Platinum 2008 Interim Review(JM社)

11月18日、JM(ジョンソン・マッセイ)社が白系金属の年次報告の中間発表を行った。詳細は下記の通り。

「プラチナ」
供給合計 195.3t(前年比-4.2%)
需要合計 202.8t(前年比-2.3%)
在庫変動 -7.5t
今後6ヶ月間価格予想:700〜1400$

「パラジウム」
供給合計 233.6t(前年比-12.5%)
需要合計 223.6t(前年比+ 3.7%)
在庫変動 +10.0t
今後6ヶ月間価格予想:125〜300$

日経平均株価、一時史上最大の上昇率!(13.7%)

14日午前、東京株式市場は先週末の先進7ヶ国財務相・中央銀行総裁会議が発表した金融危機対策を好感、世界的な景気悪化懸念が後退したことから8日振りに反発。日経平均株価の上げ幅は一時1100円を超え9400円台を回復した。

ガソリン給油は9月1日以降がお得!

27日、石油元売り大手の新日本石油は、ガソリンなど石油製品の9月出荷分の卸値を1リットル当辺り5.1円下げることを発表。他の石油元売り大手も足並みを揃えた引き下げになると予想される。

海外市況(現地3日)

〜NY貴金属=軒並み下落〜
主な要因
・ドル高ユーロ安
・3連休を控えたポジション調整
NY金 08/8 933.6 -12.9
NY銀 08/9 1837.0 -5.5
NY白金 08/07 2027.9 -46.6
NYパラジウム 08/9 462.95 -7.05

〜NY原油=大幅続伸〜
主な要因
・ファンドによるテクニカル買い
・ドル高ユーロ安
NY原油 08/8 145.28 +1.71
※一時史上最高値更新 145.85ドル

〜シカゴ穀物=大豆続伸、コーン反落
主な要因 
・テクニカル買い/輸出成約の高水準(大豆)
・産地の高温予報の後退/高値警戒感(コーン)
シカゴ大豆 08/7 1658.00 +12.75
シカゴコ-ン 08/7 746.00 -2.75

〜海運運賃=続落〜
バルチック海運指数(BDI) 8925 -214

海外市況(現地16日)

〜NY貴金属=パラジウム反発、その他は大幅続伸〜
主な要因
・ドル安ユーロ高
・原油高※史上最高値更新
NY金 08/6 948.3 +16.3
NY銀 08/5 1832.5 +47.5
NY白金 08/07 2037.3 +50.9
NYパラジウム 08/6 460.00 +6.25

〜NY原油=続伸〜
主な要因
・ドル安ユーロ高
・ガソリン在庫減
NY原油 08/5 114.80 +1.01

〜シカゴ穀物=コーン小反落、大豆急落〜
主な要因 
・作付けシフト観測(大豆)
・高値警戒感(コーン)
シカゴ大豆 08/5 1344.75 -35.25
シカゴコ-ン 08/5 603.50 -2.50

ドル/円相場、101円の攻防

G7の共同声明や国内大手証券会社の相次ぐトレーディング損失の拡大を発表受け、一方的なドル安円高には歯止めがかかっているようだ。

ドル/円相場、98円台に突入!

FRBは公定歩合を0.25%引き下げ3.25%にすることを発表。円は対ドルで一時98.50まで急騰。

上昇トレンドを維持出来るか・・・

昨晩のNY市場はドル安から堅調に入電されたものの、国内市場は日中に進んだ大幅な円高により、50円超の下げに見舞われた。エネルギー、穀物がストップ安含みの大幅安をしたことも影響したようだ。
国内外の金市場は、短期上昇トレンドが転換する危険性があるので注意が必要だろう。狼狽売りにならぬようにトレンドが転換したら素直に方針を変えるべきだろう。

プラチナ系貴金属は底入れか!?

結論から言えば、もう少し玉の整理が必要であろう。買いのチャンスは逃していないと思うのだが・・・週末に向けて駄目押しの下げを期待する。月曜日に指摘した値段は玉の調整が進んでいれば、一度狙ってみたいと考えている。

ドル/円相場、101円台では・・・

ドル/円相場は日経平均が下げ渋りを見せたこともあり、ショートカバーが入り101円突破には抵抗を見せている。
また、過去の高値である101.35円(99/11)、101.83円(04/12)もかなり意識した展開のようだ。
市場はドル安止むを得ずの様相であるが、市場というのはあまりにも人気が傾き過ぎると巻き返しがあるので注意が必要だろう。

Links




ランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ





Link Free
当ブログへのリンクは原則自由ですが、リンクを張った際はサイトのURLをメールでお知らせください。

リンクの際は下記のリンク用バナーをご自由にお使いください。


プロフィール


投資相談室

有 江 幸 一

1965年4月生 業界歴 23年
お問い合せ
cranes_10@docomo.ne.jp

03-5542-8922(直通)

免責事項
当ブログは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものです。最終決定はご自身の判断で行ってください。当ブログ掲載の情報は正確であるように努力しておりますが、その内容については一切の保証を致しかねます。尚、当ブログが提供した情報及びリンク先サイトで損失を負われましても、当ブログ運営管理者は一切の責任を負いませんので、ご了承ください。

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ