2006年04月14日

腹が・腕が・顔が立つ

今日の作文構成ゲームは、問いを「立てる」のときに見つけた「腹が立つ」の意味を考えてみよう。
問いを立てる」の「立てる」を別のことばでいうと?
 「作ると、出す」

そう、問いを作ったり出したりすることだったね。
これから、腹と腕と顔にもつく「立つ」のうち、「腹が立つ」を調べてみよう。
腹が立つは、辞書になんて書いてある?
 「おこって、がまんできなくなる」

つぎは「腹」を調べてみよう。ここに「気持ち」とあるよ。
 「腹は心のこと?」

そう、気持ちや心を「腹」であらわしている。
だから、腹が立つは、気持ちが立つから、気持ちがいら立つ。
 「いらだつ、て?」

いらいらが起きる、ということだよ。
 「いらいらする?」

そうだよ。「いらいらする」の「いら」を辞書で調べてごらん。
 「草木のトゲ、魚の背びれのトゲ」

「いら」の漢字は 苛 と 刺 だね。
ではこれから、「いら」のつく生き物をさがしてみよう。

9b9c4968.jpg

この山菜(さんさい)の図鑑に、イラクサがのっている。お父さんが子供のころは、カイカイグサとよんでいたよ。葉の先にトゲがあって、刺(さ)されると、かゆくて、いたくて、たいへんだった。
 「ポチポチができるの?」

そう。でも、ゆでるとトゲがやわらかくなって、食べるとおいしいよ。
 「とるとき、さされないの?」

刺されないように手袋をするよ。
こんどは、魚の図鑑でアイゴを見て。背中と腹にトゲがならんでいるよね。
 「これでさされるとどうなるの?」

毒(どく)があって、泣くほどいたい、と書いてあるね。お父さんは刺されたはことないけど。
 「メバルは?」

メバルやカサゴにはときどき刺されるよ。1時間くらい手がチクチクするよ。
それでは、パソコンでチャドクガを見てみよう。イラガもでているよね。
 「これ学校の近くで見たことがある」

毛虫の毛に刺されると、かゆくて、かゆくて、1週間はイライラしてたいへんだよ。
 「わかった」

今日は「腹が立つ」から、トゲのあるイラクサやアイゴやイラガがでてきたね。
それでは宿題をだして終わろう。

宿題:調べた結果を構成にするので、作文にしてね。

問い:「腹が立つ」とは?
答え(構成):腹が立つは、がまんできないほど、いらいらする気持ちになること
腹が立つは、いらいらしたり、いら立つこと
腹は気持ちのこと
「いらいらする」は苛苛すると書く
「いら」はトゲで、苛・刺と書く
トゲのある生き物に刺されると、イライラする
 イラクサに刺されると、ポチポチができ、いたくて、かゆい
 イラガの仲間のチャドクガに刺されると、がまんできないほどかゆくて1週間はいらいらする





作文例:
 腹が立つ
 腹が立つとは、がまんできないほどいらいらする気持ちになることだ。腹が立つは、いらいらしたり、いら立つことで、腹は気持ちをあらわす。「いらいらする」は苛苛すると書き、「いら」はトゲのことで苛・刺と書く。
 トゲのある生き物に刺されると、イライラする。たとえば、イラクサに刺されると、ポチポチができ、いたくて、かゆい。イラガの仲間のチャドクガに刺されると、がまんできないほどかゆく、1週間はいらいらする。

参考文献
1.山口昭彦:野外ハンドブック・1 山菜,山と渓谷社.
2.ダイワ精工:ダイワカラー釣魚全集.


 ページの先頭へ

sakubun_game│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔