2007年04月15日

萌えとは全然関係ない話…(最近多いな!)

私生活で転機だなあと思うことが多い本年ですが、最近ちょこちょことだけど新天地でのお仕事をさせていただけるようになりました。
まあ単発が多いのでアレなんですけど、今後の自分の仕事の活動基盤になっていけばいいと思う…
あとは、これまで7年弱(!)、高校在学中から仕事をしてきて、こてんぱんにのされたり、精神的に欝だ死のうというのがあったり(これはしょっちゅう…!)、辛いこととかたくさんあったんですけど、
まあその悲しい出来事に耐えてきた結果がようやく他人の目にとめてもらえるくらいになったというか…
まあ別にお給料自体は年々減る一方で「どうやって生活したらいいんだいスティーブ?」ってビバリーヒルズの真似をしていろいろごまかそうとしてみるけど失敗、みたいな、そういう悲しい日々なんですけど。
それでも生きていけるのは、やっぱり萌えがあるからだなあ!
萌えって幸せ!

今逆転裁判は第3話です。きょうやがどんどん受受しくなっていく(ギターが燃えて必死で火消し、愚痴を吐く、アタマを抱えてイヤイヤってする、壁をばんばん叩くなどなど)ので、オドロキくん受派の私としては気が気じゃありません。
もうどっちも受けでいい気がしてきた…。
きょうやはともかく、オドロキくんがいちいちきょうやを意識しているのも萌えです。もっと熱く求めていいんだよ!(混乱)

saki_torihiki at 03:19│ ただの日記