2007年01月18日

「取組高は増えないのに・・・」



多くの場合、相場上昇時には、出来高とともに、取組高も増えていき、これをエネルギーとして、更に相場が発展していく。そうして、大出来高とともに、取組高が減少すれば、「天井打ち」、と言う見方があったのですが、最近の上昇商品「金」「ゴム」「コーン」「大豆」「アラビカ」の場合は、多少の変化はあるものの、取組高は、余り増えていません。(むしろ一時的には減少さえある)

つまり、一概には従来の図式が当てはまらなくなっています。市場構造の変化等々、種々指摘されますが、今迄とは異なった観点からも、相場を見る必要を感じます。




sakto_sao at 12:39コメント(0)トラックバック(0) 
見解 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Archives
スポンサード リンク