2008年05月03日

木の上のレッサーパンダ2

 レッサーパンダの「キンタ」のことが、新聞(しんぶん)にのっていました。前回の、いつ、どこで、だれが… をつなげると、キンタのようすがわかります。

(キンタのようす)
 春のてんきがいい日、よこはまの「のげやまどうぶつえん」で、レッサーパンダのキンタ(メス)は、木にのぼってひるねをする。エサをたべたあと、体をえだにあずけるようにして、手足をだらんとしてウトウトしている。

   レッサーパンダのキンタ

トモちゃん、キンタについて気がついたことや、ふしぎなことは?
キンタはメスなのに男の名まえがついていること。
キンタが木の上でひるねをすること。

メスなのに男の名まえがついているのは、なぜだろう?
木のぼりがすき、とおもわれたから。

赤ちゃんのとき、木のぼりできる?
そうだ……。
赤ちゃんのとき、男とおもわれていた。

そうかもしれない。ジャイアントパンダの赤ちゃんはものすごく小さいから、レッサーパンダもそうかもしれないね。だから、オス(男)とまちがえられたかも。
小学生のとき、お父さんの友だちは「花子」という大きなシェパードをかっていた。でも、その犬はオスだった。「小さかったので、メスとまちがえた」と、友だちが言っていたよ。

では、キンタが木の上でひるねするのは、なぜだろう?
木がすきだから。
エサをたべたあと、ゆっくりできるから。
気もちよさそうだから。

なぜ、気もちよさそうなのだろう?
下がよく見えるし、クマなんかにおそわれないから。

なるほど、あんしんできそうだね。クマも、キンタとおなじかっこうでねるよ。上野動物園のパンダも、おなじかこうでねるのを見たよ。

    山でクマに会う方法 ←クリックすると大きくなります。


参考文献(さんこうぶんけん)
1.読売新聞 2008年4月13日朝刊 「ねむ〜いの のげやま動物園」より(低学年むけに、表現の一部を変えています) (写真: http://www.yomiuri.co.jp/photo/20080413-1998406-1-L.jpg
2.米田(まいた)一彦: 山でクマに会う方法、山と渓谷社
3.自然観察ニュース 「レッサーパンダはクマ?





 ページの先頭へ

sakubun_game│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔