2009年11月26日

ことわざ (121〜140)

  ことわざ >

121 月夜にちょうちん 役に立たず、いらないこと。
122 (な)くて七癖(ななくせ) だれでも、いくつかは癖があること。
123 (す)てる神あれば拾(ひろ)う神あり 世の中には、見捨てる人もいれば、助けてくれる人もいる。
124 石の上にも三年 つらさをがまんして努力していると、やがては成功する。
125 玉磨(みが)かざれば光りなし 努力しなければ、自分の才能を生かすことはできない。
126 過ぎたるは及(およ)ばざるが如(ごと) 程度(ていど)が過ぎるのは、足りないのと同じようによくない。
127 (ごう)に入っては郷に従(したが) その土地の習慣(しゅうかん)に従おう。
128 センダンは双葉(ふたば)より芳(かんば) りっぱな人は子供のときからすぐれている。
129 明日(あした)は明日の風が吹く 先のことは心配してもはじまらない。
130 (よ)らば大樹(たいじゅ)の陰(かげ) (たよ)るなら、力があってしっかりしている人のほうがよい。
131 (るい)は友を呼ぶ 気の合った者や似た者どうしが集まること。
132 暑さ寒さも彼岸(ひがん)まで 夏の暑さや冬の寒さは、9月・3月の中ごろからやわらぐ。
133 灯火(とうか)(した)しむべし すずしく夜が長い秋は、明かりの下で本を読もう。
134 光陰(こういん)矢のごとし 月日のたつのは早い。
135 (ふる)きを温(たず)ねて新しきを知る 昔の事例(じれい)から新しい知識(ちしき)を得ること。
136 失敗(しっぱい)は成功(せいこう)のもと 失敗の原因(げんいん)を考え、改(あらた)めることで、次の成功につながる。
137 (あさ)い川も深(ふか)く渡(わた) ちょっとしたことでも気をつけて行おう。
138 笑う門(かど)には福(ふく)(きた) 明るくにこにこしている家には、幸福(こうふく)がおとずれる。
139 窮鼠(きゅうそ)(ねこ)をかむ 弱いものでも追いつめられると反撃(はんげき)する。鼠:ねずみ。
140 両手(りょうて)に花 二つのよいものを同時に手に入れること。

 読売新聞に連載された「ポケモンといっしょにおぼえよう! ことわざ大百科」のことわざです。





 ページの先頭へ

sakubun_game│Comments(0)clip!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔