2018年09月20日

朝一コメント;08時35分

◎朝一コメント (09月20日07:35)

※海外市況(19日付)(20日朝の電子取引)為替は更新時。
● 円/ドル:112.25
● ユーロ/ドル:1.1673
● 日経平均:23672.52+251.96
● NYダウ:26405.76+158.80

● NY金1208.3+5.4(1208.7)
● NY白金821.9+7.0(824.2)
● WTI原油71.12+1.27(71.44)
● 北海ブレント79.40+0.37
● 上海ゴム➀12115+10(12225)
● コーン345.75+2.50
● 大豆830.00+16.00
● 小麦522.50+12.00

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
● 円/ドル; 中国の季克強首相が世界経済フォーラムで、米中貿易摩擦に関して米中の対話を呼びかけたことを映してドル買い/円売りとなるも、積極的な商いには結び付かず、112円台前半で揉み合いです。
● NY金;季克強首相の演説を受けて米中貿易摩擦の激化観測が和らぎ、中国の金需要減速懸念が後退して反発です。
● NY白金;金高や欧米株高を好感して続伸です。
● WTI原油;EIA発表で米週間原油在庫やガソリン在庫が減少したこと、及び引続き対イラン制裁による同国の原油生産減少分をOPEC等の増産で補えるか疑問視されていることを映して続伸です。
※米週間原油在庫205.7万バレル減(予想270万減)ガソリン171.9万減(10万減)溜出油83.9万増(70万増)クッシング原油125万減。
●CBTコーン;大豆高・小麦高に連れて反発です。
●上海ゴム;本取引で小反発した後、時間外取引で上げ幅を拡大です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●東京金;19日付・日中取引は、円軟調やNY金時間外取引上昇を映した買いで4330円へ値位置を回復する場味の良い展開を示した後、20日付・夜間取引は、中盤までは買い優勢の展開で値位置を伸ばすも、後半は円反発に上値を抑えられて伸び悩みです。テクニカル要因(P指数等)では買い優勢ながら、無理商いせずに展開を見極めたい局面です。 [日中取引:変動予想4310〜4350円]
●東京白金;日中取引は、NY白金高や円軟調を映した買いで2940円辺に続伸する強気な展開だった後、夜間取引は、買いが先行して一時は2930円辺に上伸するも、中盤以降は円が反発したことから伸び悩みです。金と同様に、テクニカル要因(P指数等)から買い優勢ながら、無理商いせずに展開を見極めたい局面です。 [日中取引:変動予想2930〜2970円]
●東京原油;日中取引は、新たな決め手が乏しかったことから積極的な商いが見られずに前夜終値と同水準の50000円台後半の狭いレンジ内で揉み合った後、夜間取引は、NY原油高を映して買方主導の展開ながら、利益確定の売り等も出て51000円台後半を中心に上下に揺れる展開です。テクニカル要因(P指数等)から買い優勢ながら、無理商いせずに展開を見極めたい局面です。[日中取引:変動予想51600〜52100円]
●東京ゴム;日中取引は、引続き上海ゴム軟調を映して小緩む場味の弱い展開だった後、夜間取引も、日中取引と同値圏の166円辺の限られたレンジ内で揉み合いです。大幅順ザヤで伸び悩むも、テクニカル的な買いで下値抵抗を示すなど、方向性は曖昧です。取引終了後に上海ゴムが上げ幅を拡大したことを映した買いが先行して地合いが好転すると予想します。買い対処です。[本日の日中取引:変動予想166.0〜168.0円]
●東京コーン;日中取引は、引続きシカゴ・コーン軟調を映して23000円割れ寸前の値位置で低迷するも、夜間取引は、シカゴ・コーンが反発したことを背景に、売玉の買戻し等で反発です。売りは、逆張り感覚で対処です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※各商品の変動予想等に関しては、日々更新するH・Pの「P指数週間カレンダー」「TODAY`S REALPOINT」等も検証下さい。

商品市況指針SAKTO 佐藤由之蒸。
携帯090-8669-4423:スマホ050-3692-4423。


sakto_sao at 08:32コメント(0) 

2018年09月19日

朝一コメント;08時35分

◎朝一コメント (09月19日07:35)

※海外市況(18日付)(19日朝の電子取引)為替は06:00。
● 円/ドル:112.35
● ユーロ/ドル:1.1674
● 日経平均:23420.54+325.87
● NYダウ:26264.96+184.04

● NY金1202.9-2.9(1203.7)
● NY白金814.9+14.0(915.1)
● WTI原油69.85+0.94(69.83)
● 北海ブレント79.03+0.98
● 上海ゴム➀12105-145(12085)
● コーン343.25-4.75
● 大豆814.00-9.50
● 小麦510.00+4.25

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●東京金;18日付・日中取引は、NY金高を映した買いが先行して4300円台を回復し、更に引け際には円安が進行したことから4310円辺に値位置を引き上げる場味の良い展開だった後、19日付・夜間取引でも、円軟調を映して、小幅ながらも値位置を上げる場味の良い展開です。ただテクニカル面(P指数等)では本格的な上昇トレンドを形成するかは未だ確認出来ないので、為替市況をも注視しながら、高値追随買いは控えて、押し目のみ買いを検討です。 [日中取引:変動予想4290〜4340円]
●東京白金;日中取引寄付は、先週末の18日付夜間取引の流れを引継いだ売りが先行して安寄りするも、その後はNY白金時間外取引の上昇や円軟調を映した買いで2880円辺に値位置を取り戻した後、夜間取引では、NY白金高や円軟調を映した買いで一時は2930円辺へと大幅上伸する強気な展開です。ただ金と同様に、テクニカル要因(P指数等)では本格的な上昇トレンドを形成するかは確認出来ないこと、及び利益確定の売り等も出易い局面なので、高値追随買いは控えて、押し目のみ買いを検討です。 [日中取引:変動予想2900〜2950円]
●東京原油;日中取引は、NY原油が不透明だったことから積極的な商いは見られなかったものの、円軟調を映して下げ渋って50000円台後半の狭いレンジ内で揉み合った後、夜間取引は、NY原油高や円軟調を映した買いで、一時は5月23日以来の52000円台へと大幅上昇する強気な展開です。ただ利益確定の売り等も出易いので、高値追随買いは控えて、押し目のみ買いを検討です。[日中取引:変動予想51400〜52200円]
●東京ゴム;日中取引は、東京市場連休中の上海ゴム安を嫌気して売られ、一時は164円辺に下落するも、売り一巡後はテクニカル的な買いで下げ渋った後、夜間取引では円軟調等を映して167円辺に値位置を引き上げるなど、買気を維持しています。当先のサヤ幅が拡大している中、先限の地合いは軟化しましたが、想定以上に下値抵抗を示していることや、指数系テクニカル要因(P指数等)では、RSIが逆行気味である等々から押し目買いで対処です。[本日の日中取引:変動予想166.0〜169.0円]
●東京コーン;日中取引は、シカゴ・コーン軟調を嫌気した売りで7月中旬以来の安値圏23100円台へ下落した後、夜間取引でも、更に値位置を下げる軟弱な展開です。戻り売りで対処です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※各商品の変動予想等に関しては、日々更新するH・Pの「P指数週間カレンダー」「TODAY`S REALPOINT」等も検証下さい。

商品市況指針SAKTO 佐藤由之蒸。
携帯090-8669-4423:スマホ050-3692-4423。
続きを読む

sakto_sao at 08:36コメント(0) 

2018年09月15日

週初に

◎週初に (09月15日18:00)

※海外市況(14日付)(15日朝の電子取引)為替は06:00。
● 円/ドル:112.00
● ユーロ/ドル:1.1622
● 日経平均:23094.67+273.35
● NYダウ:26154.67+8.68

● NY金1201.1-7.1(1198.3)
● NY白金798.6-4.7(794.5)
● WTI原油68.99+0.40(68.98)
● 北海ブレント78.09-0.09
● 上海ゴム➀12335-10(12385)
● コーン351.75+1.25
● 大豆830.50-2.75
● 小麦511.50+14.50

◎CFTC大口投機玉の買越し高(09月11日付:対比09月04日)
※会員専用メール等を検証下さい。
◎ETF金現物保有高:過去最高1353.35邸2012年12月7日:NY金1705.5ドル) 
09月14日 09月06日  前回比
742.53 746.92 -4.39
※減少が続いています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※「来週(17〜21日)の方針」
●東京金=逆張り(来週の変動予想:4260〜4320円:NY金1190〜1215法
金は、今週初から上値を追って4300円台を回復する堅調な展開でしたが、週末18日付夜間取引で大幅反落して調整色が現れています。ただトレンドが陰転したと見るのは早計です。円/ドル市況や18日のNY金市況を注視しながら―逆張り感覚で―展開を見極めです。
●東京白金=逆張り(来週の変動予想:2830〜2920円:NY白金790〜815法
白金は、金と同様の商況で、調整色が現れています。逆張り感覚で対処しながら、展開を見極めです。
●東京原油=押し目買い(来週の変動予想50300〜52000円:WTI原油68.00〜70.00)
原油は、利益確定の売りに押されるなど調整色が現れていますが、引続き買方主導の展開が続くと見て、押し目を買い拾いです。
●東京ゴム=押し目買い(来週の変動予想:165.0〜173.0円)
ゴムは、当先のサヤ幅が約18円幅と拡大している展開ながら、先限は地合いを保っています。期近の動向を注視すべきですが、基本的に買い方針継続です。
●東京コーン=逆張り(来週の変動予想23000〜23700円:CBTコーン335〜345漫
コーンは、ファンダメンタルズ面・テクニカル面共に軟弱で下値不安を払拭出来ませんが、売玉の買戻し等も入り易い局面です。逆張りで対処しながら展開を見極めです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎P指数の来週(17〜21日)の動向
※会員専用メール等を検証下さい。


sakto_sao at 19:06コメント(0) 
Archives
スポンサード リンク