2015年10月03日

NHK連続ドラマ「あさが来た」簡単な感想。第1週

 とりあえず、NHK連続ドラマ、「あさが来た」を、みています。

第1週、「あさが来た」子役さん達の、演技に、脱帽いたしました。

珍しく、ちょん曲げ時代末から、はじまるのもめずらしい。

あさちゃん(子役時代、鈴木梨央)は、相撲ずきの、おてんば娘。

小さいのに、親から、言われたいいなずけが、いた。新次郎(玉木宏)

イケメンなのだが、遊び人風に、見える。肝心なときに、用事があるのでと、

トンズラしてしまう。

でも、新次郎の、心を、あさが、溶かして、いい、性格に、なりつつ、

あるかも、しれない。

あさと、姉の、はつ(子役、守殿愛生)は、仲良し姉妹なので、

お家の、ために、嫁に、いかず、姉、弟とか、しあわせに、暮らしたかった。

しかし、お嫁さんへ、行く順番は、決められていたのだが、

途中で、なぜか、どんでん返しが、あった。山王寺屋の、眉山栄達(辰巳琢郎)が、

白岡正吉(近藤正臣)に、文句、ちゃちゃを、いれたのである。

白岡は、加野屋を、いとなんでる。

この秘密は、後ほどのことにします。

幼い頃から、あさは、頭の回転が、よかったのだと、おもった。

でも、まだ、この時代女の子は、学問を、習うことは、許されることでは、

なかったのだと、思う。

小さいあさは、どんどん、賢くなった。新次郎から、もらった、そろばんも、

こなしていった。商いの、良い助け人に、なりそうだね。

あさと、新次郎は、仲良くできそうだね。

でも、はつは、栄達の、息子に、つまらない女だと、馬鹿にされているようです。

はつちゃんが、一番可愛そうに、なるかも。

あさちゃんが、手助けするのかな。

とにかく、二人の姉妹が、たのしく、暮らせたらいいな。

今井家の、祖父(林与一)には、助け人に、なってくれるので、

長生きしてもらわなくちゃ。いろんな物知りだなあ。

では、また。






saku18megu at 02:13│Comments(0)TrackBack(0) テレビ  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
スポンサーリンク
ブログランキング