していました。


予想が非常に難しいパターンだったようで、
最終的には気象機関の人間の判断が三者の違いになってしまったようです。





これから暫く台風シーズンが続きます、台風が気になる方には、
『気象予報士Kasayanのお天気放談』
をおすすめいたします。