2007年08月24日

ひらがなだけの作文は?

 漢字をまぜて作文を書きましょう。ひらがなだけだと、読みにくいからです。つぎの文を見てください〔1〕。
 そこへかぐやひめがあらわれました。ひめはかがやくばかりのうつくしさです。

 この文は、きれ目がわかりにくく、読みにくいですね。

 空白(くうはく)を入れて分(わ)けて書く「分かち書き」にすると、読みやすくなります。しかし、作文ではほとんど使われません。
 そこへ かぐやひめが あらわれました。ひめは かがやくばかりの うつくしさです。

 空白を入れるところは、「ね」をつけて読めるところです。
 そこへかぐやひめがあらわれました。ひめはかがやくばかりのうつくしさです。

 「ね」を「/」におきかえ、「/」のまとまりで漢字を書いてみましょう。
 そこへ/かぐや姫が/現われました。姫は/輝くばかりの/美しさです。

 漢字があるので、はやく読めますね。この例はテン(、)があると、さらに読みやすくなります。つぎの文を、ひらがなだけの文とくらべてみてください。
 そこへ、かぐや姫が現われました。姫は輝くばかりの美しさです。


参考文献
1.平田昭吾: かぐやひめ、ブティック社 (分かち書きをつめています)




 ページの先頭へ

sakubun_game│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔