2018年05月23日

朝一コメント;08時35分

朝一コメント(23日08:35)

海外市況等22日付(今朝の時間外取引)為替は更新時。
● 円/ドル:110.82
● ユーロ/ドル:1.1780
● 日経平均:22960.34-42.03
● NYダウ:24834.41-178.88

●NY金Α1292.0+1.1(1291.0)
●白金А908.8+9.0(908.0)
● WTI原油А72.20-0.15(72.13)
● 北海ブレントА79.57+0.35
● 上海ゴム:12180+95(12215)
● CBTコーンА404.75+2.00
● CBT大豆А1030.50+5.25
● CBT小麦А521.50+14.25
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●円/ドル;米中貿易摩擦懸念の後退を映した円売りが出るも、NYダウ安を映して円が買い戻されるなど上下に振れる展開です。FOMC議事録公表(23日)を控えて、積極的な商いはやゝ控えられる商況です。
●NY金;イラン問題等の地政学リスクやNYダウ安を映した買いに下支えられるも、FOMC議事録公表(23日)を控えていることから積極的な商いは見送られる展開です。
●NY白金;前日の流れを引継いで続伸です。
●WTI原油;イラン問題やベネズエラを巡る地政学リスクを映した買いが先行するも、買い一巡後は利益確定の売りに押されて上げ幅を削って反落です。
●CBTコーン;大豆高・小麦高を映して上昇です。
●上海ゴム;続伸するなど場味の良い展開です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●東京金; 22日付・日中取引は、新たな決め手が見当たらなかったために、4600円を挟んだ狭いレンジ内で揉み合った後、23日付・夜間取引前半は、買いが先行して一時は4615円辺に上伸するも、中盤以降は円反発を映した利益確定の売り等で4600円を割れるなど、やゝ調整色が表れています。押し目のみ買いを検討です。 [日中取引:変動予想4580〜4620円]
●東京白金;日中取引は、(金と同様に)新たな決め手が見当たらなかったために、3220円辺の狭いレンジ内で揉み合った後、夜間取引前半では、一時3200円台半ばに大幅急伸する強気な展開だったものの、後半は円が反発したこと等から利益確定の売りが出て上げ幅を縮小です。押し目のみ買いを検討です。[日中取引:変動予想3220〜3250円]
●東京原油;日中取引は、NY原油に下支えられるも積極的な買いも見られずに前夜終値と同値圏の51000円台半ばの限られたレンジ内で揉み合った後、夜間取引前半は、NY原油堅調を映して一時は2015年6月中旬以来の52000円台に浮上するも、後半はNY原油が緩んだことや円反発を映した利益確定の売りに押されて上げ幅を削るなど調整色が表れています。テクニカル面(P指数等)から、今夜の米週間原油在庫発表を確認後に、売場探しです。 [日中取引:変動予想51200〜51800円]
●東京ゴム;日中取引序盤は、前日の流れを引継いだ買いが先行して一時は202円辺に値位置を引き上げるも、買い一巡後は利益確定の売り等に押されて199円辺に反落し、夜間取引も同値圏で推移です。当面は買い有利の展開ですが、利益確定の売り等も出易い局面なので押し目のみ買いを検討です。[本日の日中取引:変動予想197.0〜2023.0円]
●東京コーン;日中取引は、前日の大幅上昇に対する利益確定の売り等で小反落するも、夜間取引はシカゴ・コーン高を背景に値位置を回復するなど引続き堅調な商況です。ただ利益確定の売り等も出易い局面なので、逆張りで対処しながら展開を見極めです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

sakto_sao at 08:37コメント(0) 

2018年05月22日

朝一コメント;08時40分

朝一コメント(22日08:40)

海外市況等21日付(今朝の時間外取引)為替は更新時。
● 円/ドル:111.00
● ユーロ/ドル:1.1790
● 日経平均:23002.37+72.01
● NYダウ:25013.29+298.20

●NY金Α1290.9-0.4(1291.9)
●白金А899.8+13.3(901.0)
● WTI原油А72.35+0.98(72.55)
● 北海ブレントΑ79.22+0.96
● 上海ゴム:12085+385(12195)
● CBTコーンА402.75+0.25
● CBT大豆А1025.25+26.75
● CBT小麦А507.25-11.00
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●円/ドル;米中貿易摩擦の後退を映した円売りが先行するも、ポンぺオ米国長官が対イラン制裁で強気な発表をしたことから、リスク回避の円買いが入って111円台前半で推移です。
●ユーロ/ドル;ユーロがこのところの下落に対する反動で反発です。
●NY金;米中貿易摩擦が後退したことを映して売りが先行し、一時は年初来の安値圏に下落するも、その後はポンぺオ米国長官の対イラン制裁の発言を受けて買われ、下げ幅を解消です。
●NY白金;先週の流れを引継いだ売りが先行するも、その後はNYダウ高等を背景に、テクニカル的な買いで大幅反発です。
●WTI原油;イラン情勢を巡る地政学リスクを映して反発です。
●CBTコーン;米中貿易摩擦の後退を好感して大豆が上昇したのに連れて買われるも、小麦安を嫌気して上げ幅は限定的です。
●上海ゴム;大幅急伸して地合いが好転しています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●東京金; 21日付・日中取引は、円軟調に下支えられるも、新たな掛かりが見当たらなかったことから積極的な商いを欠いて、先週末終値と同値圏の4500円台後半の限られたレンジ内で揉み合った後、22日付・夜間取引は、反落して寄り付くも、中盤以降はNY金高を映した買いで4600円台に浮上して地合いを好転させています。テクニカル要因(P指数等)からも押し目買いで対処です。 [日中取引:変動予想4590〜4620円]
●東京白金;日中取引は、NY白金軟調を映して伸び悩み、3170円辺の狭いレンジ内で揉み合って低迷したものの、夜間取引中盤以降は、NY白金高を映して3230円辺に大幅急伸する様変わりの強気な商況です。テクニカル要因(P指数等)からも押し目買いで対処です。[日中取引:変動予想3210〜3250円]
●東京原油;日中取引は、NY原油が時間外取引で買いが先行したことを映して51400円辺へと反発した後、夜間取引前半は、ポジション調整の商いで上下に振れるも、中盤以降はNY原油高を映して51600円辺に値位置を引き上げるなど堅調な展開です。引続き買方主導展開ですが、利益確定の売り等が出易い局面なので、追随買いは控えて、むしろ売場探しです。 [日中取引:変動予想51300〜51800円]
●東京ゴム;日中取引は、円軟調を背景に、上海ゴム反発を映した買いで1月30日以来の200円台へと大幅急騰した後、夜間取引でも200円台を維持する強気な商況です。買い方針継続です。[本日の日中取引:変動予想197.0〜203.0円]
●東京コーン;日中取引は、円軟調やシカゴ・コーン時間外取引上昇を映した買いで2015年8月初旬以来の高値圏へと大幅上伸した後、夜間取引でも値位置を維持する強気な商況です。依然として買方主導の展開が続いていますが、利益確定の売り等も出易い局面なので、追随買いは控えて、上値を見極めです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




sakto_sao at 08:43コメント(0) 

2018年05月19日

週初に

◎週初に (05月19日21:00)

※海外市況(18日付)(19日朝の時間外取引)為替は06:00。
● 円/ドル:110.72
● ユーロ/ドル:1.1767
● 日経平均:22930.36+91.99
● NYダウ:24715.09+1.11

● NY金1291.3+1.9(1291.7)
● NY白金886.5-5.6(886.8)
● WTI原油71.28-0.21(71.35)
● 北海ブレント77.12-0.35
● 上海ゴム11700+240(11745)
● コーン402.50+7.25
● 大豆998.50+3.50
● 小麦518.25+20.75

◎CFTC大口投機玉の買越し高(05月15日付:対比05月08日)
  ※会員専用メール等を検証下さい。

◎ETF金現物保有高:過去最高1353.35邸2012年12月7日:NY金1705.5ドル) 
05月17日 05月10日  前回比
856.17 862.95 -6.78
※引続き減少傾向です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※「来週(21〜25日)の方針」 
●東京金=押し目買い(来週の変動予想:4570〜4640円:NY金1280〜1305法
金は、米長期金利上昇やドル高がNY金の上値を重くしていますが、他方ではイラン問題・北朝鮮問題等の地政学的リスクも完全には払拭出来ないので、当面は為替・株市況も絡んで神経質な展開が予想されます。ただテクニカル要因(P指数等)から週後半以降はNY金が反発すると予想して、押し目買いで対処です。
●東京白金=押し目買い(来週の変動予想:3130〜3230円:NY白金870〜930法
白金は、内外市場共に軟弱な商況で、当面は下値不安を払拭出来ないものの、週後半以降は下値を確認して自律反発に転じると予想します。押し目での買いを検討です。
●東京原油=逆張り(来週の変動予想50000〜52000円:WTI原油70.00〜73.00)
原油は、中東地域の地政学リスクに下支えられているものの、新たな材料が見られないと、内外市場共に買玉の利益確定の売り等で調整色が濃くなると予想します。引続き「高原相場」と見做して、逆張りで対処です。
●東京ゴム=押し目買い(来週の変動予想:192.0〜200.0円)
ゴムは、内外市場共に反騰して地合いが好転しています。引続き上値を窺うと期待して買い方針継続です。
●東京コーン=逆張り(来週の変動予想25600〜26500円:CBTコーン395〜410漫
コーンは、内外市場共に堅調に推移していますが、利益確定の売り等も出易いと想定して、逆張りで対処です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・※各商品の変動予想等に関しては、日々更新するH・Pの「P指数週間カレンダー」「TODAY`S REALPOINT」等も検証下さい。





sakto_sao at 21:01コメント(0) 
Archives
スポンサード リンク