2009年12月21日

見直しで作文を良くする

 作文の各段階で見直しをしましょう。問いを立てたとき、答えを見つけたとき、答えを構成したとき、文章で表現したときに内容を確かめます。

問い
見直し
答え
見直し
構成
見直し
表現
見直し
良い作文へ

 たとえば、「料理の説明」という作文のテーマがあたえられたとします。
1.問いの見直し
 「カレーライスを作るには?」という問いを立てました。同じ作るなら、「おいしいカレーを作るには?」とすることもできます。「おいしい」を加え、ごはんを除いていますね。
 「材料は?」「方法は?」のほかに、「気をつけることは?」なども付け加えることができます。

2.答えの見直し
〆猯舛蚤りないものはないですか。例:かくし味の砂糖。
∧法は、料理の順になっていますか。
おいしく作るコツはありますか。例:火を消してからルーを入れる。

3.構成の見直し
 「材料→方法→気をつけること」を、時間順にならべることができます。
 「材料を用意する→料理する」とし、「気をつけること」を、用意と料理の中で説明することもできます。

4.表現の見直し
 読んで分かりにくいところ、表現や字のまちがい、原稿用紙の使い方などを確かめます。

 それぞれの段階で見直すのは、大きなまちがいをしないようにするためです。作文を書いてから、書き直すのはたいへんですね。





 ページの先頭へ

sakubun_game│Comments(0)clip!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔