2005年04月04日

お知らせ

http://blog.livedoor.jp/sakicchu1228/

→大人になったのでこっちに引っ越しました。

このエントリーはblogpet『もっこりーぬ』が書きました。
いい加減やめろって言ったんだけどね。

  
Posted by sakiccho1228 at 18:09Comments(58)TrackBack(105)

2005年03月31日

卒業します

卒業式長い間、「さきっちょの就職日記」にお付き合いいただき、ありがとうございました。


酔っ払って書いたエントリーがラス前になってしまうのは非常にこっぱずかしく自分でもあきれ返ってしまいますが、お許しください。

この日記では1年半、思春期の大学生の迷いや不安、悩みや下ネタまでいろんなことを書いてきました。

ブログをはじめたとき
就職先を決められなかったとき
失恋したとき
決断をしたとき
自分に自信がなくなったとき
卒論がおわらなさそうだったとき
スキなヒトができたとき
内定辞退をしたとき
初めての交流会



本当につらかったときや、本当にうれしかったとき、一緒にその想いを共有してくださりコメントを残してくださる方々にどんなに励まされただろうと考えるとこの日記をやめるのが心から寂しいです。

ブログをはじめる前までは、ネットという世界にこんな温かい場所を作れるとは思いませんでした。皆さんのおかげで、この日記を書くことが毎日の楽しみになり、充実した大学生活を送ることができたとおもっています。

明日から社会人。
私にとっては大きな門出です。


厳しい現実を叩きつけられ、めげそうになることもきっとあると思います。すぐにあると思います。来週の月曜あたりにあるんじゃないかと思います。

でも、そんなときはこの日記とコメントを読んで、ヒト踏ん張り、もうヒト踏ん張りと大人の階段のぼり続けていきたいとおもいます。

大学頂上から皆さんと触れ合えたことが宝物になった。

宝物が活力になった。


皆同じ空の下、私は明日もあさっても、その空を見上げて歩いていきます。

私もがんばる。
皆様もがんばってくださいませ!

また新たなるステージでお会いましょう☆



ぐすん

新たなるステージはココ


  
Posted by sakiccho1228 at 23:48Comments(113)TrackBack(39)

2005年03月30日

けも

yotaよぱらたてー。

05-03-29_21-30.jpg今日Hあ「局のディレクターとかぷろじゅーさーとか部長とかスポンサーの人たちが送迎会をしてくれち。

花束とメロンもらったー。
皆本当にいい人だて嬉しかったー。泣きそうだったー。


どmうぇ

よぱらたー。主語プ

酒豪になったとおもっていたけど、2杯半で無理―・
ネルー0
 
エリザベスちゃんのバー、えりざべえすちゃんは男だったのに女になったー。おっぱいある。なぇなずz
 
そこでびっくりしただけど、
書き込みとかメールとかしあってたブロが―の人pがいた。

2時間くらいいたのに言ってくれたなs@が

いっくりー・

いかんせん酔っ払ってるけど、何化いてるかはわかるぱ・

なんでブログ行進してるもpかわかんない。

05-03-28_20-02.jpg昨日兄さんがうちにきたー。
お父さんに挨拶してにきてくれたー。
ネクタイしてきあー。

jきんちょうしたのか餃子のたれにお刺身を、刺身の醤油に餃子をつけて、また間違えてまた間違えてまた間違えてま@−

おpろうさんに『いけらくん、餃子のたれにしらすがういてるよ』って言われてたー。

お兄さんは僕ばかじゃないですよーっていってだけど、
4回まちがえたのでばか。私もばか。いっしょ@

おとおうさん今どきこんないいこはいないおーってお母さんにいってたーだてーいいこーいいこ^^
もいてー
 
05-03-27_18-46~00.jpg兄さんしきーだいしき^−
 
もうだめ。あ;l
  
Posted by sakiccho1228 at 00:09Comments(217)TrackBack(31)

2005年03月29日

出そう

【速報】
 
けふ、

日本テレビ系静岡第一テレビ(31CH)の
《まるごとワイド16時50分〜》にちょろりんと出ます。
 
17時10分台かな?
 
ゴン中山のお父さん儀助さんと一緒に(笑)

すてき。
  
Posted by sakiccho1228 at 16:25Comments(295)TrackBack(3)

2005年03月28日

電波

つぐみ、どこにいるの?

娘さんが行方不明になってしまったらしく、お母様がブログでも情報を集めています。
こんなときこそブロガー力を使いたい。

■つぐみちゃん
■仙台の小学校5年生
■身長150センチ弱、体重40kgくらい 色白でどちらかというと痩せ形、黒髪で短めなストレートヘアで多分お化粧をしているとのこと


ご協力おねがいします。


**************************

本日17:25〜INTERNET CAFEにでます。

前回1月に出たときは、ラジオの電波というのを甘く見ていて、喋りすぎてしまいました。

が、

こんな機会ももうないだろうので今回も超ぶっちゃけトークをしてこようとおもいます。それこそもうつまみ出されるくらいに。
前回のオンエア時ブログ

  
Posted by sakiccho1228 at 09:30Comments(228)TrackBack(35)雑記

2005年03月27日

満足

京都から実家に帰ってきましたー。

本当に私たちが講演会なんてできるの?!と思いながらも
おそるおそる入った部屋には・・・。

あああああわわわ。

わおー人がいるー!
人がいますよーーーーー!

大量のホモサピエンスですよーー!



おこのみやきもう本当に緊張しすぎて、同志社大学に行く前に食べたお好み焼きとネギ焼が出そうだった。



どんなこと聞かれるんだろう・・と思いつつ、ドキバクしていたら結構個人的な質問も多くて、はあちゅうの回答におったまげたりも。

それにしても彼女が壇上で話している姿をはじめて見て惚れ直してしまった。

それにつけてもパ○ン兄さんのどこにビビビっときたんですかと聞かれたときには、バッグの中からアルバムを取り出して熱弁奮うとこだった。京都にまで持ってくなって・・・苦笑


講演会が終了する頃には、膀胱パンパン。
マジで放尿まで0・5秒前(MH0・5)でかわやまで猛ダッシュしたらドアの前で講演を優しい微笑みで聞いていてくださっていた淑女がドアの前にいて、挨拶をすると『子供が大学生なのよ、親の視点で悪あが記も就職日記もはあちゅう主義も見ているのよーがんばってね。』って言ってくださって、すっごく嬉しかった。

パフェ感極まってお好み焼きのあとに食べた抹茶パフェ@都路里が出そうだった。





講演会後、50人が参加してくださった交流会@凱旋門サワーでは、なるべく全員の方と話そうとぐるぐるしながら、いったいどれだけの変顔をしたんだろう、私は・・・そして皆、写メールで撮っていたけどそれをどうするつもりだとうと不安を抱えながらも、一人一つのはずだったコロッケを実は3つ食べてしまいました。ごめんなさい。もうしません。


夜は疲れておにぎり味噌汁を食してすぐに寝てしまい、どうやら寝言まで言っていたようだけど、臨時ホスト@とある町屋が早朝に並んで買ってきてくれた京都の豆腐と味噌汁は格別の味わいでした。豆腐一丁と味噌汁2杯ごはん1杯卵焼きを遠慮がちにいただきました。

まめそして身支度をして豆餅目指して自転車をこぎ、



錦市場を目指して地下鉄にのりました。

豆乳ドーナツ
豆花(とぅふぁ?)
七味ソフトクリーム
たこ焼
大判焼
ウナギの肝
牡蠣生牡蠣
漬物
豆乳チーズケーキ
豆乳プリン



・・・あれ、お腹がパンパン


んあーーー京都うめえよ。

そりゃ都だよ。ココは都だよ。

えーもう時間ーーーまだ腹6分目だよーー天丼食わせろー
と嘆きつつも、新幹線にのる時間がきてしまい京都駅へ連行される。

改札にはいったあと、

かえってきちゃったっぎゃーーーーーーーー!!

やばい!やばいよ!やばいよ!!!
どうしようどうしよう・・・・・







蓬莱の豚まん買うの忘れた・・_| ̄|○ 



と絶望の淵に立たされ、
駅員さんにこれこれこういうわけで(豚まんのほかにも書き込みでシュウマイがおいしいよとあったので)改札の外に出させてと訴えて、


あー、よかった。

豚まん、シュウマイ、あ、餃子もあるんですね、はい、よろしく。


05-03-27_18-46.jpg念願の蓬莱の豚まんをゲットしました。

我慢できず新幹線の中で1コ食べたー。
おいしー。冷めてたけどおいしー。
うまれかわったら豚まんになるなるー。



豚まんに満足して目を閉じるとあっというまに我が静岡。


あー。
京都楽しかった★


たったの2日間だったけど、
すっごい成長したよーーーーーーー!

私、いまだかつて54キロ台なんて知らないよーーーー

京都についた朝、銭湯で体重はかったら52キロだったはずー。

05-03-26_11-12.jpg
皆さん、ありがとうございました。
チャックが上まで閉まらないブーツを履いて帰るのは屈辱的でした。責任とってください、はい。



さて、会った皆のことを思い出しつつメールを出しながら
おみやげにかってきた桜餅食べよ。


母さん、お茶だーお茶ーーー。

  
Posted by sakiccho1228 at 21:07Comments(182)TrackBack(17)

2005年03月26日

京都にいてます

おはようございおこしやす。

昨晩の夜行バスにのって、はあちゅうと京都に到着。

駅に着くなり、『焼きたてパン食べ放題』の文字が目にとまって、とびこみ中。

うへー。

腹いっぱいー。

05-03-26_08-13.jpgおととい『悪あがき』の見本誌が届きました。

うへー。

へそはだめだって言ったのにー。

元でべそだって言ったのにー。



ガチャピン卒業式のエントリーまだできてないや。
京都から帰ったらにしよう。



京都から帰ったら

月曜日にラジオインターネットカフェでる。

火曜日にテレビまるごとワイドでるかもかも。

最後の露出になるのかしらん。
いずれにせよただいま大学在学中で体重が一番多い。

とりあえずまだ時間があるからパン食う。

今日お会いできる皆様よろしくお願いします。

パンお願いします。

  
Posted by sakiccho1228 at 08:22Comments(49)TrackBack(17)セミナー・勉強会

2005年03月23日

関西で会いませう

今週末、はあちゅうと京都に行く。

はあちゅうがどうしても蓬莱の豚まんを食べたいというので。そんなにおいしいのだろうか、楽しみ。

豚まんはいいのだが、
同志社大学で講演会?!をKGBという学生団体の方が企画してくださった。

うーん。

私たちに話せることなんてあるのか?!と
混じりっ気なしの不安100%だけど(オイ
口を開いてしまえばこっちのものだYO。
いろいろ喋ってきちゃおう。
いろいろ見せてきちゃおう。

ああ、そうね、写真の写し方とかね。どうでもイイ!

どこいっても写真写りが良すぎると怒られて、その場で奇跡の写真を撮るまでの過程を説明しなければならない。


お時間ある方は是非来てくださいませ。
くわしくはコチラ。to ha-chu blog !!


関西といえば!!


先日、“社交界の貴公子”である京都大学大学院生くのじゅんさんにお会いした。ちなみにくのじゅんさんのとこに貼ってある私の写真、心から気持ちが悪い。

なんかね、すごいの。(サイト参照

前々から名前はいろんなところで聞いていたが、私とは違う世界の方だわーあわーほえーと思っていたので、まさか1対1で会う機会があるなんて思わず、前前日からびびりまくっていた。

お会いする前にGREEを舐めるように見る。
こういうときこそGREEやMIXIなどのSNSが役にたつときがある。

人からの紹介文を読むのが一番わかるかなあと思ったが、リンクが1000をとうに越えているので何が何だかわからず。

ええいー百里楼豸に如かずだああああああ
と特攻してみようと覚悟を決める。

私、なかなかどうして臆病者だもので初対面の人に会うときに相手の情報がないと人一倍不安に思ってしまう。飲み会なんかやろうものにはひどくストレス。でも行ってしまえば平気なんだけどね。

会った当日は卒業式の謝恩会の服を着てそのまま帰省する予定だったので、会って第一声・・

『田舎のホステスみたいな格好ですいません!!』

と言ったら、

05-03-21_14-26.jpg『こちらこそ田舎のホストみたいな格好で
すいません』


と。


↑いやはや、紫のネクタイもいとをかし。

そんなこんなで新宿のスタバに入って話を。

こういう方っているんだなあ・・・

とただただ感心するばかり・・
きっと私は終始、口を無駄に開けて話を聞いていたに違いない。

短い時間の中でも、くのじゅんさんの通常の人の3倍の速さでのトークは情報量が多い。

同じ学生でも知識に雲泥以上の差があるので、わからない言葉がぽこぽこ出るのだが、一つずつそれを説明してくれて、

頭のいい人というのは

難しいことを簡単にわかりやすく。
そして聞かせる際はさらにおもしろく。


これが本当に出来るんだなあと思った。

日本外交史の話を聞いて、およよ、私も国際関係学部なんだっけということを思い出したが、およよよよ、私何を勉強してたのかなあとふと考えてみると、口をポッカーンと開いて聞くことしかできず・・情けねー。

男女の話や、さらにこみいった話もしたが、
急にモノマネなどもしてくださったり・・・ひとつやふたつ引き出しを置いていってもらえばよかった。

今週末会うときには肉まんと引き換えに貰ってこよう。

************

くのじゅんさんと話をして、

大学の入学式のときに、ある教授が

『この4年間、広く学び、
その中で専門分野を発掘しなさい』


と話をしてくれたことを思い出した。

そのときは何気なく聞き流していたが、
『この4年間』を終えた今、専門分野のない自分。

学生のときに築いた礎はどれだけ社会で活きるのかは人によって差があるし、わからないけれど、

うへー、おでにはすばらしほど何もない。

すっぱい気持ちになりながら





05-03-22_15-15.jpgあっという間に卒業式
あれま。






というわけで次回は、

『卒業式で校歌をはじめて聴く』
『謝恩会で四つんばいになる』
『女だらけの飲み会で波田陽区となる、〜ポロリもあるよ』


の3本です。

じゃんけんポン





じゃんけんぽむ  
Posted by sakiccho1228 at 10:44Comments(82)TrackBack(16)出会い・友

2005年03月21日

マグナカルタをつくったよ

05-03-20_20-03~00.jpg昨日は『いい女塾』の表彰式に呼んでもらった。だっておいしいもの与えてくれるっていうから(ρ.-)

最近近所のオリジン弁当(24h)のことをオカアサンと呼ぶようにしている。

オカアサンは揚げ物が得意。グッジョブ!



食べ物につられていったわけだけども、

はぅあぁあぁー
ブログで見た人がいっぱいいるYO
!!

うぉおわぁああぁーナマまいまいだ!女子コーセーだ!
さわりさわり。


いい女塾で上位に輝いた女子力の高い皆様と有名メルマガや著書をお持ちの審査員の皆様が一同にお揃いで、そりゃもう・・・

おいしかった!

楽しかった!!

カラオケはひどかった!!!


あー毎度のことながら安売りしすぎた。今日朝起きたら筋肉痛。
写真がアップされないかと心配してます(-"-;)

それにしても最近集まったりするときに、その場全員ブロガーってことが珍しくなくなってきた。
まあ元はブログで知り合ったりしたら当然なのだけど。

ブログはその人その人で書く内容も書く形式も書く目的も違うのがおもしろい。


そしてそして先日、強引に集めたブロガーマグナ・カルタ。

私が独断と偏見で皆様の意見と融合させてつくりました。
ただ、比較的皆に共通するかなー?というものだけ。
載せなかった突飛な意見もありましたよ〜感心しました◎

『BLOGGERマグナ・カルタ』

●1エントリー、1ビジュアル。

画像は想像をしやすくします。
私は絵をペイントで書いています。
それだけでも楽しめる!
センスも問われるけれど、うまく使えるといいですね!

●コメントにはなるべく返事を!

これは人にもスタンスにもよりますが、コメントのやりとりができるというのはブログの大きな特徴です。最近私の書いた本文より、コメントのほうがよっぽどおもしろくて困っています。

●守るより攻めろ!

せっかくだから自分の意見を書こうと。
これを寄せてくれた人は、『たつんじゃない、たたせるんだ』と書いてありましたが、知らないよ、さきっちょ知らないよ。

●日々はネタで溢れている。

そうなんです、ブログを始めてよかったなとおもうことは『発見』
が増えたことです。当然だと思っていたことも、今一度見つめなおしてみるとネタにもなるし発見にもなる?!

●気持ちのあついうちに書け!

ブログのおもしろいとこは速報性でもあるとおもうだです。
そのとき感じた感情をすぐに言葉にできたらステキすー!

●悲劇はおいしいと思え。

他人の不幸は何とかの味と言いますが・・・人の失敗とかって程よければおもしろいんだよね、これが。ブロガーたるもの、何か失敗をしても『わーい、ネタだ!』と思ってのりこえましょう。

●自虐ができるブロガーであれ。

いや、別にいいんだけどね、できなくても。無碍に人を虐げるよりは、それより先に自分を虐げたほうがいい気がしないでもない。人を虐げてるブログっていい気がしない人のほうが多いのかもー。いじると虐げるは別ー。

●自分が満足すれば、それでよし。

・・・・

結局はそうなのよね。
ブログは多くの人にとっては自己満足の世界だとおもいます。
私もまた然り。

何にしても、自分が楽しめればいいんだよ、基本的に。


楽しくなければブログじゃない!!


・・・・適当なフリに適当なまとめでおわらせておきましょう。


おい。いいの、私楽しかったから。



投稿してくれた人へのメッセージは続きを

内容が重複していらっしゃった方は申し訳ないことに略)の場合が・・・。
ぎえーごめんなさいごめんなさい。


  続きを読む
Posted by sakiccho1228 at 22:50Comments(158)TrackBack(14)

2005年03月20日

今日嬉しかったこと

ホクロは


黒子って書くことを思い出して、


すごく得した気分になった。

あーあと少しでおわるんだ。
    





人生ってもっと単純なものかもしれない。

  
Posted by sakiccho1228 at 22:58Comments(244)TrackBack(3)大人の階段

2005年03月19日

マグナ・カルタをつくりませう

一人暮らしを始めて一応10日ほどがたった。

といってもまだ実家の静岡にいることが多いのだが、一人暮らしって大変だね。



靴下がない。きえー


替えの靴下がもうないだよーーー!!!

家にいたときは前の日にはいた香ばしい靴下はオートマティックで次の日には私のタンスの中にはいっていたのに。

今考えてみると非常に画期的なシステムだったんだ、んだんだ。
うえーん、お母さん今までごめんなさい。
あんたすげーよ。

って今気付いたけどウチ、洗濯機がなかった。
いてー。あはは。

今日は新聞記者の人にお会いした。
取材をするのって大変そうだなー。

そのことについてまず調べて、質問を考えて、聞いている最中もさらに深く聞き出すための質問を投げかけて。

私も取材をしてきたけど、私の場合はディレクターもいたわけで、事前にインターネットなどで最低限の情報は頭にいれていくものの、『この言葉がほしいんだ!』って言葉を引き出す質問をその場でするのってなかなか難しかった。
 
取材中、ちょっと笑ってしまったのが、写真を撮る際に、

『じゃあ自然な笑顔の写真と・・ええと・・いつも載せていらっしゃるような・・あのーコミカルな表情の写真を。』


コミカルって・・・。

そうか、私たちの顔はコミカルなのか。


05-02-10_19-35.jpg
コミカルな図1

O8IDVC00017_I.jpg
コミカルな図2




真面目そうな記者さんだったのだけど、どんな記事になるのだろうか楽しみ。撮ったコミカルな写真は載せられるのだろうか・・・。むむ。

記者といえば、先日週刊文春に、
作家の開高健氏が残した編集者マグナ・カルタが載っていた。


『読め。耳をたてろ。眼を開いたままで眠れ。右足で一歩一歩歩きつつ、左足で跳べ。トラブルを歓迎しろ。遊べ。飲め。抱け。抱かれろ。森羅万象に多情多恨たれ。補遺一つ。女に泣かされろ。上の諸原則を食前食後、欠かさず暗誦なさるべし。』

マグナカルタについて

うーん、以前誰かに聞いたことがあるような気もするけど改めて臭いと感じた。人間臭い。すてき。

やはり物書き、表現者たるもの、幅広い情報収集と心の躍動、迷い、葛藤など・・とくに人間臭くあるべきなのだろうか。


私たちブロガーも腐っても物書き!
臭いけど物書き!靴下臭い!


ブロガーマグナ・カルタをつくってみた。

・・・つくってみた。

・・・・・つくってみただよ。

つくってみたら、いきなり『読め。』の次の『耳をたてろ。』から下ネタになってしまい、もう『抱かれろ』あたりでどうしようもなくなってしまった。ブルータス、お前もか。はいそうです、あいすみません。


皆の力を貸してくれさい。

ブロガーの皆さん、
マグナ・カルタつくりましょうYO。

コメントでもトラバでもOK♪
1個でも2個でもそれ以上でもOK♪
おで、集めるー。

ご協力おねがいします。


それにしても夜中のファミレスって好きだなー。

ブスの瞳に恋してる前の席に鈴木おさむ氏の『ブスの瞳に恋してる』を読みながら一人で爆笑している少し危ない人がいるとおもったら





05-03-19_02-25.jpg
・・・・おひ。






そんなに共感できるのだろうか。
お願いだからそれを読むなら隣の隣の席にいってほしい。


えーと。
 
じゃあブロガーマグナ・カルタその一、


ブスの瞳に恋をせよ。


はい、はりきって適当にいい加減にどうぞー。
  
Posted by sakiccho1228 at 02:25Comments(74)TrackBack(21)雑記

2005年03月17日

最近

あわー。
静岡と東京の行き来が激しい。
でも新幹線で1時間たー近いな、すごいな。

05-03-16_13-59.jpg昨日はプランレスさんに会った。

プランレスさんとは『悪あが記』で、私にトラックバックをくれて、その結果あんなことやこんなことになった発端の人。

あのトラックバックがなかったら私は今頃まだ彼氏ができているはずもなく、先々週のベトナムにもいっておらず、多分にして書籍化の話はなかっただろうし、就職先もかわっていたかもしれないかもかも。

うーん、一つのトラバでここまでかわってしまうのってどうなんだろう。

すごい時代だ。

さらに

はあちゅうに会ってなかったら・・・
悪あが記はなかった。

ブログをはじめてなかったら・・・
はあちゅうに会ってなかった。

あの日ゼミ室にいなかったら・・・
ブログはなかった。

むー。今とは全然違う人生になるんだろうなあ。

人生そんなものなのかもー。

色々含めて現状には満足しているので、プランレスさんには感謝。11月末のトラバから直接お礼を言うのが遅くなったけど、
私が知らない裏話などを聞くのもおもしろかった。


そしてそして今日は、1年間やってきた『ぐるっと静岡食紀行』の最終コメントを撮った。

先週最終ロケにいってきたけど、今日のはほんとに最後の最後。

こんなに成長しないレポーターを使うのも大変だったろうに。

モノを食べたときも、おいしいはおいしいのだけど気の利いたコメントがでてこなくて苦しんだ。

ディレクターはだんだん『食べて素で笑ってくれればおいしいことは伝わるから・・・』と・・うーむ感謝。すまんですたい。

先週の担当ディレクターが、編集中ちょっとウルっときたって言って私も泣きそうだった。そのあと足太いって言われて殴りそうだった。すまんですたい。

05-03-16_16-55~00.jpg中でも一緒にやっているアナのおねえたまは本当に優しくて、はなれるのがさみしい。

05-03-16_23-40.jpgそのおねえたまからプレゼント。

就職おめでとうと渡されたチャネルの袋からはかわいいグロスと手紙が。

あーーーーーーー、あああ・・ぐすん・・・・・


「もっと春らしい色のほうがいいかなあと思ったり、もう社会人だしもっと大人っぽいほうがいいかなあと思ったり・・・選ぶの難しかったよー」

と言っていたのをを聞くと・・・
私のためにいろいろ選んでくれたんだなあと余計嬉しい。


春は出会いと別れの季節。

皆ががんばれって見送ってくれる。


今日も日本全国にあたたかい風が吹いていた。
脇に汗かいてびっしょりだった。あいやー

  
Posted by sakiccho1228 at 03:19Comments(328)TrackBack(24)出会い・友

2005年03月14日

夫婦のカタチ

おじいちゃん、おばあちゃん、結婚50周年おでめたう!

はい、みなさんもご一緒に。

おでめたう!

週末、祖父母の金婚式のお祝いとして、親戚一同で旅行にいってきました。

50年という長い年月を一緒に過ごした二人。


05-03-12_20-15.jpg

私の憧れの夫婦です。






数年前、仕事から帰ってきた祖父がテーブルの上に殻になったお弁当箱をおいた。

私はそれを流しにおいておこうと、開けた。

一枚のメモをちぎったような手紙が。


S子へ

今日もおいしかったです。
ありがとう。
愛してるよ。

S一





 
おじい
じさまーーーーーー




おばあ 
ばさまーーーーーーーー




おじいちゃん、超イカす。ぐっジョブ

なかなかこんなことできる人いますまい。

しかも更に遡ること数年前、祖父が入院したのでお見舞いにいき、

まだ幼いさきっちょ『おじいちゃん大丈夫?!』

おじいちゃん『あーん、大丈夫じゃないよぉーもう半年くらいおばあちゃんとやってないよぉー』

まだ清いさきっちょ『・・・・・』



今ならコンドームのひとつやふたつ黙って手渡すくらいの心の広さは持ち合わせているだですけど、当時はつらかった。

そんなてんやわんやなすったもんだもありながら、
二人は仲むつまじく50年を共に過ごしてきたわけです。

うらやましい。。

ところで。


25周年が銀婚式。
50周年が金婚式。



そのほかにも結婚記念日があるってご存知ですか?


60周年 ダイヤモンド婚式。
長い人生のほとんどを共に過ごしたパートナーはきっと年月を増すごとに輝きを強め、ダイヤモンドよりもかけがえのない存在になるのでしょう。 (※熟年離婚年々増加)

30周年 真珠婚式
子供も社会に出るようになり、再度お互いがゆっくり向き合える時間。『海からの贈り物』とよばれる真珠のように、パートナーとの出会いは神様からの贈り物なのでしょう。

現実をみよ
贈り物なのでしょう。そう思うしかないでしょう。ブヒ




14周年 象牙婚式
夫は一家の大黒柱としてずっしりと構え、その姿はまるで象のよう。仕事、私生活ともに忙しくも充実しているこの時期に、長く、そして太い絆を築いていくのでしょう。(押して押して押しまくれ

8周年 電気製品婚式
コンセントを走る電流のように熱く激しく盛り上がる夫婦愛。

は?

電気製品婚式・・・・



おじいうそぉーーーーーーーーーん!!


※参考サイトはこちら


どうでもいいから私に誰か冷蔵庫ちょうだい。
引越ししたはいいものの、冷蔵庫がなくて何もストックできない。

ひもじい。


ああ、もう書いていてどうでもよくなったよ。

でも結婚という大胆なシステムはまだまだ自分の中では考えられない領域。(え、そりゃ想像くらいするけどさ、ニヤニヤするけどさ。)

世の中の結婚している方々はそれだけで尊敬に値する。

協調性も責任感もない私が、いくら夫といえども他人と共に生活をし、ましてやどこの馬の骨だかわからない子供を一緒に育てることなんて、いや、わかれよ!!

否。



結婚に共同作業はつきものだが、チームプレイだなんて、もはや、はあちゅうとしかできない。

でもそんなこと言ってちゃだめだよね。

きっと、この人となら・・・

って人が出現したときが、決めるときなんだよね。


共同作業・・・。


共同作業・・・・しとく?してみる?


挑戦してみる?第二の祖父母夫妻を目指して?





05-03-14_19-03.jpg
『ねーあなたー初めての共同作業しましょうよー。』
(恥じらいながら)




05-03-14_19-04~00.jpg『おーそうだな。俺らももう3ヶ月だし。』
(照れながら)



05-03-14_19-05.jpg
『んー・・・』




05-03-14_19-07.jpg
『ん?』

 


05-03-14_19-12.jpg!!

 





・・・・・もうだめだよ、私たち。


私この日記初めて1年4ヶ月、こんなにネタっぽいのは初めてだよ!!
だいたい『ネタにはするけどネタは作らない』がモットーの『さきっちょの就職日記』なのに、二人で相談してネタ作っちゃってるよ!!もうすぐお互い社会人で学生最後の貴重な春休みだよ!!そんな中、会ってるときに『ブログの写真とりたいんだけど、協力して。』なんて言う彼女どうよ?ちょっと待ってよ、マジでタバコ奥にいれすぎだよ、痛いよ、痛い。あんた加減てものを知らないの?は?タバコ鼻にいれるときって普通フィルターのほうを鼻にいれない?葉っぱが鼻にはいってくるよ!!は?普通は鼻にタバコはいれない?ああ、そうだよ、でもあんたの彼女はそれを鼻にいれるんだよ!そんなの百も承知で付き合ったんでしょう?!


もう


もう


もうもうもうもうもう





05-03-14_19-14.jpg

ごめん、ほんとに。
捨てないで。

そんなやさしい顔して見ないで。






あ、タバコもったいないから吸いなね。  
Posted by sakiccho1228 at 19:24Comments(270)TrackBack(19)恋愛

2005年03月12日

二の腕と悪あが記と本

本文とは何ら関係ありません今、堀江さんの記者会見を見ています。
ついこの間、ミリオネア(フジテレビ)で堀江さんが1000万ゲットしたけど、そのときの顔より嬉しそうだったね。

先日学生企業家の友人が堀江さんにメールを出したところ、しっかり返ってきて『スゲーよ!スゲーよ!』というブログを読んだこともあって、こんなにメディアに露出してるのに社長としての仕事もこなしているし、

堀江さんてばどんなタイムスケジュールで動いているんだろう・・・

と不思議になる。

それと同時に、

堀江さんのジャケットの二の腕の塩梅が気になって気になって仕方がない。

私と堀江さんとどっちが二の腕太いのかなー。

とか考えていた矢先・・・

はあちゅうが堀江さんに会ってる!!
記念撮影してる!!狭い世の中だわさ。


さて。
さてさてさて。


はあちゅうのブログを見て思い出したことが。

最近、

自分が春休みをいかに満喫するかで精一杯、
下ネタをいかにマイルドに扱うのに性一杯、
新たな場所に引越しなどして夢一杯、

で大切なことを言うのをこってり忘れていた。




無職さんが書いてくれた『さきっちょ&はあちゅうの悪あが記』が書籍化されます。






・・・・正直、実感が沸かないだよ。(小声で)


まさか1年前、いや数ヶ月前は自分のブログが本になるなんて思ってもみないことだった。

書籍化については、迷いに迷って、はあちゅう、親、就職先ともじっくり相談してその結果私たちが決めたこと。

『悪あが記』は私にいろんなことを教えてくれて、
いろんなものを与えてくれた。ほんと人生かえられたと思う。

大切。

タカラモノ。

だからこそ、それを形に残すということが果たしてプラスなのかマイナスなのかとか考えたけど、決断した今となっては純粋に楽しみにしている。

おそらく、書籍化の話を聞いて、長い間この『さきっちょの就職日記』を読んでいる方や友人は相当心配をしてくださっているのではないかと思う。メールをくれる人も少なくない。

書籍化の話だけではなく、これから社会人になり、環境もかわって、今後の自分のあり方を真剣に考えなければ社会のはみだしモノになってしまいそうな感じがプンプンしている。はみだす覚悟をした上で、はみ出すルールを1から学ぶというのもありかもだな。


でも、日記を始めた一昨年の冬から、

あいもかわらず臆病で優柔不断で

弱虫、いも虫、意気地なし。

こえーこえー葉っぱたべるのこえーはい、もうどうしようもない。
昨日履いた靴下を、実は今日もはいている。

どうしようもない。
だって靴下全部、新しい家にもってちゃったんだもん@今は実家@しめってる



普通に不安を抱えて、普通に弱音を吐いたり、普通に葛藤して、多分年上の方は通ってきた道・年下の方はこれから通る道を通過している真っ盛りの22歳。

そんな身心ともにAカップの私が、自分の知らないところや把握できないところで、自分に関係のあることが動いていくだろうことに対して、戸惑いはある。

でも、自分に大切なことは何なのかを常に念頭において行動していきたいとおもっている。

この1年間、日々の雑踏の中で何が大切で何が守るべきものなのかを考える余裕がなかなかなかった。でも、最近は『ああ、これは守るべきものだ』というものが一つずつではあるけれど、だんだん見えてきた。

本当に足りないところばかりだけど、カニ味噌並の頭で必死に考えながら日々送っているつもり。

それでも間違えたとき、目に余る行動をとったときなどは周囲の皆さんのご指摘をいただきたいです。


謙虚に、素直に、自信をもって生きていけたら。

自分の道を迷いながらも切り拓いていけたら。

大切な人にそれをしっかり伝えられたら。


報告が遅くなってすいませんでした!!
今後とも面倒みてやってください、よろぺこり。



追記


05-03-11_21-30.jpgさてさて。

カニ味噌並の私に最近アマゾンから容赦なく難しそうな本が届く。いや、もちろん自分で頼んでるんだけど。

俺、頭でっかちになっちゃうよー。
顔はデカイとよく言われるけど。


自分が関心を持った人が薦めてくれた本は、
やっぱり読みたくなる。

・・・ってそんな本が40冊も溜まっているので、気が遠くなる。

・・・貯金がどんどんアマゾンにもっていかれて気が遠くなる。

中には難しそう・・・と思うものもたくさんあるけど、私にってすすめてもらった本だから、身を粉にして読むだ。

自分が影響を受けた本を、人にすすめられて、その感動とか関心とかを共有できたらステキだね。

『悪あが記』も誰かのお気に入りの本になるといいなー。

間違ってもブックオフとかアマゾンのマーケットプライスの
お気に入りにはなりたくないなー(涙)。

ぎえ。

  
Posted by sakiccho1228 at 00:08Comments(156)TrackBack(36)私って・・

2005年03月11日

上ネタ

05-02-19_14-04~00.jpgうも、ひげガールです。
今日髪を切りました。


05-03-11_00-46.jpg 
この襟足がお気に入りです。
ホラ、ココ、くるんッてなってるとこ。
ね、かわいい。





3日ぶろぐを更新していないと、そろそろしようという気になる。私がblogを更新するにあたって、必要なもの…。

それは『ネタ』である。

ネタってなにしもズッコケネタ落としネタばかりではなく、普通に話のネタがないときは無理に更新できない。


私はあと2つ日記をやっていて、1つはボヤキ日記。

これは本当にひどい。ネタなんて必要ない。

あーばーあーばーとかぼやいている。
すなわちネタが何もなくても頭に浮かんだことを文字にして快感を得ているなかなか心丸写しの日記。
丸写しであーばーあーばーなんてどんな浅い心なのだろう。


もう一つはある人に近くない将来に贈ろうと思っている日記。

これも本当にひどい。ネタなんて必要ない。

肖像権、著作権をすこぶる侵害しまくり。
本人が見たら言葉を失うに違いない日記。
だいたい私が見直しても言葉を失うほど。


そしてこの『さきっちょの就職日記』blogだけは、出来事を日記としてただつらつらと綴るとき以外は、比較的話の流れには気をつかっていることが多い。ええ、これでも。そうです、これでも。


書いていて気持ちのいいパターンがある。
前回の『感謝の印』を例にとると・・・


1、日々の生活の中で書きたいこと、テーマを思いつく。
『花を贈る』

2、切り口を考える。
『3月だね、3月って環境がかわるね』

3、自分のエピソードなどを書く
ここで自分ならではの文を書かないとオリジナリティに欠けてしまう。『担任の先生〜乳首など』

4、3と順不同で一般論や皆がわかることを書く
皆にわかることを書くことによって、よりその文章にはいりこんできてくれるはず。『花言葉』

5、結論を書く。
そのとき疑問、オチ、投げ掛けなどで終えると気持ちよくおわれる。


こんな感じで書いている。

いつからこういうことを意識していたのかわからないが、今はこの流れで書くのが自分自身一番すっきりする。

あとはいかに自然な流れになる、または突拍子もない流れになる切り口を見つけるかだ。

これは、アンテナを張ることが必要だ。

この切り口で書き手の知識・教養・情報収集能力が試される気がする。


毎朝ネットで天声人語を読んでいる。
天声人語も順序は違っても、このような構成になっていることが多々ある。

一般論や偉人の言葉(切り口)
       ↓
 最近の出来事、ニュース
       ↓
    書き手の意見
       ↓
    結論、まとめ



天声人語の切り口はすごい。広い。ジャンルなんでもあり。
こういうのを引き出しっていうのだろう。


ねぇ、皆さん。


私、さきっちょブロガー暦1年4ヶ月。


つつつつつ、ついに上ネタを仕入れてしまいました。


数日間、これを切り口に何を書こうか考えていましたが、こんな新鮮なネタを仕入れてしまって、戸惑いを隠しきれません。


そして、ブロガーと言う前に一応女、そして人間という原点に戻ると果たしてこれを公の前に出していいのかどうかの判断もできませんでした。


そして苦悩の末、あまりにいいネタなので下手に調理するよりも、もうそのままの味をお楽しみいただいたほうがいいのではないかとおもったのです。



そんな苦悩を乗り越えて@
大人の階段上る君はまだシンデレラ



いい?



出していい?



嫌いにならない?









05-03-08_20-55~00.jpg

出す気満々!!








ほれ、もういっちょ。






05-03-08_20-55.jpg

極太大放出!!











それ、いってまえーー!!
ぶっこめーーーーーーーーーーー!!



たああああヾ(`Д´ )ノ



たあああああヾ(`Д´ )ノ









05-03-08_20-54~00.jpg


 (/∀\) イヤン




※将来のことを考えて遠慮がちにぶっこんでみました。







・・・・・




・・・・・・・・・゚・(つД`)・゚・おれもうあとにはひけねえよ。





んあー実家に帰らせていただきます。はい。

天声チン・・go@あsk:;ds:あいh

実家にも帰らせてもらえません。はい。




追記

それにしても運転席にいた人もブロガーであったたがために、信号待ちでラーメン屋を求めて辺りを見回していたら、某パチンコ屋の看板の『パ』が消えてることに二人で気付いてしまい、車をわざわざパーキングにとめて二人で写真を撮りに行ってゲラゲラ笑ってるなんて悲劇だとしか言いようがない。


『ちょっとノレンもっててー』
『この角度でいいー?』
『もう少し前に出してもらえる?』
『これくらいー?』
『お、いいね、2回とりまーす』

パシャっ パシャっ

『よし、撮ったの送って。』
『おーおーすぐ送るよ。』


・・・・_| ̄|○ 
出会ってしまってごめんなさい。私たちのアンテナはどこを向いているのだろう。

  
Posted by sakiccho1228 at 01:34Comments(238)TrackBack(15)大人の階段

2005年03月07日

感謝の印

しーらない
気がつけばもう3月かー。

いや、ほんとは気付いてたけど気付かないふりしてた。



3月というのは4月に向けて、期待と不安が入り混じる。
とくにこの3月は今までとは比較にならないくらい環境がガラっとかわる。ちびりそう。

きっと今全国にそんな人がわんさかいるんだろうなー。
皆がんばれ、私もがんばる。ちびるなー。


高校の恩師が、今年で引退する。

英語の先生で、旅行が大好きなまさに『小さな国際人』
うっぷす。めちゃ失礼。だって小さいの。かわいいの。

今週末、おつかれさまです集会があるのだけれど、用事が重なっていけず残念で夜も眠れない。いや、ただネットやってるだけな気も。

いやーすごいなあ。
何十年教壇にたったんだろう。
確かもう65歳くらいだよ。

私のような困らせてばっかりの生徒もたくさんいただろうに。

だいたい『先生!英語で乳首って何て言うんですか?』
なんて聞かれたら嫌だよな。

nippleだよな。
はい、受験生のあなたチェックするアルね。

それでも見捨てず励まし続けてくれたヒロシにはずっとずっと感謝しきれない。ヒロシ先生尊敬してます。


集会にはいけないから手紙を送ろう。
普段は照れくさくて『アリガトウ』の一言がいえない相手にも
この時期は素直にいいやすい。
素直ついでに柄でもなく花でも贈ろうかと
このサイトを見ていた。

感謝してますです
【温かい心・満足】っていう意味の
ピンクのバラを贈ろうかな。
65歳のヒロシにピンクのバラ・・・。



あひゃひゃひゃひゃ。
ゲバゲバゲバゲバ。



ついでに自分の花言葉を調べた。

ザクロ!!



・・・成熟した美しさ。




・・・滅べばいい。

ザクロって言ったら、あれですよ。
女性ホルモンの宝庫。
そして子孫繁栄のシンボル。


嫌味だ。
罠だとしか思えない。

22歳にもなってアレが1年間に数回しかこないのに。
そんなこと誰も聞いてないのに。

話が感謝から私の子孫繁栄事情まで
大きくそれてしまった。

私は29歳で女の子を産んで32歳で男の子を産みたい。
いや、だから聞いてないって。


話を戻して。
いやはや、お花貰うのって嬉しいよね。
お花自体ももちろん嬉しいのだけれど、

『花』ってやつを自分に贈ろうとおもってくれる
その気持ちが何より嬉しい。


それだけでご飯3杯食べられる。

そしてとなりとなる。


皆様方も迫ってきたホワイトデーや卒業式などなど
感謝の印にいかがですか。



ご飯3杯いかがですか。


・・・あー腹減った。

  
Posted by sakiccho1228 at 03:07Comments(273)TrackBack(23)雑記

2005年03月06日

ただいまなさい

かえってきちゃったあ゛ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん゛






あっというまにかえってきちゃった、日本に。
帰りの飛行機なんて2回ほど目をつぶったりあけたりしたら
もう成田だった。なんだそれ。すごいな近代科学ってやつは。


ベトナム@ホーチミン



サイゴンでまた会おう見るものすべてに心が動いて、
食べるものすべてがおいしくて、


過ごした時間すべてよかった。



歩けなくなるくらい笑ったり、
動けなくなるくらい食べたり、
話せなくなるくらい苦しい気持ちになったり。>戦争博物館

ああ、無理にねじこんででも行ってよかた。

日本に帰ってきたら、無事卒業できたと。
えーん、よかった。


05-03-05_15-21.jpg行く前にデジカメを買っていったため、
400枚も写真をとってきてしまった。

二人あわせて800枚。
現地では『ペー』『パー子』@林家と呼び合う。



当然、旅行記を書きたいのだけれど、
それをどこで書こうかというのがこれまた問題。
ここで書くのはなんか違う気がする。
あれだけ書いて?笑。ベトナムでは壊れていただ。

かといってあと二つの細々とやっている個人日記で書いて、見せたい人に見せられないのも残念な気がする。
でも誰も見たくないかもしれない気もする。

ああ、ベトナムも細長かったけど、日本も小さい。
あまりにも楽しすぎた日々で若干センチメンタル。
でもやらなきゃいけないことがいろいろと。


さあ、現実を見るんだ、私。



肉以外の何でもないな、こりゃ。すべての写真の
二の腕を

あーん、こりゃひどい。
こりゃない。目をそらしたい。




ベトナム人女性は皆ほっそりしていたから目立ったよ、
このたぷついた肉は。ちっ。


05-03-05_14-46.jpg
いやいや、わが国NIPPONの
和幸のトンカツ
もうまいじゃないか。
うん、んまいー。

かずゆきーキャベツおかわりー。





あーん、旅行もおかわりしたい・・・。
  
Posted by sakiccho1228 at 15:27Comments(48)TrackBack(8)

2005年03月04日

ちょめちょめの件について

違うよ。
ネットカフェにきたんじゃないよ。
ネットカフェきたんだよ。

明日卒業できるかどうかわかるんだって。
友達が見てきてくれるんだって。

・・・・

・・・・・・・・

あんまり自信ない。
でも日々の雑踏の中ですっかり忘れて卒業旅行きちゃった。

よろしくおねがいします。


さて。
こんな書き込みがありました。
誰だ・・・

とおもったら、君か。


***

さきっちょは、

ちょめちょめ 

してるの?

***
Posted by はあちゅう@ここが肝心 at 2005年03月02日 02:35



なぬおーーーーーーーーーー!!
私だって22歳です。
馬鹿にしないでよ!!







ちゅーした。
A、ちゅう、しました。ちゅう。






それが言いたかっただけの更新(笑)

わーおめでとう!おめでとう!!

ちうー!!パチパチパチ!!!


・・・一生青春。いや、ほら、付き合ってまだ2ヶ月ちょっとだし。
・・・一生春巻き。1日17本くらい食ってる。



隣で『ばかじゃないの?!』って言ってる人が。

あーこれで卒業できてなかったら本当にばかだ。

あーー帰りたくない。

あーもしかしたら今日もちうするかもしれない。あら、やだ。

あーー息くさいかもしれない。はー。はーー。



ほんっとこわれてる。ごめんなさい。
お父さんお母さんごめんなさい。お兄さんごめんなさい。
共通さんおかえりなさい。どさくさに紛れてINベトナム。
日本にかえったらまっとうに生きます。
  
Posted by sakiccho1228 at 02:28Comments(72)TrackBack(18)

2005年03月02日

ベトナムの中心で・・・

7ベトナム3日目の夜。
早すぎる。

9
ネットカフェ2回目の夜。
行きすぎてる。



・・・だって道を歩けばネットカフェ。←言い訳。はい、病気ですよ、病気。


1それにしても今日は朝から忙しかった。
今日はベトナム戦争博物館にいく予定で、予定通り「午前中の昼寝」おいを終えたあと、タクシーに乗って博物館についた。
でも昼休憩だったので、近くの公園へ。

「おにいちゃん!!みてみて!
○ッティングしてるよ!!」
想像におまかせします。いわゆる恋のabcで言うbです。

日本語が通じないだろうと、卑猥な言葉を堂々と叫ぶ22歳女子。

「おおおおお!!○ッティング祭りだー!!」

○ッティングが日本語じゃないことに気づかない24歳男子。

まるで学校の裏側の森で、エロ本を見つけた小学生男子の集団のように、ベトナム人カップル数組がいちゃいちゃしているのを一生懸命見ていました。

4そのうち見ているだけでは飽き足らず、激写。

いつのまにか広い公園内を
“世界の○ッティング写真集@ベトナムから愛をこめて  ver1”の製作のために二人で右往左往することに。


5ベトナムで主流なのはバイクペッ○ィング
あ、隠すトコ間違えた。
このようにバイクにまたがっていちゃいちゃするのだ。
最初は髪を撫でていたのだが、20分〜30分たってまた見てみると・・・見すぎあれれれれれ


「おにいちゃん!!バイクが揺れてるよ!!!」

「あいやー。」


6同じバイクペッティ○グ部門でもこちらのカップルはバイクにかくれてチョメチョメ中。
このスケベが。
瞼にやきつけて帰ってやるー!!


3そしてイチオシのコチラ、ベンチペッ○ィング。
何がイチオシかって、この二人、実は学生なんだけれども、女性が白いアオザイを着ている。
アオザイは昨日もちらっと出てきたが、本当にラインがピタッとまるわかりでなのである。

男子学生がアオザイの裾をチラチラとめくる。うーんサービスありがとう。

「おにいちゃん!!アオザイが呼んでるよ!」

「・・・・・」


おにいちゃんの目が泳いでいる。紛れもなく泳いでいる。

・・・ちっ。太平洋でも横断して帰ればいいのに。


2ああ、それにしてもいい写真がいっぱいとれたな。
これだけでご飯3杯はいける。

ごちそうさまです、うぷ。


夜は街の中心でのんびりと。
またもや女の子がきて、仲良しに。

この少女はなかなかのツワモノで、カメラを向けると変顔をする・・という・・・あれ?誰かに似てる?

8約2時間ほどじゃれたあと、おわかれを言ってもなかなか帰ろうとせずうーん、せつない。何度もキスをしてくれた。

写真を何枚かとったのでメールで送ることに。



昼間行ったベトナム戦争博物館では、息ができなくなるような重さを感じ、ベトナムという国の運命について考えた。

しかし終戦から約1世代。

街に流れているのは弾丸ではなく、
輸入もののオートバイ。


点在するカフェテリアには
観光やビジネス目的の西洋人がたくさんいる。

10そして日本からきた私の腕の中には、
かわいらしいベトナム人の女の子がいる。

時代は罪で、時代は流れで。



公衆の面前でのペッティ○グは罪で、○ッティングは流れで。


流れで発展しちゃったりしなかったり。


いやん。
暑さで頭がおかしくなった。


さあ、明日は何を見に行こう。


  
Posted by sakiccho1228 at 00:57Comments(464)TrackBack(29)

2005年02月28日

ふぉー

はい、呼んだ?

あ、呼んでない?あ、そう、皆ゆきっちょを呼んでいるのね。
けっ。グレてやる。

※ゆきちょん明日は卒業式でしょう?
卒業おめでとう。記念にエントリーしてよん。

もうね・・・ベトナム最高!!

アオザイを着た女の人のパンティーラインを目で追うのが忙しい。

隣のお兄さん

『ラインをあげろーあげろー!』

とトルシエ監督ばりの熱気。
日本じゃないからと気が大きくなっています@本当は小心者二人。

夜、フォーを食べていたら4歳か5歳の女の子が
花を売りにきた。

「1万ドン(約80円)」と何度も繰り返す。

80円という価格は、私にとっては痛い価格ではない。
その花を買うことは容易。

私たちも悪魔ではないので、
ご飯を食べている最中に小さなかわいい女の子が目をぱちくりさせて
花を売りにこられて、無碍にはできない。

心が痛い。

花を買ってあげたい。

でも迷惑そうに見ているお店の人の視線と、
花を買うのは簡単だけど、それを繰り返していても、この子たちの生活はかわらないと思うと、買うべきではないような・・・。

『いらないよ』

日本語でそういうと、彼女はその意味がわかってるのかわかってないのか

『いらないよ、あははは』と笑う。

そしてまた『1万ドン』といってくる。

私はとりあえず変な顔をしてみた。

『ぎゃっはははっはははは』

彼女は腹を抱えて笑い、何やら友達も連れてきた。

やっぱり5歳くらいのその友達が白目をしている。

おっと、対決か。いい度胸だ。


私はさらりと白目を仕返し、さらに変な顔をする。

・・・遠くから店員たちが笑ってる。

・・・同行者がその様子を写真で撮っている。

私、ベトナムにまで来て何やってんだろう。

と思いながらも、言葉は通じず、生活も異なるのだけれど、
自分がしたことを無邪気に笑ってくれたことはすごくうれしかった。


アジアへの旅行は初めて。
明日は戦争の博物館へいってくる。
おいしい食べ物を食べて、かわいい雑貨を見て、楽しいのだけれど、
考えさせられることも多い。

短い期間だけど、いろんなものを見て感じてこようと思う。



※気になることがあってネットカフェにはいったのだけれど、
なんだかよくわからんので、また来ます(笑)
ホーチミンの街はネットカフェいぱーい。


業務連絡■
はあちゅう、おつかれ!アオザイ買ってこうか?何色がいい?
お母さん、初潮がきた。赤飯炊いて。
交流会の皆様、トラバ、投稿、ありがとう!帰ってきたら見ます!
  
Posted by sakiccho1228 at 23:17Comments(47)TrackBack(6)