20170716長野

























昨日は知人ご夫妻と長野へ行きました。
オーダーは、旦那様の歌われるバラードのピアノでした。

乗り心地の良い車で道中も痛みが増すこともなく、
栄養満点の食事とカフェ、そしてショッピング、私の療養中の空気を入れ替えてくださるお心遣いに感謝しました。

ステージでの歌は、その人らしい味のある歌・・。
計算のない等身大のソウルを感じる歌。

オーディエンスの女性の方々が、震えました・・・と絶賛してくださいました。
素敵な生き様の歌手さん、ご一緒させてくださりありがとうございました。


道中は濃い話題で盛り上がり、ある意味珍道中でしたが(笑)、お二人に感謝した一日でした。


今年は、ご依頼いただいたお仕事をほとんどお断りさせていただいていて、申し訳ありません。
体調や移動の問題で、大きなステージでの演奏などは今控えさせていただいてます。
私の都合で本当に申し訳ありません。

8月に、「思い出列車」

童謡・唱歌思い出列車の会コンサート



















のステージを終えたら、
暫くはまた自分の力で移動できる場所での活動と、治療に時間を費やしていく予定です。

関係者様には大変ご迷惑をおかけしてしまいます。
申し訳ありません。

今後は治療後どのような状態に戻れるのか戻れないのかわかりませんが、
音楽は体と心の中に流れているので、どんな形になっても精進していくつもりでいます。

今まで出会った皆さんと、
振動をくださったみなさん、
通り過ぎただけの皆さん、
全てに日々感謝です。

そして今後の新しい自分に乾杯。