酒屋・興味津津

豊中は服部の「きりもと酒屋」です、あれやこれや色々気になる事を・・。

営業時間は朝10時から夜9時まで。
2月の定休日は、毎週木曜日と第3日曜日の17日です。
お問い合わせ等はこちらへ⇒ kirimotos@ybb.ne.jp

190218百楽門「中汲」
奈良より。

百楽門
「純米大吟醸 50 中汲 生原酒 雄町」


原料米       備前雄町 100%
精米歩合      50%
日本酒度     +5前後
酸度        1.7前後
アミノ酸度     1.1前後
アルコール度   16度台
720ml       1,836円
1.8L        3,672円    (各税込)

今年も純米大吟の「ええとこどり」をした、「中汲」が入荷いたしました。

「中汲」とは、お酒を搾る際の中頃の安定した酒質部分だけを瓶詰したものです。


穏やかで爽やかなフルーツの香り。

上品な甘味の後に辛くキレる生原酒です。





190210ベアードビール「ジュビレーションエール」

ベアードビール
「ジュビレーションエール」


原材料        麦芽(イギリス産)、ホップ、糖類、いちじく、ニッキ、酵母
アルコール度数     8%
苦 み (IBU)       28
330ml        540円 (税込)

前回に続き、ベアードビールさんの紹介です。

「ジュビレーション」とは「祝福」。

クリスマス&ニューイヤーを祝うために造られたのがこのエール。

地元産の摘み立ての完熟いちじく と、ニッキ(シナモン)の小枝を使用。

苦みは少なめで、凝縮した香りと味わいが感じられます。

より特別なフレーバーを醸し出しており、

フルボディでアルコールも高めのエールです。






190129百楽門「万里」
奈良より。

百楽門
「純米大吟醸 百楽門 万里 生原酒 」


原料米      奈良県産酒造好適米「露葉風」100%
精米歩合     50%
日本酒度     +3前後
酸度        1.7前後
アミノ酸度    1.0前後
アルコール度   16%
720ml      1,728円
1.8L       3,456円    (各税込)


今回も「奈良」に拘った「万里」が入荷しました。

奈良の人が醸す、奈良の水、奈良の米を使った奈良の酒です。


大吟醸ならではの上品で爽やかな果実の香りと、スムースなのどごし。

生原酒の豊かな味わい。

常温または冷やしてお飲みください。


※明日休みます。








190127ベアード
ベアードビールさんの限定が入荷中です。

190127ベアード「カボチャエール」
で、その中から。

ベアードビール
「カントリーガール かぼちゃエール」


アルコール度数   6.5%
苦 み (IBU)      25
330ml       540円 (税込)

ベアードビールのブライアンさんのお母さんからインスパイアされて生まれたこのビール

地元産のかぼちゃが原料に使用されてます。


ローストされた麦芽の香ばしい香り。

ほんのりとした甘味を感じ、苦みは後口に少し。

色合いのイメージとは違い、飲みやすいエールです。




190126秋鹿「山廃直汲」「山廃霙」「千石谷・霜柱」
極寒の能勢より。

秋鹿酒造
「山廃 槽搾直汲 自営田 もへじ」
「山廃 霙もよう 自営田 もへじ」
「純米吟醸 千石谷 霜柱」


「山廃 槽搾直汲 自営田 もへじ」「山廃 霙もよう 自営田 もへじ」

精米歩合      70%
原料米       山田錦(無農薬・循環農法 山田錦)
酛          山廃
酵母         7号
醪日数       28日
日本酒度      +9
酸度         2.6
アミノ酸度      1.7
アルコール度数  17度
1.8L         3,456円 (税込・1.8Lのみの商品です)

「純米吟醸 千石谷 霜柱」

精米歩合      58%
原料米       山田錦(能勢産山田錦)
酛          速醸
酵母         9号
醪日数       30日
日本酒度      +6
酸度         2.3
アミノ酸度      1.5
アルコール度数  17度
1.8L         3,888円 (税込・1.8Lのみの商品です)


自営田山田錦の「直汲」と「霙」が入荷いたしました。
「霙」は、やはり開栓にはご注意ください。

そして、千石谷の生も。
霜柱は、能勢産の山田錦を100%使用、少しだけ加水してあります。





IMGP0493


こないだの秋鹿さんでの様子、アップしました。

よろしければ、こちら⇒ 「勝手に秋鹿通信 2019年1月17日号」 で。




今更ではありますが、「直汲」と書いて「じかぐみ」と読みます。

字の通り、「せつむ」ことを意味しています。

通常、搾ったお酒は一度タンクに移された後に瓶詰されます。

しかしこの「直汲」は搾って出てきたお酒を直接瓶詰しています。

つまり、発酵中に発生した醪中の炭酸ガスが、

搾って出てきたお酒と一緒に瓶詰されています。

なので開栓直後に飲むと、じんわりとお酒の中に炭酸ガスを感じることができます。

これぞ、究極の搾りたて。

そして、飲むにつれて炭酸ガスは抜けてゆき、

やがて落ち着いた風味に変わっていきます。

一本で多くの変化を楽しめるお酒、それが「直汲」です。



※明日木曜日は定休日です。











190119秋鹿「超辛口直汲」


秋鹿酒造
「純米吟醸 無濾過生原酒 超辛口 槽搾直汲」


精米歩合     60%
原料米       山田錦100%
酵母        11号
酛          速醸酛
醪日数       28日
日本酒度     +15
酸度         2.3
アミノ酸度     1.6
アルコール度   18度
1.8L         3,456円    (税込・1.8Lのみの商品です)

先日、酛すりに行ってきたところですが、今年の一発目がとどきました。

今期はいつもより早めの発売ですね。

売りきれの際はご容赦ください。



※明日の第三日曜日休みます。













このページのトップヘ