2010年01月09日

本の読み方

 数えきれないほど本があります。かぎられた時間の中で、多くの本を読むにはどうすればよいでしょう。

 同じ本をくり返して読むことがあります。もし、読書を一期一会(いちごいちえ:一度だけ出会うこと)と考えると、読むのは1回なので、その分ほかの本が読めます。

 1回だけ読む方法をいろいろ試した結果、赤のサインペンでそのページに線や気がついたことを書き入れ、表紙の裏にページと内容を書くようにしています(写真)。

   本の活用

 赤のサインペンを使うと、次の方法よりも内容をすぐ見ることができます。
・ページを折る。
・ふせん紙をはる。
・フェルトペンで色をつける。
・ボールペンで、表紙の裏にページと内容を書く。

 書き込みをすると、よごれるので本を大切にしないように思うかもしれません。リサイクルもむずかしくなります。でも、自分に役立ててこそ、大切に使うことではないでしょうか。




 ページの先頭へ

sakubun_game│Comments(0)clip!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔