2007年09月18日

自虐もっくん 『夜の上海』



先週、『夜の上海』の試写会へ行ってきた。

その前々日くらいに
主演のもっくんが生出演しているラジオ番組を聴いた。
これが中々興味深かった。


質問に対し
テンポよい語り口でありつつ
内容はどこか自虐的(笑)


普段からネガティブな思考をしがちだとか
人への憧れを常日ごろ感じてはへこんでばかりだとか
家族の前でも「父親」を演じてる部分があるとかどうとか。



三枚目もこなす
孤高の俳優としての立ち位置に似合わぬ
弱さをアピールをしていた。




そして試写会に行った数日後
新聞にインタビューが載っていて
これまたどこか自虐的(笑)


公開前の主演作における自分の演技について
ネガティブな評価(反省に近い)を口にする人は
そうそういない気がする。


ちょっとアウトサイダー的な若手人気俳優か
久しぶりの映画出演となるベテランとかなら言いそうな気もする。


だけどもっくんの場合
自虐的・謙遜とかを意図している部分があるとしても
すごく率直な印象が強い。この人、飾ってないなと。



ある意味、
率直と余裕の意外性あるバランス感。
新聞・ラジオから伝わってくるのは
ネガティブでもざっくばらんと語っちゃいますよという姿勢。


インタビューを通じて
いえもんのお茶職人と
ギャツビーのモヒカンCMのようなギャップ感を
違和感なくこなせる人らしく、どこかトンデル感じの人だと感じた。




肝心の映画はというと
カリスマヘアメイクアーティストが仕事で訪れた上海で
可愛いタクシードライバーに振り回されながらも
やがて忘れていた恋のトキメキ感を思い起こすというお話。


日中合作映画(?)だけど
竹中直人はどこに行ってもお笑いスパイスキャラなんだなあと(笑) 
女性に人気がないのか
みんなマンネリ感を感じているのか
試写会ではことごとく笑いを誘えていなかった(笑)


ヒロインのヴィキーチャオはかわいらしかった。
告知ポスターを見ると
細めの菅野美穂という感じだけど
映画の中で見るともっと可愛かったです。
日本でも人気出そう(もうあるのかな?)


この映画のみどころは、ずばり上海の夜景!
「夜の上海」というタイトルどおり
これはラブストーリーを期待する映画ではなく
夜の上海の近代都市的な鮮やかな夜景とBGMを楽しむ映画。


「旅恋」というキャッチコピー通りの
ライトなラブ・トラベルムービーでした。



夜の上海 [DVD]
本木雅弘
Happinet(SB)(D)
2008-05-30



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
sakowha333 at 21:22│Comments(0)映画雑感 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字