2007年01月24日

できごとを書く その2

 きょうの作文構成(さくぶんこうせい)ゲームは、「山(やま)のぼり」の作文をみなおそうね。

 トモちゃん、このまえ書(か)いた文(ぶん)は、ぜんぶおわりに「た」がついているよ。
  いった。 あった。 あった。 あるいた。 あった。 あった。 おりた。 つらかった。


  山のぼり
             とも
  おしょうがつに、おとうさんと
 ゆうくんと三人で、山をのぼりに
 いった
  クマのかんばんがあった。木が
 たくさんあった。さかをあるいた
 たんこぶのような木があった。か
 いだんをあがると、すわるところ
 があった
  みんなでごはんをたべて、おり
 。さむくて、つらかった


 「た」がついている文は、むかしのことをあらわしているよ。「た」をなおして、いまおきているように書いてみようね。
 いった → いく
 あった → ある
 あるいた → あるく
 おりた → おりる
 つらかった → つらい

 それでは作文をなおしてみようね。「た」がなくなったよ。


  山のぼり
             とも
  おしょうがつに、おとうさんと
 ゆうくんと三人で、山をのぼりに
 いく
  クマのかんばんがある。木が
 たくさんある。さかをあるく
 たんこぶのような木がある。か
 いだんをあがると、すわるところ
 がある
  みんなでごはんをたべて、おり
 。さむくて、つらい


 「ある」が四つの文でつかわれているので、べつのいいかたにしてみようね。
  かんばんがある。
  木がたくさんある。 → 木がたくさんはえている。
  木がある。 → 木をみつける。
  すわるところがある。


  山のぼり
             とも
  おしょうがつに、おとうさんと
 ゆうくんと三人で、山をのぼりに
 いく。
  クマのかんばんがある。木がた
 くさんはえている。さかをあるく。
 たんこぶのような木をみつける。
 かいだんをあがると、すわるとこ
 ろがある。
  みんなでごはんをたべて、おり
 る。さむくて、つらい。


漢字(かんじ):
作文(さくぶん)、構成(こうせい)、三人(さんにん)、山(やま)、木(き)、書(か)く、文(ぶん)

   大山


 ページの先頭へ

sakubun_game│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔