問い合わせで多いのが、

「漆喰と珪藻土の違い?」

です。
なかなか難しく、答えを出せない問題でもあります。
ですが、漆喰または珪藻土のどちらにしようか迷っている方は、
問題を今一度確認していただいた方が良いと思います。
幾つかその事例を列挙してみます。

問題その一 「じめじめの湿気を何とかしたい」
これは、珪藻土材の方が良いかも知れません。
理由は、販売メーカー様が、様々実験データを持っているので、
問題解決に近づけるある程度の“数値”を把握できるからです。

問題その二 「カビが気になる・・・」
これは、漆喰の方がいいと思います。漆喰の原料の石灰は、
強アルカリですので、カビがはえにくいです。
ですが、カビの発生の原因究明も大切です。

問題その三 「科学物質は一切使わない家を建てたい」
これは、結構難しいです。おそらく、建材メーカー様の作っている材料では、無理があると思います。
理由は、内装の下地のボードに、自然素材のみで塗れるものがほとんど無いからです。自然素材にこだわるのでしたら、昔の、竹木舞・土壁が一番確実だと思います。


以前、弊社で施工させていただきました、川崎市のマンションリフォームのお客様は、科学物質は苦手だと言う事で、弊社で扱う材料のデーターを全て開示しました。
そして、ヒアリングをしながら、下塗りには樹脂系の石灰プラスター。
中塗りには、砂漆喰。上塗りには、石灰モルタルを使用。

素材を吟味しながら、なおかつ仕上がりのテクスチャーもオリジナルで施工させて頂きました。

私としましては、何が入っているか分からないものより、自分で作った材料で、お客様と打ち合わせをしながらオリジナルのテクスチャーを作る。
そんな仕事が、壁作りだと思います。

漆喰・珪藻土でお悩みの方、左菊のHPよりお問合せ頂ければ、お答えいたしますので、お気軽に。

マンションリフォーム


〓〓〓壁創り100年の匠 漆喰・珪藻土とリフォーム〓〓
〓〓神奈川県三浦市の左官 有限会社左菊はこちら〓〓

〓〓〓三浦半島のリフォームとスローライフ〓〓 
〓〓すまいるネット三浦半島はこちら〓〓