2007年02月13日

段落(できごと)

 どこかに行(い)ったことを段落(だんらく)にまとめ、作文を書いてみましょう。

 どこかに行ったことを時間順(じかんじゅん)にならべると、行き、とちゅう、かえり、になります。つぎの作文は、々圓の段落、△箸舛紊Δ涼瞥遏↓かえりの段落からできています。















  山のぼり
             とも
  おしょうがつに、おとうさんと
 ゆうくんと三人で、山のぼりにい
 く。はれているが、風がつよい。
  クマのかんばんがある。木がた
 くさんはえている坂をのぼる。な
 んだろう。たんこぶのような木が
 ある。かいだんをあがると、すわ
 るところが見つかる。
  そこで、ごはんをたべて、山を
 おりる。さむくて、つらい。


 つぎの作文も、々圓、△箸舛紊Α↓かえりの段落からできています。














  サイクリング
             とも
  日ようびに、おとうさんとサイ
 クリングにいった。
  川にそったみちにじてんしゃの
 えがあった。そのみちをじてんし
 ゃではしった。イヌをおいこした。
 川のそばにアオサギがいた。よそ
 みをしてたら、さくにぶつかった。
  かえりに、ウシがいるところで
 ソフトクリームをたべた。とおく
 までいけてよかった。


 なにかをしたことを作文にするときも、時間順はおなじです。,覆砲をはじめたころの段落 、△靴討い襪箸舛紊Δ涼瞥遏 なにかをしたあとの段落 で作文をくみたてることができます。→ 作文例(れい)

 行ったこと、したことは、つぎの質問(しつもん)にこたえて作文を書くことができます。
・いつ、どこで、どんなことをしましたか?
・なにを見(み)たり聞(き)いたりしましたか?
・どのように思(おも)いましたか? それはなぜですか?



 ページの先頭へ

sakubun_game│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔