ヒカリさんのハンター生活

エンジョイ勢のモンハンに関するプレイ日記等です。

双剣新マイセット紹介

 みなさーん、狩ってますかー!Switch版は買いますかー!というわけで、おはようございます。

 いやー、びっくりしましたね。思った以上に盛り上がりました(自分のまわりでは)。
 これまで、自分なりに“見た目装備っぽいもの”を色々と考えてきたけど、それらが…いや、それ以上に大好きなキリンXR(特に頭)が「高解像度で」ってだけで個人的には買う価値ありです。とはいえ、もう少し先なのでどうなるかわかりません。モンハン飽きてたり、気が変わったり、平穏無事に過ごせているかどうかもわからないので「絶対買うぞ!」って宣言はしないことにします。

 今思えば、ミーバースのスクショ機能がなくなったのもこのためだった…?って勘ぐったり(Switchよく知らないけど、モニタとかに出力すればスクショ簡単に撮れそうだし)。


 さて、タイトルに関係ない話が長くなりました。いつものように「マイセット登録したメモがてらの記事」なので、おすすめできるものではありません。ちゃちゃっといきます。



DA349BZUwAEi4XR
DA4RsP9U0AAic75
【双剣】

お守り:龍の護石(回避距離+5 水属性攻撃+13)
装飾品:流水珠【1】×2 達人珠【2】×2 達人珠【1】
スキル:水属性攻撃強化+2 斬れ味レベル+2 見切り+2 業物

 炭鉱ブラキを「ミツネ双剣で遊んでみよう」という思いつきから。欲を言えばきりがない(連撃や属性攻撃欲しいとか)けど、斬れ味+2と業物両立できたのでおk。ってか、噂のテンプレなら造作もないのだけど、すぐには作れないから…(震え声)
 お守りを別の○属性攻撃強化に変えるだけで色んな属性の武器が使えるのがポイント。※【スロなし双剣】に上書き。


DA349FOUAAAxYqa

 こちらがデフォルト。お守りは痛撃4達人8。弱点攻撃すれば会心率は90%(100いかないのが私クオリティ)。ネット等頼るものがない場所で考えたらこんなもんです。





続きを読む

G級エリアル装備(ただのネセト)

 今回は矛砕戦で使用した「エリアルネセト」装備を紹介します。本当はこんな一式装備、記事にするつもりはなかったのですが…。気まぐれで十四代目に護石錬金依頼したら【エリアル大剣】(上位装備)が消えてしまいまして。「これも何かの縁」という事で、上書き登録。メモがてら更新します。




IMG_20170523_1200368erinesemtm
IMG_20170523_1200046erineseste
【エリアル】

お守り:龍の護石(痛撃+4 匠+4 スロ2)
装飾品:飛燕珠【1】×4 匠珠【1】 匠珠【3】 会心珠【3】 会心珠【1】×3
スキル:斬れ味レベル+2 スキル加点+2 弱点特効 超会心 飛燕 護石系統倍加

 言うまでもないですが、見た目はキリンXR一式です。色は記念に「矛砕」にしただけで、このまま登録したわけではありません(ってどうでもいいな…)。

 本家の「見切り+1」を「飛燕」に変えただけの簡易的なもの。それでも、これで矛砕超特殊までクリアできましたからね。
 この構成だと武器スロ不要なので、他のハンマーや武器種でも代用可能ではないかと。もちろん、全ての武器種にふさわしいとは思いません(集中とかないし)。とはいえ、個人で遊ぶ分には何も問題ないと思っています。

【超特殊許可】矛砕ダイミョウザザミ 初クリア

 みなさーん狩ってますかー!超特ってますかー!乙ってますかー!それでもめげずに楽しんでますかー!というわけでこんにちは。私は空元気です。

 いやーしんどいです(^^;; タイトル通りなのだけど、記念すべき二つ名制覇5種類目、矛砕に挑んできました。矛砕といえば、紫毒姫同様、個人的には思い入れのあるモンス(特に防具が)。クロスの時にこんな記事を書いたりもしました。
 別に今日行こうと決めていたわけではないけれど、前回が鎧裂だったので、同じ「カニつながり」ということで。
 …「一番楽そうだから」では決してない。そんな超特殊許可、きっとひとつもないです(戒め)。現に、超特殊許可で気力体力使い果たし、しばらく横になっていました。すぐにブログを書く気にはなれませんでした。とはいえ、忘れないうちにね。
 いつも以上に前置きが長くなりました。いつものように個人の日記というかメモですが、良かったらお付き合いください。





☆矛砕狩猟依頼G1、10分針

 
こちらは今月頭に挑戦。詳細は覚えていません。クロスからの続投組だし、それなりに金冠目当てでもやったから、危なげなかったと思います。
 今更ですが、クロスの時に二つ名はオトモありソロ制覇しています(プチ自慢)。




☆矛砕狩猟依頼G2、10分針

 
例によってここから直近のプレイ。慣れた旧砂漠での二頭クエ。装備は【ネセト】の見切りを飛燕に変更してエリアルスタイル。装飾品付け替えたりが面倒だったので、結局最後までこの装備で。

 当時の自分のつぶやき(ある意味メモ)を振り返りながら記事にしているのだけど、ここまで「矛砕装備kawaii」とかして言ってない。反省。




☆矛砕狩猟依頼G3、1乙20分針

 犬ことジンオウガとの二頭クエ@孤島。ネセトの雷耐性マイナスが気になりつつも、変えるのが面倒(以下略)。
 メインのヤドカリはあっさり10針で討伐も、対オウガに関しては不慣れなエリアル。懸念通り、エリア3の細いところ(メラルーがたむろってるとこ)で戦ってたらピヨリから1乙。詰めの甘さを露呈。通常時は頭背中ボコボコにできたけど、超帯電時は空振りばかり。結局、最後は捕獲。




☆矛砕狩猟依頼G4、5分針

 ギルド「1乙でもしたらダメだかんね!」
 ヒカリ「カニなんかで乙るわけないんだよなぁ」

 と言いつつ、しっかり報酬金保険はかけて。不慣れな砂漠ではじめ探し回ったけど、それでも何とか5分針(捕獲)。3スタンとれたし、「ダウン怯みループハメ」っぽい時もあって快適でした。




☆矛砕狩猟依頼G5、1乙15分針

IMG_20170523_0159411hokokudakig5

 ここまでの二つ名4種の経験から、おそらく最難関だと思っていたG5。なんと、昨日まで戯れていた鎧裂との二頭クエ。と言いながら、正直ツイッターのTLでギザミが登場することは何となく知っていました。
 二つ名に限らず、基本前情報は入れない人間(初見の驚きを大切にしたいから)なので、3頭連続じゃない事に驚きはありました。実際、「いきなり同時かもしれない」と、BCから降りた瞬間にけむり玉使いましたしね(はじめは鎧裂単体で、時間経過or鎧裂への一定ダメで矛砕登場だと思う)。

 エリアルでの対鎧裂は初めてだったけど、恐れていたようなピンチにはならず、乙ったのもオトモが矛砕にバレてわちゃわちゃしてから(その時にはすでに鎧裂は弱ってた)。もしかしたら、鎧裂の特殊許可もエリアルで行けばよかった…?とはいえ、攻撃力の補正とか違うでしょうから、一概には言えません。

 1乙してしまった分、チキンプレイ(時々モドったり)にもなりましたが、15分針で難なくクリア。こんなやさしいのG5じゃない!という物足りなさ(?)は超特殊でちゃんと補えることに。

IMG_20170523_0200487yoroizakissk
 鎧裂ショウグンギザミの最小金冠獲得

 他の人のG5でも出てるみたいだし、もしかしたら確定かもしれません。最大金は鎧裂の超特殊で出たので、これで金冠のために連戦する必要もない(モンハン末期患者感)。


 少し話は逸れますが、全部終わったあとに答え合わせのつもりで他の人の結果とか見てみる。鎧裂の時に自分の半分くらいのタイムでクリアしてる人を見て「自分なんかやっぱ大したことないんだなぁ、まだまだだなぁ」なんて思わされたんだけど、今回はその逆で。その人の半分くらいのタイムでクリアしてる自分がいて。元々「鎧裂は楽。超特殊の入門編」とか聞いていたけど、個人的には苦戦して。
 当たり前なんだけど、人によって、使う武器やスタイルによってこうも(快適さや難易度が)変わるんだなーと。本当、モンハンっておもしろいです。奥深いです。




☆【超特殊許可】矛砕狩猟依頼、2乙30分針

IMG_20170523_0330329chotokuhkkdk
IMG_20170523_0331441hokokudakict

 これまでの順調な道のりが嘘のようにきつく、苦しい戦いでした。初戦はあっさり(10針くらいまでは粘ったと思う)3乙失敗。
 リベンジ戦は特に何も変えず(慰め程度に回復オトモ×1)大事にプレイすることだけを意識。それでも2乙。一瞬の油断、判断ミスが命取り。まさに命を、心を削る戦いでした(大げさ)。ここまでが比較的楽だった分、そのギャップにも苦しめられました。結局、いつものようにギリギリの戦い。やっぱり、楽な超特殊なんかない(確信)。防具はネセトだし、最終強化できてない腰脚を鑑みても(最大に)20足りないだけ。正直、体感的にはこれまでのどの二つ名よりもきつかった。ジャスト回避のないエリアルだったし(狩技は臨戦)。
 2乙目からフィールドに戻った時に、矛砕は脚を引きずっていましたが、こちらももうただの回復薬しかなく(がぶ飲みしてる暇はない)まさにやるかやられるかの終盤でした。いつもと違う体勢でプレイしていたせいか、心臓がバクバク言うのがはっきり聞こえました。本当、集中して勝てて良かった。もしここで力尽きていたら、精神的ダメージは計り知れない。しばらく時間があいたことでしょう。



 というわけで、何とか無事に二つ名制覇節目の5種類目。とはいえ、これで特に何か変わるわけでもなく(王冠の種類とか)まだ5種類目なんですよね。これからもっともっときびしくなっていくでしょうが、苦痛にならない程度に楽しんでいきます。まだまだ先は長いぞー。

【超特殊許可】鎧裂ショウグンギザミ 初クリア

 みなさーん、狩ってますかー。超特ってますかー、というわけでおはようございます。どうも、ぼっちハンターです。「ソロ勢」と言えば聞こえは良いけど、単純に狩友がいないだけですからね。
 …はい。話が脱線しそうなのでさっさと本題に触れましょう。それでは新曲を聴いてください。ショウグンギザミで『鎧裂』(いつもの個人日記です)。





☆鎧裂狩猟依頼G1、1乙15分針

 今からもう1ヶ月以上前の初陣。「単なる水ブシャーのギザミじゃん」という油断から、その水ブシャーにより2乙(報酬金保険で記録上は1乙)。「虹がきれい」という現実逃避は当時の記憶。
 ちなみに「よろいさき」って呼んでたけど「よろいざき」が正式みたいですね。変換の功罪。




☆鎧裂狩猟依頼G2、2乙15分針

 ここから直近のプレイ。安定の【ミラバル業物】スタイルブシドー。

 沼地での二頭クエ。G1初挑戦から時間もあいたし、ほぼ初見。1頭目は難なく沈めるも、行動パターンが明らかに変わった(気のせいかも)2頭目で2乙。回避のタイミングがわからず、水ブシャー食らいまくる。2乙目は殻ガチガチの時に懐にいたら、わけもわからないままBCへ。




☆鎧裂狩猟依頼G3、2乙20分針

DAYFRfmU0AApFii
 銀冠獲得


 獰猛ホロロとのセット@遺群嶺。まさかホロロに落とされる日が来るとは…(新モーションの翼叩きつけで)。ただでさえ鎧裂に慣れていないのに、ホロロ如き(超失礼)に追い込まれる。2乙目は二頭が合流した時にわちゃわちゃして(こやしたつもりがペイントだったパターン)。
 不慣れなモンスがここまで厄介とは…。コンスタントに乙を重ねる。結局、この苦難は最後まで続くことに。オトモの落とし穴にハマる鎧裂。落とし穴効くの?って。結局、大技の正体はここでもわからず。「掴めない」まま進んでいく。




☆鎧裂狩猟依頼G4、10分針

 もうおなじみの1乙したら失敗クエ@火山。安全策で報酬金保険、を発動した気がするけど、乙ることはなかった(あるある)。
 ここでようやく大技の正体判明。ディノのみたいな回転攻撃だった。離れていればジャスト回避は難しくない。捕獲でクリア。




☆鎧裂狩猟依頼G5、1乙40分針

IMG_20170522_0735147yoroizaki5

 もうおなじみの最難関G5。溶岩島での連続3頭。グラビ、ディノ、ヨロイザキ。比較的楽だったG4からいきなりハードル上がった気がした。
 初戦、30分針かけて何とかディノまで討伐も、鎧裂の大技の前に散る。けむり玉失敗で合流時に1乙。この時点でもう体力最大値上げるアイテムなかった。2乙目はディノ単体。グラビ討伐に20分針かかった時点で、集中力は切れかけていたのかもしれない。

 気持ちを切り替えてリベンジ。防御力UP(50程度)に期待して、スキル的にはほぼ変わらない【ネセト】(見た目はキリンXR)に変更。結局、超特殊までこれで行くことに。それでモチベも回復したのか、10針でグラビ、20針でディノ討伐という(初戦に比べたら)順調すぎる展開に。けむり玉は失敗したけど、閃光玉で足止め作戦がうまくいった。
 そして、メインの鎧裂。支給品にもモドリ玉があるから、ピンチになったり研ぎたい時は活用。いわゆるチキンプレイ。それでも、モドリ玉と応急薬を間違って1乙という凡ミス。
 鎧裂G5クリアにより勲章獲得。達成度91%に。




☆【超特殊許可】鎧裂狩猟依頼、1乙30分針

IMG_20170522_0924159chotokuyozkikn
IMG_20170522_0925317tokushuyzki

 初回は3乙失敗。被ダメが大きく、不慣れなモンスだから回避もなかなかうまくいかない。それでも、リベンジ戦はもう少し意識して、集中して。これ以上の防具は今はないから何も変えないという選択。頼るべきは己のメンタルのみ。とはいえ、いつものように緊張感は最高潮。「わかってきている」はずの大技(防御ダウンあるのね)で1乙。多少チキンプレイになる場面はありつつも、攻撃しないと終わらないから隙を見つけてはスタンプ叩き込む。ホームランも頭に何度か当てれた。スタンとっての渾身のスピメテ。それでも倒れない。でも、もう負けたくない…。最後まで「動きは掴めた」とは言えないけれど、クリアに変わりはない。

 ここまで紫毒姫、隻眼、白疾風と、クロスからの続投モンスばかりだったから、新モーションはあるとはいえ、立て続けに落とされることもなかった。ここまでの危うさは正直なかった。亜種的な二つ名とはいえ、不慣れな新モンスだと苦戦必至という良い例。良い経験。


 銀冠→金冠への上書き。やはりこの辺は確定っぽい。それよりも、二回目の挑戦でクリアできて本当に良かった。他の人の結果なんかを見ると、やっぱり自分はエンジョイ勢なんだなぁと実感(自分の半分のタイムでクリアしてたり)させられる。それでも、自分が楽しむことを第一に、これからもがんばっていきます。

曙光槌を使ってみよう装備

 無事に白疾風超特殊までクリアできたので、クロスの時に愛用した払暁槌を究極強化、曙光槌【廻風】(読み方はおそらく「しょこうつい かいふう」)へ。簡易的ですが、それ用の装備を組んでみました。



IMG_20170521_2129257shokotuchisrmtm
IMG_20170521_2128102shokotcisrste
【曙光槌】

お守り:天の護石(散弾強化+4 会心強化+5 スロ2)
装飾品:痛撃珠【1】×2 回避珠【1】 短縮珠【1】×4 会心珠【1】×3
スキル:弱点特効 超会心 集中 回避性能+1

 「集中」からもわかる通り、今まで全く使ってこなかったストライカースタイルを採用。

 素で紫の長い白疾風武器なので、匠に縛られず、この防具構成でも必須火力スキルは積めました。武器スロのない二つ名武器の利点「狩技ゲージが溜まりやすくなる」を意識+インパクトプルスIIIをようやく修得(怒ジョーの討伐)できたので、巷で噂の「ストライカーハンマーを使ってみよう」にうまくマッチした感じ。
 見た目は手元にあるもので何とかしようとしたら、結局セイラーメインのセミ装備になりました。ちなみにベース防具は頭:シルソルZ、脚:レウスXRです。


IMG_20170521_2150360roaru
 G1ロアルで試し斬り、の様子


 不慣れなストライカーで回転攻撃連発したりしましたが、(ソロだと)他スタイルでもスタンプメインだったりするので、威力が最も高いストライカーは特にソロ向きな印象。絶対回避【臨戦】、インパクトプルスIII、スピニングメテオIII。狩技三つ装備できるのも新鮮だし、今まで使ってこなかったから狩技ゲージの溜まりやすさを実感。虎の子のスピニングメテオ(ゲージ量:大)ですら、惜しげもなく出せる程。本当、良い気分転換になりそうです。

 単純に火力や性能だけならミラバルカンルインやバアラトゲバルが上でしょうし、話題にもならない白疾風槌だけど、個人的には思い入れもあるので(「光」って文字も入っているし)、時々は使っていこうかなと思っています。※【エリハン】に上書き。


 以下、おまけのボツ(ネタ)装備。
続きを読む
アーカイブ
livedoor プロフィール
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ