2009年04月28日

疑問の解き方2

 黄色に「色」がつくのはなぜでしょう。ここでは、考えることによって答えを見つけましょう。

 ほかの色はどうでしょうか?
  赤  もも色  だいだい色  黄色  茶色
  青  水色  緑  黄緑
  むらさき  黒  白  灰色  金色

 色がつくものと、色がつかなくてもよいものを分けてみましょう。

色がつく 色がつかない
もも色 だいだい色
黄色 茶色 水色 
灰色 金色
赤 青 緑 黄緑
むらさき 黒 白 

 色がつくものから、色をとってみましょう。もも、だいだい、茶、水、灰、金は、色とちがうものになってしまいます。黄色の「き」は、木とまちがえそうです。 ・・・(1)

 いっぽう、赤、青、緑、黄緑、むらさき、黒、白は、それだけで色と分かります。 ・・・(2)

 (1)と(2)から、「色だと分かるようにするため」のようですね。

 問い: 黄色に「色」がつくのはなぜだろう?
 答え: 色だと分かるようにするため。
 理由: 黄(き)だけでは聞きにくく、木とまちがえるかもしれない。
      色をつけて、ほかのものと区別(くべつ)する。
        もも、だいだい、黄(き)、茶、水、灰、金
      色がうかべば、色をつけなくてもいい。
        赤、青、緑、黄緑、むらさき、黒、白
(考え方)
1 少ない例(れい)で答えが見つからないときは、例をふやしてみる。
2 多くの例から「いえること」を見つける。
3 「いえること」が当たっているか確(たし)かめる。





 ページの先頭へ

sakubun_game│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔