2007年10月03日

「もし…なら」で作文

雨がふると、遠足(えんそく)はありません。このようなとき、「もし雨なら、遠足はない」と書けます。これから、「もし…なら」「もし…だったら」をつかって文をつくってみましょう。

トモちゃん、「もし雨なら、遠足はない」のように、「もし…」の文を五つ書いてね。
むずかしい。

それでは、「もしわたしが…なら」にしてみよう。
もしわたしがチーターだったら、足がもっとはやくなるだろう。

よくできたね。そのちょうし。
もしわたしがチョウなら、そらをとべる。
もし雨がふったなら、うんどうかいはちゅうしになる。
         :

トモちゃんは五つの文を書き、作文にしました。










     もしも
             とも
   「もし」をつかって、五つの文
  をつくった。
   もしわたしがチーターだったら、
  足がもっとはやくなるだろう。
   もしわたしがチョウなら、そら
  をとべる。
   もし雨がふったなら、うんどう
  かいはちゅうしになる。
   もしすきなところへいけるなら、
  モンゴルにいきたい。
   もしイヌがかえるなら、耳が大
  きいパピヨンがいい。

 

漢字(かんじ)
 五(いつ)つ、文(ぶん)、雨(あめ)、足(あし)、耳(みみ)、大(おお)きい。




 ページの先頭へ

sakubun_game│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔