2009年10月22日

ことわざ (21〜40)

  ことわざ >

21 (とら)の尾(お)を踏(ふ) ひじょうに危(あぶ)ないことをする。
22 住めば都(みやこ) 住んでしまうと、そこが一番よいと思われること。
23 ぬかにくぎ ききめがないこと。
24 けがの功名(こうみょう) なにげなくやったことや失敗(しっぱい)が、思いがけずよい結果(けっか)になること。
25 天は二物(にぶつ)を与(あた)えず 長所(ちょうしょ)をいくつも持つ人はいない。
26 一念(いちねん)岩をも通す 自分を信じて行えば、むずかしいことでもできる。
27 三人寄(よ)れば文殊(もんじゅ)の知恵(ちえ) ふつうの人でも三人集まると、よい知恵がでること。
28 得手(えて)に帆(ほ)を揚(あ)げる 得意(とくい)なことを生かすチャンスにはり切る。
29 百聞(ひゃくぶん)は一見(いっけん)にしかず 何度も話を聞くより、実際に見るほうがよく分かる。
30 思い立ったが吉日(きちじつ) 何かをしようと思ったら、すぐ始めよう。
31 旅は道連(づ)れ世(よ)は情(なさ) 旅は、いっしょに行く人がいると心強い。世の中をわたるには思いやりが大切だ。
32 (えん)の下の力持ち 見えないところで、ほかの人のために努力する人。
33 (はら)も身(み)の内(うち) 腹は体の一部なので、食べすぎや飲みすぎに気をつけよう。
34 (おに)に金棒(かなぼう) 強いものに力が加わり、さらに強くなること。
35 盗人(ぬすびと)の昼寝(ひるね) どろぼうが夜にそなえて昼寝するように、何をするにも理由がある。
36 (なさ)けは人のためならず 人に親切にすると、やがて自分に返(かえ)ってくる。
37 後足(あとあし)で砂(すな)をかける (おん)のある人を裏(うら)切ったり、去るときにめいわくをかけること。
38 待てば海路(かいろ)の日和(ひより)あり 待っていると、海のおだやかな日がやってくる。
39 犬猿(けんえん)の仲(なか) 仲のわるいたとえ。
40 (せ)いてはことを仕損(しそん)ずる いそぐと、かえって失敗(しっぱい)する。

 読売新聞に連載された「ポケモンといっしょにおぼえよう! ことわざ大百科」のことわざです。





 ページの先頭へ

sakubun_game│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔