2007年02月20日

「明朝まで・・・」



 貴金属は昨日と異なって、軟調な展開ですが、仕方ないでしょう。

「石油」は前場引値より200円安位から反発するようなら、日計り感覚でも買う余地はあると判断します。仮に大引けに向かって次第安となっても、売る局面ではないでしょう。

「ゴム」は買方としては、やや懸念される動き。要警戒です。

「コーン」も「大豆」もただ強いだけ、殊に「大豆」の新規仕掛けは十分過ぎるほどの注意が求められる場面です。

 ご検証下さい。




sakto_sao at 12:36コメント(0)トラックバック(0) 
見解 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Archives
スポンサード リンク