2008年01月

2008年01月15日

ES用の写真作り

成人の日の昨日、
友達からES用の写真を撮るのを手伝って欲しいと頼まれ、公園で待ち合わせ。

彼の写真のテーマは、「アーティスティックな作業をしている光景」。
彼が、自分のお気に入りのものに絵の具で色を塗るということだった。


色を塗っているフリをしているところを僕が写真に収めていけばいいと思っていたら、彼は塗る気満々!


自分だったら「作ってるぽい動きするから、適当に撮ってよ」というところだが、
彼は実際にやりはじめた。


  ( 僕の考えがいやしかったですね、はい )




塗り終わっていく過程を収めていく感じだったので、2時間近くかかった。


意外と楽しかったので、時間のことも忘れて撮影。

いや〜、デジカメって気軽で便利。



靴



実際に塗り終わったものを彼がデジカメで納めている様子が
なんとも味わい深かったのでケータイでパシャリ(笑)



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2008年01月12日

「油」イヤー

あけましておめでとうございます!新年、最初の書き込みです。
どうでもいいことですが、個人的に2000年以降、新年のありがたみや切り変わり感が薄いです。
「2008」と言われても、「ああそうなの?」という感じで。
西暦の響きのせいなのか、私も大人になってしまったということなのか・・・


さて、去年あたりから「油」が熱いです。
原油高、食品の値上げ、ガソリン税の問題・・・そして、給油の継続。
なにかと「油」絡みの2008年となりそうです。


昨日、給油新法が参院での否決の後、衆議院で再可決されました。
これではっきりしたのは、「参議院はあってもなくてもどっちでもいい」ということ。


与党さんからみれば、給油は国際的な公約・日米同盟の観点から継続しなければならないということでしょう。
しかし、参議院を野党に過半数握られている場合のねじれ現象化でのやむを得ない措置といわれてもピンときません。
というか自民・公明は次の衆議院選で政権を死守し、参議院でも過半数を取り戻したら「参議院の縮小・廃止」を進めるんですか?と。
そんなことしないでしょ? 仮にするとしても、できないでしょ?すぐには。

今回の決定は給油継続という理由があると同時に、
「参議院なんてどうでもいいわ」と言ってるも同然と見えます(そんな考えや意図がないとしても)



給油の中止というのは、イラクからの撤退という絶好の契機だったと思うんだけどね。
安部ちゃんが意地になって給油継続を国際的な公約みたくしちゃったあたりから、
「継続=衆議院の解散との関係。与党のメンツを守る。安保上の重要な争点である。」みたくしちゃって(なっちゃって)。



給油を継続するなら継続するでいいんだけど、
具体的にいつ頃くらいまでに日本は手を引くのかという具体的な出口戦略を示してほしいっすけどね。
野党も給油継続中止と同じくらいのボリュームで、その辺のとこを詳しくつっこんでほしいっすけどね。



具体的な時期を線引きしにくいなら、
「軍を派遣している国家が残りこれだけになったら」とか
「アメリカの出口戦略に合わせて」でいいから出口戦略を示せと。

上の二つの例なんて、戦略でもなんでもないけど(笑)
言わないよりはましかと。
ある程度、はっきり聞かせてくれと。抽象的でもいいから。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック