2008年05月13日

CG  草剛主演 『山のあなた 徳市の恋』



『山のあなた 徳市の恋』の試写会です。
つよぽん主演です。
草 剛主演です。
「見えない目であなたを見つめていた。」です。
キャッチコピーです。
約1時間半です。
程よい長さです。
舞台挨拶がありました。
監督とマイコさんがいらっしゃいました。
マイコさんはモデルさんで、とてもすらっとしていらっしゃいました。
作品を見終わった後に感じました。
想像以上にマイコさんの演技はナチュラルなものでした。
つよぽんや加瀬君、
堤さんなどの演技派の中に違和感なく溶け込んでいました。


この映画は1938年の「按摩と女」のカバー作品です。
今流行りのリメイクものとは一味違います。
忠実にカバーです。
以前テレビで、ちらっと原作と今作のある場面を比較していました。
ほんとにそっくりで驚きました。
忠実に再現しているとはあながち大げさではないなと思いました。


懐かしい温泉宿が舞台です。
盲目の按摩士たち。
旅館の人たち。
謎の東京の綺麗な女性。
叔父さんとこども。
ハイキングに向かうパワフルな女学生たちと
断念せざるを得なくなる男子学生たち。


懐かしい日本の原風景です。
静かに時が流れていきます。
クスッと笑える部分がさり気なく散りばめられています。
リラックスしながら見れる作品であります。
それと同時に街並のCGが気になりました。
どこか街並が妙に綺麗過ぎる印象を持ちました。
山や川などの自然の場面が多い分、
CGの街並が余計気になったのかもしれません。
CGというのは難しいものです。
アクションものとかでデカデカと「CG」を売りにしているものがあります。
そういうものはいいです。
CGだと割り切っています。
CGの迫力を売りにしています。
しかしです。
この作品のような映画だと印象が違ってきます。
徹底的に全体を通じてCGを盛り込んでいるわけではありません。
また、CGを売りにしているような映画でもないと思います。
少しのCGが妙に気になるのです。
しかもです。
街並が小さかったので余計です。
街のセットを組めばよかったのにと思います。
予算の関係とか制約があったのかと考えます。
原作を忠実にカバーするという意味で、
綺麗な映像にこだわったゆえなのだろうかとも考えられます。
少しのCGをきっかけに制作の裏側の詮索です。
狙ってやっているのかもしれません。
自然との兼ね合いでちょっと外したコントラストを狙ったのかもしれません。
CGの質感をさり気なく積極的に求めていたのかもしれません。
真相はわかりません。
ちょっと気になったのです。
一緒にいった友人も同意見でした。


原作を見るのもさらなる楽しみ方の一つです。
どれだけ忠実にカバーしているのかを比べるのはおもしろそうです。
ほんとにゆったりとした、力を抜いて見れる作品です。
リラックス感です。
自然の静謐さです。
懐かしさです。
「チェッ」です。
淡い恋です。
男目線では切なさを感じずにはいられないです。
あえて現実の日光に当たらず、
土・日曜の昼間に見るのがぴったりな作品です。



山のあなた 徳市の恋 スタンダード・エディション [DVD]
草なぎ剛
ジェネオン エンタテインメント
2008-12-10



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

コメントする

名前
URL
 
  絵文字