4
今まで、仕事をしていて何度も壁にぶち当たってきました。
その時は、どっぷりと悩むだけ悩んで、なんとか乗り越えてきた。
そのときには、過去の自分の目線とは違って、ひとつ上から物事が見えるように
なってました。そんなときは、「ひとつ上のフォルダを開く。」
悩んだら、ひとつ上のフォルダが見えるから。。。
そんな風に自分にゲキを飛ばしてたりもしました。
最近は、出現する壁も年々高くなり、自分ではどうにもならないこともしばしば。
そんなときには、そんな状況を打開してくれる出会いも、用意されているものです。
そんな出会いは、急激にひとつ上のフォルダ。いや、二つも三つも上の
フォルダを開いてくれたりもします。
やっぱり、一人の力ってのは、たいしたことないな。
そうやって、人生のなかで、一つづつフォルダを開いていくと、
ソースの部分がだんだんと見えてくるのだろうと思います。
それが、“本質”
今の自分は、なぜにこの世に生を受けたのか。
自分にはどんな使命があるのか。そんなことを探す時期なのかと思います。
もうすぐ産まれる次の命の為にも、ただひたすら、本質に向かって、
一つ上のフォルダを開いていこう。飛行機










〓〓〓壁創り100年の匠 漆喰・珪藻土とリフォーム〓〓
〓〓神奈川県三浦市の左官 有限会社左菊はこちら〓〓

〓〓〓三浦半島のリフォームとスローライフ〓〓 
〓〓すまいるネット三浦半島はこちら〓〓