2019年02月

未来の年表

2019年02月28日

売れてるらしいです↓

未来の年表


少子化って、こんな問題まで発展するのか…
と改めて知りました…

2025年問題も、超高齢化社会も、
医療費が何兆円で破綻してるとか
理解していたつもりだったけど…

昭和と平成の時代の違いをふまえ、
厚労省が掲げた健康日本21も、
一億総活躍社会も、副業解禁も、
なぜ今こうなってるのか

自分の身は自分で守っていく時代だと
分かってるつもりだったけど…

水道の民営化に関しても本を読んで納得…


消費税が上がるのは嫌、
年収が下がってるのに社会保険料が上がって手取りが減ってる、
消費税上がれば実質更に減ると文句言ってましたが…

そんなこと言ってられない状況みたいですね


戦後の日本を支えて経済大国にしてくださった
団塊世代の方々…

彼らの子供である団塊ジュニア以後は、
親の世代と違い未婚や晩婚が進み、
第3次ベビーブーム世代は起こらなかった…

2016年 出生数は100万人を切り
2020年 女性の2人に1人が50歳以上に
2024年 3人に1人が65歳以上の超・高齢者大国に…

2043年 総人口の7人に1人が80歳以上、

2050年 世界的な食料争奪戦に巻き込まれる
なんて想像もしなかった出来事、

ダチョウの平和、

その頃には自分は生きてないから関係ないとか
未来の話になると、そう仰る方も多いけど、
(何年か前までは自分自身もそうだったし)
そんな無責任こと言ってられないことに気づく…

20年ほど前に戻れるなら、こうなると知ってたら、
少子化歯止めかけるような行動とってたかもしれない
と思いました

といっても戻れないので、今できること考えて
せめて医療費削減できるよう自分自身と家族の健康管理に重きをおきたいと思います
(認認介護、老老介護も避けるためにも)





sakiryo at 00:00|Permalinkコメント(0)その他 | 水素
Archives