2007年05月18日

足あと

 見つけたことを作文に書いてみましょう。

 ユウ、こんなことがあったとか、こんなことを見つけたとか、ない?
 
学校の帰りに、ネコの足あとを見つけた。

 どこで?
 道のわきにあるコンクリートのうえで。

 どろでよごれた足あと?
 そうじゃなくて、足のかたちがのこっていたの。

 かわいていないコンクリートの上を歩いたんだ。でも、どうしてネコだとわかるの?
 このぐらいの大きさの足あとが、四つか五つあった。
 まるくて、指のあとがあったから。

 どうして、ネコはそんなところを歩いたんだろう?。
 コンクリートがやわらかいことを、しらなかったから。

 注意(ちゅうい)のかんばんがあっても、人は読めるけど、ネコは読めないしね。
 うん。あさ、こうじの人がおどろいたかも。

 そうだね。
 
 ユウは、ネコの足あとについて作文を書きました。



    足あと
                 ゆう
   学校から帰るとちゅう、コンクリートの
  上の足あとを見つけた。コンクリートは道
  のわきにあり、四つか五つ歩いたあとがあ
  る。足が一センチくらいめりこみ、まるく
  て指のあとがついている。
   足の大きさから、ネコらしい。コンクリ
  ートがかわく前に、その上を歩いたみたい
  だ。こうじの人は、きっとおどろいたにち
  がいない。
   人の足あとがなかったので、「コンクリ
  ートちゅうい」と書いてあったのかもしれ
  ない。ちゅういのかんばんがあっても、ネ
  コにはよめない。じめんだと思って歩いた
  のだろう。足がうまって、きっとおどろい
  たにちがいない。
   ネコの足あとは、いまでものこっている。




 ページの先頭へ

sakubun_game│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔