2008年06月16日

こ・そ・あ・ど

 文をみじかくしてみましょう。このために、こ・そ・あ・どを使(つか)うことができます。

 こ・そ・あ・どは、つぎのような指(さ)し示(しめ)すことばです。
  この その あの どの
  これ それ あれ どれ

 たとえば、「それ」を使って文を分(わ)けることができます。
 つくえの上に、小学校でつかう国語の教科書がある。

 つくえの上に本がある。それは、小学校でつかう国語の教科書だ。

 「それ」は本を指(さ)してします。もっとわかりやすくするには、「その本」とします。
 つくえの上に本がある。その本は、小学校でつかう国語の教科書だ。

練習(れんしゅう)
指(さ)すことばがわかるように、____にことばを入れてください。
1. 「うり二つ」ということわざは、顔(かお)や体がよくにていることをいう。

 「うり二つ」。______は、顔や体がよくにていることをいう。

2. アヤメの里(さと)という公園では、六月になると色とりどりにアヤメの花がさく。

 アヤメの里(さと)というところがある。______では、6月になると色とりどりにアヤメの花がさく。

こたえ










こたえ
1. このことわざ
2. その公園 (「この公園」とすると、みじかに感じます)





 ページの先頭へ

sakubun_game│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔