2007年12月12日

「魍魎」の意味知りましたとさ  『魍魎の匣』



昨日『魍魎の匣』の試写会に行ってきたっす。


京極夏彦原作ということで
ちょっと難解なのかなあと構えていたけど
そんなイメージなど無用だった。純粋に楽しめる。


美少女連続殺人事件、
元女優の失踪した娘、
ハコに祈る謎の教団、
3つの事件にかかわる匣の謎・・・


京極作品は読んだことがないけど
人気の理由がわかった気がした。
映像とはまた違うかもしれないけど、テンポがよい。


展開の切りかわりが小気味よく、
ラストに向けて
「そんなに話のスケールはでかかったんかい!」という流れ。


堤さん、阿部ちゃん、椎名きっぺい、田中麗奈、黒木瞳
というそうそうたる役者陣の中で
宮迫が違和感なく溶け込んでいた。


最近あんまり演技の方を見ていなかったけど
上手いなあと改めて思った。
宮迫は俳優一本で生きてける気がする。


と、同時に
「お笑い芸人の割には上手い!」と思っているだけなのかも(笑)



魍魎の匣 スタンダード・エディション [DVD]
谷村美月
ジェネオン エンタテインメント
2008-06-25



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
sakowha333 at 22:12│Comments(0)映画雑感 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字