2010年02月13日

5・7・5で青森県

 青森県を5・7・5の句にしてみましょう。

 インターネットで青森県を調べてみました。りんごの生産が全国一で、ねぶた祭りが有名であると書かれています。

 青森県は東北地方の北部に位置する本州最北端にの県である。県庁所在地は青森市。県の人口は1,381,946人(2009年11月1日現在)で、総人口の約1%を占め、県面積は6094K屬如国土の約2.5%を占める。県内の市町村数は40で、うち市は10、郡は8、22の町と8の村がある。県人口の52%は青森市、八戸市、弘前市に居住する。 (略)

 世界遺産白神山地を有し、景勝地十和田湖をはじめ八甲田山、岩木山、下北半島の仏ヵ浦などの自然環境が数多く残されている。青森県の中央部には奥羽山脈が縦走し、西側の津軽地方と東側が南部地方(三八地方・上北地方・下北地方)ではそれぞれ異なる歴史や気候、文化、風土をもつ。

 青森県は全国有数の農業産出県であり、食料自給率はカロリーベースで118%である[1]。主要な出荷品目はりんご、ナガイモ、にんにくが全国一の生産量である。漁業においても全国有数の水揚高を誇る八戸港があり、サバ、イカが国内一の水揚げがあり全国に出荷されている。 (略)

 祭りはねぶたまつり、弘前ねぷたまつり、八戸三社大祭などが有名である。県内では縄文時代の遺跡が数多く出土し、三内丸山遺跡(青森市)や二ツ森貝塚、是川遺跡(八戸市)などで住居や土器及び土偶が各地で発見されている。
(出典: フリー百科事典「ウィキペディア」 青森県)

 さらに、岩木山(いわきさん)を調べると、青森県の最高峰と説明されています。

 岩木山(いわきさん)は青森県弘前市および西津軽郡鰺ヶ沢町に位置する標高1,625mの安山岩(SiO2 56〜64%)からなる成層火山(コニーデ型)。円錐形の山容から津軽富士とも呼ばれる。津軽平野のどこからでも見ることができる独立峰で青森県の最高峰。山頂部は、岩木山・鳥海山・厳鬼山(岩鬼山)の3つの峰で形成されている。
岩木山 春のりんご畑と岩木山
(出典: フリー百科事典「ウィキペディア」 岩木山)

 青森は「緑の森」のことです。りんごやねぶた、岩木山に特徴があります。そこで、次の句ができます。

  青森の リンゴにネブタ 岩木山@@

 みなさんも、その県のことを調べて5・7・5で表してみましょう。




 ページの先頭へ

sakubun_game│Comments(0)clip!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔