(´ ・ω・ `)
内地(本州)に行ってきたよ。夏休み企画シリーズ第2弾(今さっき思いついた企画名)
よしのにからの続きです。



これまでの私の内地(本州)旅には欠かす事が出来ない
これさえあれば大丈夫!な舞台探訪本
いつもお世話になっておりますが
今回のお供は「咲-Saki-」マップを参考にさせていただいております。
※全て本当ありがたいマップ集なのです。ありがとうございます。ありがとうございます。





IMG_20160702_232119

瓦屋根の風景だけでもテンションの上がるアカウントが
吉野から大阪に向かう感じでお送りします。






DSC_0710
※特急と急行、あなたならどっちを選ぶ?(特に意味なし)

名残惜しいですが、吉野の山を下りまして
次の目的地は吉野神宮駅です。

ここから歩いて行くと舞台の一つがあるのですね。







何度か出てきてますが
和さんと奈良の風景で、この私服…
咲本編の後追い勢の私が見ると、違和感なく阿知賀だというイメージがわきますが
連載当時は、制服なのか私服なのか、その風景はどこなのか
という感じだったのかもしれませんね。
長野予選という表記も最初の方はなかったみたいですから
なおさら謎めいていたのかもしれませんね。






という
咲シリーズをいつ知ったかによって見方が変わる舞台(場面)
から更に北(大阪・京都)の方に進みます。
(吉野)小学校だったり
※このツイートが意味深長になってますが、このブログの展開に無関係なのでスルーしてOKです(笑)
鉄橋が見える橋や歩道橋を渡り
DSC_0523
この歩道橋から見て左側にある住宅地へ向かうと
歩道橋を背中にして、てくてくと歩きます。
そうして少しすると、住宅地へ上る階段が右側に出てきます。
(ちなみに、左側にある住宅地へ向かった時に突き当たる丁字路付近にも似たような階段が出てきます)





ソコの階段を折り返し地点まで登って振り返ると…
シノハユの巻表紙もそうですが
結構住宅地な所が選ばれている傾向がありますね。
次の場所も巻表紙ではないですけれど、個人的に驚いた場所です。

登ってきた道通り(要は玄さんが居る所と逆方向)に進むと
生活道路を歩くことになります。





そして登場します。
生活道路を通らないようにするには
和さんの奥にある、下り階段から登ってくるのが良いのかもしれません。
でも、場所が分かってないと分かり難いとは思いますけんど。

複数で訪れるには、そういう意味で難易度があるような気がします。
(周りの方に迷惑かからない方に訪問しましょう。ですね)





この次は、大和上市駅近くにある吉野ビジターズビューロー(旧 吉野町観光協会)
に寄るルートになるのですが
そこをあえて通り過ごす形で国道まで出てくると
ひたすら歩きます。
(駅に向かう途中までなら国道使わなくてもいいけんど、結局国道に行くことになります)

すると
駅を越えた先に、吉野と大淀の境にあるGSが出てきます。
車で来たら、是非立ち寄りたいGSさんですね。
バイトをしている誰かに会えるかもしれませんね?


このGSさんに来たら、右側の住宅地へ行ける道が登場するので
そちらへ進みます。
(このツイート画像は構図的に良さげな反対側から撮ってますので、この画像でいうと左後側に道があります)

車で移動する場合は
この道が侵入禁止(一通...一気通貫じゃなくて一方通行)になっているので
このルートでは行けないので、後ほど道順を紹介します。






そうやって進むと小さめな十字路が登場しますが
こちらをバキッと右折しますと
ここも住宅地で、ほぼ道路(歩道なし)なので画像を撮る時は注意ですね。
左側に見える川は、国道と並行している吉野川とは違う意味で
個人的に落ち着きます。







この地域にはもう一つ巻表紙の舞台がありますので
先ほどの十字路までグワッと戻ると、そこを右に進みます。
すると、それほどせずに先程よりちょっと大きい十字路が登場しますので
これまた右折してずんどこ進みます。


そして、跨道橋ぽい所が見えてくると
DSC_0718

左手に階段が出て来てるはずなので、その付近で後ろを振り返ると
あと幾つかのポイントがあるようですが
ほぼ吉野は制覇しました!
ありがとうございます(やりきった顔)



車での道順の理想は
GSから国道を走って2本目の右折ポイント(青看板より前の右折場所)を曲がると
【この舞台(阿知賀1巻表紙)】に着きます。
次に、いま来た道を戻って国道前の十字路を左折(一通)
進んだ先の次の小さな十字路を左折。
そこが【阿知賀編2巻裏表紙ぽい川のある舞台】になります。
そこからまた一通に戻って進むと、GSと国道に合流しますね~。
(歩きとは逆に回ることになります)

ただ、車で行く場合は停車場所が中々大変そうです。








すっかり、吉野を制覇したので
ここから大和上市駅まで来た道をのんびーりと歩いて戻りまして
最後に残しておいた
駅近くにある、吉野ビジターズビューローで
戦利品アイテムを手に入れに行きます。




こうして、戦利品を手に入れた私は
意気揚々と大阪へと戻るのであった…







?「次は~ふくがみ~」
DSC_0721
む?



?「まだ奈良には舞台が残っておるのよー」
DSC_0722






角度がかなり違うので、水門の手動ハンドルが小さくなってますが
下からもっとなめるようにハンドル部分を大きく撮ると再現できるかもしれないっぽいです。
行き方を含めて、リテイクしたい場所ですねー





実は…でもなく今回の関西の旅の目的の一つは
末原さんの誕生日(8月9日)に姫松を訪問しまくろう
というモノがあります。

しかし
このアカウントの人は
9日の大半を吉野で過ごすという、ある意味で本末転倒な事をしていたわけです。

吉野が楽しかったからしゃーない。
うん。しゃーないんです(笑)
Screenshot_20160827-234816b



というオチを置いておいて、
次の大阪姫松編へと続くのです…





















さーて
一部のマニアの方に人気だという設定の
おまけのコーナーですよー。
まったくもって、見なくて問題ないですよー。





というわけで
#ラストラン5タグの前についている数字をご覧ください。

西暦と月日が記載されている事にお気づきでしょうか。
この日付が実際の訪問日となっているのですが
良く見ると、この吉野編の構成
その月日がバラッバラになっているのです。

そう。
訪問した通りの構成ではなく
編集という名でまとめたよ的になっております。

更にいうと同じ日でも行き方が全然違います。
吉野山だと、最初に紹介している大橋(憧尻橋)は一番最後に行ってますし
松実館こと、さこやさんと銅の鳥居の画像は2日分の画像を混ぜております。

今までの旅ブログは
ほぼ訪問順(ツイートの時間順)で紹介していたのですが
今回は時間等も編集してみました~。
時間枠がおかしいのは
吉野小学校のツイートが一番わかりやすいですね。


という事で。
おまけのコーナーでした。