講演会 ・・・ 「 ゴッホとゴーギャン展 」 ( 2017年1/3〜3/20 愛知県美術館 )宇宙のあくび【50】〜【56】 政治的妥協・秋の予告編・安全保障関連法案・それらしいっぽさ・手相体験

2017年03月25日

総評 ・・・ 「 ゴッホとゴーギャン展 」 ( 2017年1/3〜3/20 愛知県美術館 )



私は

章解説・作品解説・キャプションなどを

あまり読まない

または

読む場合も大雑把にしか読まないので


鑑賞中はそこまで
2人の関係性を考えさせられることがありませんでした。





ただ
ポスター・チラシ・パンフレット・図録・記念講演会などで

共同生活が始まるまでの両者の半生

共同生活中の様子

共同生活後の人生

書簡の内容などを知っていく中で

様々な面での両者のコントラスト

を実感しつつ堪能。





なんでもかんでも
コントラストで比較できるわけではないでしょうし

コントラストで単純化しきれるものではないでしょうし

本展だけで
ゴッホとゴーギャンのすべてを知れたともいえないでしょうが

作品面の人気や知名度からみても
画家としての人気や知名度からみても


「対等に並べて

 遜色ない両者を対等に並べた」



本展だからこそ

それぞれの

作風・人物像・来歴の違いを

よく理解することができました。







本格的に

画家としてスタートしたのが

決して早い年齢とはいえなかったり、



ポスト印象派として

独自の道を切り開く立ち位置を意識したり、



テオの手厚いサポートを受けたり、



ベルナールなどと深く交流したり、



死後に

人気・知名度・評価が

圧倒的に高まっていったりなど




数えれば共通点も多かった両者だと思いますが



「 現実重視の作風と

  幻想重視の作風 」



「 出会う前と後 」



「 共同生活の前と後 」



「 反復と転用における
 
  慎重性と柔軟性 」



「 陸路ベースの人生と

  海路ベースの人生 」



「 悲劇的なゴッホの死と

  ゴーギャンのその後 」



などの

豊かなコントラストを通じて

浮き彫りになる2人の違いは

ただただ興味深いものばかりで。





本展が提示してくれたコントラストや
本展から想起させるコントラストの数々は
2人の有名画家の
作品・関係性・人物像・人生を
より豊かに奥深く表現していたと思います。




--------------------------------------------------------------------------------------------



★「 ゴッホとゴーギャン展 」の感想記事シリーズ



作品 ・・・ 「 ゴッホとゴーギャン展 」
http://blog.livedoor.jp/sakowha333/archives/52409215.html



図録 ・・・ 「 ゴッホとゴーギャン展 」
http://blog.livedoor.jp/sakowha333/archives/52409232.html



講演会 ・・・ 「 ゴッホとゴーギャン展 」

http://blog.livedoor.jp/sakowha333/archives/52409233.html



総評 ・・・ 「 ゴッホとゴーギャン展 」
http://blog.livedoor.jp/sakowha333/archives/52409234.html

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
講演会 ・・・ 「 ゴッホとゴーギャン展 」 ( 2017年1/3〜3/20 愛知県美術館 )宇宙のあくび【50】〜【56】 政治的妥協・秋の予告編・安全保障関連法案・それらしいっぽさ・手相体験