2008年07月08日

キルドレちょっぴり憧れ  『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』



『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』の試写会に行ってきました。

押井守監督作品です。
菊池凛子、加瀬亮、栗山千明、谷原章介・・・
主要キャストの声優が有名俳優ばかりです。


内容です。
チラシから引用です。


僕たちは大人にならない。
思春期の姿のまま永遠に生き続ける。
はじめは誰も信じなかった。
でも、そのうち噂が広がっていく。
戦死しない限り、死なない人間がいる。
≪キルドレ≫
それは平和を保つための
”ショーとしての戦争”に命を賭けるパイロット。
新しい基地に赴任してきた函南優一も、
そんなキルドレのひとりだった・・・・・・。




3Dとアニメーションのバランスが見ていて心地いいです。
空、田舎、飛行場・・・のどかな風景がなんともいいです。
3Dで描かれる戦闘機の飛行・戦闘シーンは迫力あります。
内容が内容だけにどことなく現実っぽくなく
ゲームっぽさも感じられます。


舞台挨拶には押井監督と作画監督が登場です。
見所として押井監督がおっしゃっていました。
印象的な台詞が多い映画なので
特定のキャラクターや言葉に注目しながら見てもらえればと。


鑑賞中にその辺を意識していましたが
まさにおっしゃるとおりでした。


思わずメモっておきたくなるような台詞が散りばめられています。
しかも、そのどれもがストレートです。
雰囲気先行とか、難解とかいうものはないんです。
そうでありながら一つ一つの台詞がなんとも含蓄深いのです。
うろ覚えですが、たとえばです。


 ̄扮鵑砲海匹發里泙泙亮膺邑の台詞

「 明日死ぬかもしれないのに
  大人になる必要なんかあるんですかね。」



同じく主人公の台詞

「 大人になりたくないというより
  なろうとしても大人になれないんだ。」



モラトリアムを延長したくて
しかたのない僕の思いを代弁しているかのようです(笑)
今の現代日本の若者の感覚に寄り添うような台詞です。

台詞だけ見ると
ちょっと冷めている。
そんな印象かもしれません。
しかしです。
映画の背景を考えると
現代の若者の感覚とリンクするようで
質的に全く異なるものともいえます。


一番の印象的なシーン。
主人公の上司である草薙氏が
バーで主人公に語りかけるシーンです。
戦争と平和のバランス。
影があってこその陽。
組み込まれていくことへの葛藤。
それほど目新しいことを言うわけではありません。
しかしです。
長々と語られる台詞からは
人類の永遠の課題について改めて深く考えさせられます。


永遠に思春期のままを宿命付けられたパイロット達。
軍需産業内での戦争。
国家間の戦争はなくなった世界?
なんども過ぎる既視感。
生まれた時から思春期の姿だった?


未来型の機器、ロボット、都市風景や生活モデル・・・
そういったものは一切出てこないのに
強烈に突きつけられるのは近未来のあり方です。


直接的に
「ロボット」「クローン」というあたりをフューチャーしていない。
それによって
逆に近未来のリアリティが強く感じられます。

人類と
人類の本能と
科学技術の進展(クローンやロボットなど)のあり方。

そんな普遍的で大きなテーマを
キャラクターの台詞の端々から
あれこれと考えさせられちゃう作品です。



スカイ・クロラ (通常版) [Blu-ray]
菊地凛子
VAP,INC(VAP)(D)
2009-02-25



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
sakowha333 at 23:32│Comments(0)映画雑感 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字