2010年02月02日

5・7・5で北海道

 北海道から沖縄までの都道府県を、5・7・5の句にしてみましょう。

 やりかたは、はじめに都道府県の特徴(とくちょう)を調べます。つぎに、その特徴を5字・7字・5字で表します。都道府県名はどちらかの5字にふくめます。

 それでは、北海道の5・7・5を作ってみましょう。特徴は、ほかの県よりも面積が大きく、魚のエイの形をしていることです。

     北海道

 そこで、つぎの句ができます。

  でっかいぞ エイの形の 北海道@@

 「北海道 エイの形で でっかいぞ」とすると、濁音(だくおん)の「で」が続いて重たくなります。

(参考)
 5・7・5の句には、俳句(はいく)、川柳(せんりゅう)、標語(ひょうご)があります。つぎの例を見てください。
 俳句: 荒海や 佐渡に横たふ 天の川 (芭蕉ばしょう
 川柳: アバターの 利益飛び出る 映画界 (よみうり時事川柳)
 標語: 運転は 命がけより 心がけ (交通安全)

 俳句には季節を表すことば(季語きご)を入れます。「天の川」は秋の季語です。
 川柳は、世の中のことをおかしく、または、きびしく表したものです。例では、アバターが飛び出す立体映画(3D)は、もうけも飛び出る、と言っています。
 標語は、行動の目標などを表したものです。例では、むりな運転より、安全な運転を心がけようと呼びかけています。




 ページの先頭へ

sakubun_game│Comments(0)clip!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔