2008年03月14日

野菜苗の様子

苗

 

 

 

 

これは芽だしをしたところ。今から1週間ほど前かな。この後ポットに植え替えたり、接ぎ木をしたりします。

  

Posted by sakita1028 at 01:52Comments(1)TrackBack(0)

2008年03月13日

すいかの接ぎ木をしました

昨日、今日と第一回目のすいかの接ぎ木をしました。今回は他の農家の方の注文分がほとんどでした。

接ぎ木は簡単なんですが、大変なのはその後のハウス管理。

いつも両親はそれで四苦八苦しています。今日なんてすごく暖かい気候で管理しにくかったみたいです。

接ぎ木をして、接ぎ木部分がくっついて、新しい根が出てくるまで安心できないそうです。ハウス管理は少しの天気の変化で温度が上がったりするのでとっても気の張る難しい仕事だと思います。西瓜づくりの中で一番難しいのが苗づくりかな??と私は思っています。

次は17日頃だそうです。

 

  
Posted by sakita1028 at 23:26Comments(0)TrackBack(0)

2008年03月09日

「食育」を考える

3月8日地域で食育を考える「子ども食育地域ワークショップ(羽咋市)」が開催され、参加させていただきました。

参加者のほとんどが保育所の先生でそのほかに小学校の先生、地域の食育ボランティアさんや生産者といった顔ぶれでした。

県内でも同様の会が20回近く開催されていて、内容も大変有意義なものでした。

役所が主催するものというのはかなり「やらされ感」があるものですが、司会をされた石川県健康福祉部の沼田さんは心から「いま、子どもたちの食を考えよう」と訴えてくださいました。

日本の現状、飽食の時代ゆえの食の貧しさ、新潟県の小学生の1泊2日の「飢餓体験」、子どもたちのSOSから改めて農業者としてどうしていったら良いかを今一度見直す機会となりました。

難しいことは出来ませんが、酒井農園としてまずは

ヽ惺撒訖の食材提供を増やす

◆屬い靴わ食育手伝い隊」に参加

L邵撻愁爛螢┘献絅縫▲泪ぅ好拭嫉餝覆亮萋

を考えていきたいと思っています。子を持つ母親として農業者として社会に貢献できるよう努力すべき時にきているんだと感じています。

  
Posted by sakita1028 at 02:13Comments(0)TrackBack(0)