【 落選3句 】 中日新聞「 テーマ川柳 」欄に投稿( 2018年5月22日 テーマ「味噌」 )佳作特別賞!( 1,687名もいる ) 第二十九回 伊藤園お〜いお茶新俳句大賞

2018年07月04日

ポーランド戦の終盤で負けてる感覚を薄れさせた「 スコア維持 」戦略




振り返ってみると

生中継で

ポーランド戦を見ながら

終盤に考えていたことは2点でした。





・ パス回しでパスミスなどの失敗をしないかどうか

  カウンターされないかどうかが心配。



・ 結構、早めにパス回しに切り替えたなと。

  めちゃくちゃパス回しの時間が長いなと。






個人的には

「 このままだとポーランド戦で日本は負ける 」

「 最後の最後まで攻撃に全力を尽くしていない 」

などは思い浮かばなかったなと。





試合後に

終盤のパス回し・ボール回しを巡る

賛否両論などを見て

「 そういう批判や問題提起が出るのも自然 」

とは思ったけれど

「 なんで試合中に

  自分はそういうポイントを

  気にしなかったのだろうか? 」

とよくよく考えてみました。





若干

後から言える発想も

混ざってるかもしれませんが

たぶん

日本代表が

パス回しで

時間稼ぎに切り替えた時点で

「 このままだとポーランドに負ける 」

「 攻撃するのをやめた 」

という感覚が

自分の中で薄れて

「 このままのスコアを維持する 」

という感覚だけが

強くなって

それをごく自然に肯定していたんだろうなと。



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
sakowha333 at 13:40│Comments(0)サッカー雑感 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【 落選3句 】 中日新聞「 テーマ川柳 」欄に投稿( 2018年5月22日 テーマ「味噌」 )佳作特別賞!( 1,687名もいる ) 第二十九回 伊藤園お〜いお茶新俳句大賞