作品 ・・・ 「 ゴッホとゴーギャン展 」 ( 2017年1/3〜3/20 愛知県美術館 )講演会 ・・・ 「 ゴッホとゴーギャン展 」 ( 2017年1/3〜3/20 愛知県美術館 )

2017年03月25日

図録 ・・・ 「 ゴッホとゴーギャン展 」 ( 2017年1/3〜3/20 愛知県美術館 )



図録らしからぬ図録で好感を抱きました。




両手で持ちやすい質感。
ゆかりのある人々の相関図。
2人の歩みを示す地図などのポップな仕上がりに加え
読み応えのある解説が挟まれていて
満足度の高い内容と構成で。




「師という仮面〜」や
「ひまわり-ゴーギャンとファン・ゴッホを結ぶ花」などを読み

多くの書簡や

回顧録が残っているからこそ

ゴッホやゴーギャンたちの

心情や思考などを

現代の私たちも

深く読み解けるのだなと

しみじみと思いました。





ゴッホとゴーギャンの関係性
ゴッホやゴーギャンを支えた人々の関係性など
絵画だけでなく
書簡も含めて
「作品」と捉えることによって見えてくるその背景は

とても生々しく複雑だなと。






画商としてのテオは

ゴッホだけでなく

初期ゴーギャンにとっても

欠かせない存在だったこと・・・





ベルナールとゴーギャンの間に

対立が生じたことが

ゴッホの死後評価向上のための

ベルナールによる尽力にも影響したこと・・・





ゴーギャンは

ゴッホ自身が意識するよりも前から

「ゴッホ=ひまわり」

というイメージを

持っていたのではないか

という解釈・・・





ゴーギャンが存命中から

ゴッホという神話に組み込まれる葛藤や

ゴッホという亡霊との距離感を

作品において表現していたこと・・・




本展は
ゴッホとゴーギャンの2人を
クローズアップしていたので
ゴッホの狂気性や悲劇性は
大々的に強調されていない印象がありましたが

「ゴッホ」という存在からは
テオ・ベルナール・ゴーギャンなどの人生に
影響を与え続けたという意味で

ゴッホ個人の

狂気性や悲劇性だけでは収まらない

「良くも悪くも

 人を巻き込み翻弄していく狂気性」


その存在や作品から滲み出ている、

そんな印象を抱きました。






ゴッホの狂気性と純粋性、



ゴーギャンのしたたかさとしなやかさ、



テオの戦略性と献身性、



ベルナールなど

周辺人物たちと2人の距離感・・・





その時々によって

各人の特性に強弱が生まれたり、



新たな側面が際立ったり、



パーソナリティの多面性が浮かんできたりと、



人間関係の相互作用

作品制作や評価の相互作用が複雑に入り交じり、



本人たちがそれほど

深く意識していなかったような

駆け引きやマウンティングといったダイナミズムも

2人の物語に厚みをもたらし、





絵画や

彫刻などだけではなく

彼らの

書簡・人柄・人生まで含めて

広義の「作品」として

多くの人々を

惹きつけてやまないのだなと。




--------------------------------------------------------------------------------------------



★「 ゴッホとゴーギャン展 」の感想記事シリーズ



作品 ・・・ 「 ゴッホとゴーギャン展 」
http://blog.livedoor.jp/sakowha333/archives/52409215.html



図録 ・・・ 「 ゴッホとゴーギャン展 」
http://blog.livedoor.jp/sakowha333/archives/52409232.html



講演会 ・・・ 「 ゴッホとゴーギャン展 」

http://blog.livedoor.jp/sakowha333/archives/52409233.html



総評 ・・・ 「 ゴッホとゴーギャン展 」
http://blog.livedoor.jp/sakowha333/archives/52409234.html

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
作品 ・・・ 「 ゴッホとゴーギャン展 」 ( 2017年1/3〜3/20 愛知県美術館 )講演会 ・・・ 「 ゴッホとゴーギャン展 」 ( 2017年1/3〜3/20 愛知県美術館 )