良い住まいの条件。
木と漆喰で出来た木造住宅。
鉄骨造の住宅。
鉄筋コンクートの住宅などなどなど・・・

多種多様な住宅があります。
それぞれメリットデメリットがあり、色々な制約があったりして
仕様を決めて行くものだと思います。

さて、本当に良い住宅とは?住宅の持つ機能性の本質とは?
一概に答えはないものだと思います。

私の考える、私の理想とする住宅があります。
しかし、現在の建築基準法では私の考える理想的な住宅は、
建てられないのであります。
それをお客様に勧めることは、人として如何なものかと考えてしまいます。

「住めない」という事態が想定されるものを、勧めることは出来ない。
これが現在。私の抱えている大きな悩みであり、大きな課題でもあります。
なもので、どうやったら私の考える理想の家を作れるか?
思案しております。

このような流れから、漆喰が良いか?珪藻土が良いか?
そのような問題がありますが、本質的な問題はそこではなく、
この住まいには、漆喰が良いのか?珪藻土が良いのか?
環境が問題な訳です。製品は選択肢の一つでしかない訳です。

住まいのもつ本質的な目的は、「家族が幸せに暮らす」のでありますから、
その軸をしっかりと持って、そのライフスタイルから
仕様がきまり、素材が決まる訳です。


「そんなこと言っても、どっちも同じような素材だからわからないよ」
そんな声も聞こえてきますので、無料メール相談もしくは、
このブログのコメントで質問ください。

職人は何件もの住宅に関わらせて頂いておりますので、
いくつものケースを体験しております。
珪藻土・漆喰。どっちも良い商品です。ですが、
適材適所に使用しないとまったく逆効果になりますので、
ぜひご利用ください。

漆喰・珪藻土についての無料メール相談受付中!
左菊の無料メール相談


ツイッター始めました 左菊のつぶやき

〓〓〓壁創り100年の匠 漆喰・珪藻土とリフォーム〓〓
〓〓神奈川県三浦市の左官 有限会社左菊はこちら〓〓

〓〓〓三浦半島のリフォームとスローライフ〓〓 
〓〓すまいるネット三浦半島はこちら〓〓