2012年09月

扇町/デリカペッツェ (DELICAPEZZE)

2012年09月29日

職場で配布される ラーラぱど に掲載されていた
http://ebook.padonavi.net/eb/osaka_lala/20120904/001/magazine.html#page=35

国産の野生酵母を使用した天神橋筋沿いのパン屋さん
デリカペッツェ (DELICAPEZZE)

『 ラーラぱど を見た 』 の一言で、全商品10% 引きになるとゆーことで、

職場のある南久宝寺(本町)から競歩して、カレー&パンツアーを急遽企画した最終目的地
こちらに到着したのは、【王様のスプーン】で カレーを食した後の19時すぎ

定時は逃したものの頑張って17:40すぎには会社を後にし、歩いて1時間ほどかかるはずの場所へ
1時間半たらずで(カレーを食べていた時間も含め)2件目に到着する早さに、
同行者は時折 駆け足しながら、汗だくヘロヘロぎみで、かなり笑えるツアーとなりつつ、
地元だからと途中参加するメンバーもいたので、せっかくだからイートインしよう 
と試みるもイートインの時間が間もなく終了ということで断念

とりあえず2点購入
デリカペッツェ 国産小麦の角食 (260円)

ちょっとボソっと感がありつつも軽くてサクっと音はいいけど
格別とまではいかず、まぁまぁかな

ティラミスもどき (だったかな? 200円)

コーヒークリームに粒チョコがちりばめられ
サンドされたダノワーズ

ちょっとパン生地に酸味を感じたのが
個人的にはイマイチかも

店内には、数多くのパンが陳列され、ネーミングも面白く、
試食もたくさんあり、楽しかったけど、
たくさん種類ありすぎるからか 満腹だったからか… 
不思議と購買意欲が かきたてられることはなかった


まもなく閉店の時間にもかかわらず、ぎっしりと多数のパンが陳列されてたのが、
ちょっとある意味 残念なイメージをうけたからかな
(後で通りがかった南森町の【ニッシンベーカリー】は少ししかパンが並んでなくて違和感なし)


今回はウエッジウッドのカップでの優雅なイートインを逃したので、このまま解散するのもなぁ〜といいながら、
天神橋筋商店街を南下した ドトールで その後お茶して盛り上がり解散し、弾丸ツアーは幕を閉じました

Archives