2006年03月24日

乙葉ちゃんの座右の銘

きょうの作文構成ゲームは、乙葉(おとは)ちゃんの座右の銘(ざゆうのめい)と、イソップの「ウサギとカメ」の話をもとに、「むずかしい・やさしい」を考えてみようね。
座右の銘は、たいせつにしている言葉(ことば)のことだよ。
 「乙葉ちゃんて?」

パソコンにでているこの人だよ。
 「しってる」

NHKテレビで、乙葉ちゃんが座右の銘を3つあげていたよ。
・でる杭(くい)は打(う)たれる (めだたないようにする)
・行雲流水 (こううんりゅうすい:しぜんにする)
不言実行 (ふげんじっこう:いわないでする)

 「いわないでするって?」

ほかの人には言(い)わないで、だまってする、ということだよ。
では、言うの反対(はんたい)は?
 「言わない」

するの反対は?
 「しない」

言う・言わない、する・しない、から4つの文ができるよ。乙葉ちゃんと、ウサギとカメが話したことも書くね。
1.言って、する。(カメ)
2.言って、しない。(ウサギ) 
3.言わないで、する。(乙葉ちゃん)
4.言わないで、しない。

ウサギ2

ユウなら、どれがいい?たとえば、マラソンで1番になる、と言う?
 「1番になるといって、1番になるのがいい」

4はどう?
 「だめ。なにもしないから」

では、言う・言わない、でむずかしいほうに○をつけて。
 「言う ○」

言う・する、でむずかしいほうに◎をつけて。
 「する ◎」

まとめると、つぎのようになるよ。
1.言って、する。    ○◎
2.言って、しない。   ○ 
3.言わないで、する。  ◎
4.言わないで、しない。

1から4で、できると1番うれしいのはどれ?
 「1」

ほかの人に言って、それができると、すごくうれしいよね。
 「うん」

では、宿題をだしておわろうね。

宿題:
2には、ウサギのように「言ったけれど、しなかった」と、オリンピック選手(せんしゅ)のように、「言って、がんばったけれど、メダルがとれなかった(できなかった)」があります。
自分(じぶん)なら、つぎのどれをえらびますか?
 言って、かならずする。
 言って、するが、できないこともある。
 言って、しない。  
 言わないで、する。
 言わないで、しない。

参考 → 

 聡明(そうめい)な乙葉ちゃんの座右の銘をとりあげたのは、私が社会人になったころと同じ考えだったからです。できるだけ目だたず、むりせず、ひそかに不言実行していました。
 ところが、仕事が楽しくなり任(まか)されるようになると、言ってする有言実行型(ゆうげんじっこうがた)になっていきました。
 言うことによって、可能性(かのうせい)があれば難(むずか)しいことでも、いつかは実現(じつげん)できます。自分へのはげましになり、ほかの人が応援(おうえん)してくれるからです。

 イソップの「ウサギとカメ」は、つぎのような反対の関係(かんけい)になっています。
  (ウサギ)  (カメ)
  速い←――→遅い       はやい、おそい
油断の休息←→不断の努力   ゆだん、きゅうそく、
   ↓       ↓        ふだん、どりょく
  敗者←――→勝者       はいしゃ、しょうしゃ
有言不行←―→有言実行     ゆうげんふこう、ゆうげんじっこう

参考文献(さんこうぶんけん)
河野与一編訳:イソップのお話,岩波少年文庫,2000.




 ページの先頭へ

sakubun_game│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔