2006年06月16日

作文でなにを書くか

 今日の作文構成ゲームは、「作文の問題を解決する」であがっていた問題4を考えてみましょう。

 4.作文で、なにを書いていいかわからない。


 なにを書くかは、課題はなにか(先生はなにを書いてほしいと言っているのか)、を確認することからはじめます。たとえばユウは2年生のときに、学校でイモほりの作文を書きました。そのとき、先生から言われたことは ― 「2年生全員で遠い所に行ったときに、楽しかったことを作文に書いてほしい」でした。

 課題から書く枠(わく)がきまります。枠は、ボクシングでいうとリングのようなものです。ボクシングはリングの中でします。作文もリングという枠の中で書きます。この場合は、「2年生全員で行った遠い所」になります。

 枠がわかったなら、枠の中でなにを書くか、課題をたしかめます。枠の中にあるもの ― それは「楽しかったこと」ですね。

 「楽しかったこと」を思い出します。遠足でイモほりに行った、水族館に行った、博物館に行った・・・。

 どれを書くかを選ぶために、「楽しかったこと」を別のことばにしてみましょう。
 ふしぎだったこと
 へーと思ったこと
 なるほどと思ったこと
 すごいと思ったこと
 これはいいと思ったこと
 わくわくしたこと
    :

 枠の中から、読む人にとって新しいことや役に立ちそうなものを選びましょう。テレビ番組「トレビアの泉」が楽しいのは、新しいことや役に立ちそうなことがあるからです。このようにして、たとえば「イモほり」を作文に選ぶことができます。

枠の中 新しいこと 役に立つこと
イモほり
水族館 ×
博物館




 ページの先頭へ

sakubun_game│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔