November 18, 2007

カラオケ

超久々の更新(^^;)
先日、とある女の子とカラオケに行ったときのこと。催眠を絡めてなかなか楽しかったので、その様子を忘れないうちに書いてみたいと思う。

部屋に入るやいなや彼女から
「酔わせて!」
のリクエスト。そこでアルコールではなくソフトドリンクをオーダーする。彼女はアルコールそのものは弱いのだが、「催眠アルコール」で酔うのは大好き!後で体調が悪くならないそうだ。(そりゃ当たり前さ。ソフトドリンクを飲んでるんだもん(笑))
ドリンクがきたので早速暗示をいれるボク。
「乾杯すると、大好きなカシスソーダになるよ!」
たったこれだけで、お酒に味が変わってしまう彼女はsuper被験者。
「乾杯!」
「カチーン!」
「どう?美味しいでしょ?」
と自信たっぷりにたずねるボク。
「おいしーーーーーーーい!」
バッチリ成功(^^)v (まぁ、いつもどおりなのだが・・・)
みるみるうちに彼女が「とろーん」とした表情になってくる。
「飲めば飲むほどテンションが上がってきて、歌いたくてしょうがなくなるよ。」
あっという間にグラスを空け、彼女はご機嫌に歌い出ししばらく独演会となった。

しばらくすると歌い疲れたのか
「ねぇ、ミスチル歌ってよ!」
とボクに振ってきた。
「えっ!」
「マジ!」
ボクはカラオケが大の苦手(>_<)。なるべくカラオケのあるところへ近寄らないようにしてる(笑)。しかし、速攻で「抱きしめたい」をinputされてしまった。おっとその前に今度は深化法を使って彼女を深い深い催眠状態にした後に暗示を入れる。
「これから歌う人は本物のミスチルより何倍も歌がうまいよ。」
「しかもあなたのためだけに歌います。」
「それを聞いたあなたは今までで一番感動します。」
「そして涙が止まらなくなってしまいます。」
歌が始まった。相変わらずヘタクソなボク。隣を見てみると彼女は感動した様子で今にも泣き出しそうだ。1番が終わり間奏に入ると、覚めないようにと暗示を叩き込む。
「ボクの歌があなたの胸にドンドン響いてきます。」
「もう涙は止まらない。」
2番が始まった。しばらくすると彼女ボロ泣き。ハンカチで涙を抑えてる。
「やったぁー。」
「大成功!!」
嬉しいの半分、歌い終わってほっとしたの半分といったところ。
彼女曰く
「歌聞いて泣いたの生まれて初めて!」
催眠を使わずに泣かせてみたいものである。(しかし、一生無理。)

LAST1曲を彼女が歌うことになった。そこで「指パッチン」で彼女を落とし
「あなたは世界一の歌姫です。」
「みんながあなたの歌を聞いてますよ。」
「さぁ、自信を持って歌いましょう。」
堂々と脇目も振らず歌いだした。なんだかさっきより上手くなってるみたい。彼女も歌が苦手らしいのだがそうは全然思えない。そして歌い終わって彼女が言った。
「なんかみんなが私の歌を聞いてるの。」
「私、歌そのものは自信あったんで後は感情込めるだけって思って一生懸命歌ったわ!」
あぁ楽しかった。また行こう!

後で彼女に言われた。
「結構上手かったよ!」
まだ、催眠が解けてなかったか。でも真面目に練習しておきます(笑)

sakujun66 at 05:10|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

June 19, 2006

引分けかぁ〜( ̄〜 ̄)

術の掛かりが中途半端だったか??
セレソン達には再度掛け直しておこう(^_^)

sakujun66 at 00:15|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

June 15, 2006

ある歴史小説を読んで

明治時代の話だったと思うが主人公は海外留学して海軍の戦術を学びにいった。
そこで、先生にこんなことを言われた。
「海軍の勉強をするだけでは不十分である。」
「陸軍や騎兵や砲兵の勉強もすべきである。」
「古今東西あらゆる本を読むべきである。」
そして、主人公をそれを実践したわけであるが、これは催眠について同じである。
催眠という閉じた世界だけでなくもう少し外を見てみればskill upのためのいろいろなヒントが転がっているはずである。
木を見て森を見ずの状況は避けようと思う。

sakujun66 at 00:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

June 13, 2006

負けたぜ(>_<)

クロアチアとブラジルの監督と選手全員に術を掛けておこう!

sakujun66 at 00:13|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

June 08, 2006

暗示文

「これさえ覚えればあなたは必ず催眠術ができるようになる!」
催眠本によく書いてあるやつを丸暗記して実践に適用すれば本当にできるようになるのか?
ボクはできる訳ないと思っている。大事なのはその行間を読むことだと考える。暗示文を書いた作者が何を被験者に伝えたいのかをよく吟味し、それを自分の言葉にカスタマイズしないと相手に伝わらないだろう。
ボク本やネットやDVDで暗示文を見たり聞いたりするのだが、さっらと感覚的なところだけ掴むようにしてそのエッセンスを自分の中に取り入れるようにしている。

sakujun66 at 00:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

May 14, 2006

幻覚3

被験性がすごく高い嬢でも好きな芸能人が見えないときがある。
それはこんなケース。
「5つ数えると、あなたの大好きな人が目の前に現れます。」
「5,4,3,2,1」
「ボク誰?」
自信たっぷりに聞くと、
「変わってな〜い」
おかしいなぁ〜と思ってると
「その人の顔、はっきりと憶えてないんだよねぇ〜。」
う〜ん、それじゃ幻覚見えないよ!
以降は必ず顔がイメージできることを確認している。

sakujun66 at 00:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

May 13, 2006

幻覚2

前回も書いたが好きな芸能人に逢うのが一発で決まらないときがある。

こういうときはボクにはめずらしくじっくりとやるときもある。
,泙此¬椶鬚弔屬辰討發蕕辰リラックスしてもらう。
逢いたい芸能人たっぷりとイメージさせる。
 「数を10数えるとその大好き芸能人イメージがはっきりと脳裏に浮かんできます。」
 「1,2,3・・・・・10」
という感じ。
イメージが十分に出来たのを確認して逢いたい気持ちをどんどん高めていく
 「今度数を10数えるとその人に逢いたくてしょうがなくなります。」
 「1,2,3・・・・・10」
 体をかるく揺すってやって逢いたい気持ちを煽ると効果があるみたいである。

sakujun66 at 00:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

May 11, 2006

幻覚

キャバで術やるときは幻覚を見せることをひとつの目標にしている。
super被験者はすぐ好きな芸能人が見えたりするのだが、そうでないときは順を追ってやる必要がある。

いきなりボクを別人に変えるということは難しいみたいである。なので、対象物を小さいものにすると暗示が入る可能性が高くなる。
あと、相手が望んでいるものは見えやすくなるのでそれが何かを聞き出すことが重要となる。
例えば、
名刺→100万円(お金はみんな大好きである)
ボトル→子犬(ペットブームなので動物好きの嬢は多い)
などなどである。

sakujun66 at 00:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

May 09, 2006

評論家

面白い嬢だった。
彼女は被験性もまずまずだったのが、何が面白いってボクの暗示1つ1つに対してコメントをいれてくる。しかもそのコメントがなかなか的を射てたりするのである。
エレベータ深化法やると、
「すーっとほんとに落ちてくイメージができた。」
好き好きやると
「大好きで大好きでたまらなくなった。」
その他いろいろやってると
「お客さんの言葉は私の心にすーっと響いてくるから反応してしまう。」
最後に悩み相談まがいもやったが、
「きっと優秀な催眠療法士になれるよ!私の気持ちを引出すのがうまいから。」
ハハッ(^^;)。どうもありがとう。
指名しようと思ったけど、お金もなかったのでやめといた。

sakujun66 at 00:00|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

May 07, 2006

かかるのを望んでいる人

「催眠術!やってやって!」
こういってくれる人はホントありがたいし、やり易い。
自ら望んでいるので催眠に対する抵抗がまったくない。暗示がなんでも入るし、こちらも楽しい。

pointとしては常に催眠を熱望してもらうように思い込んでいただくこと。
さりげなくそのように仕向けていきたい。

sakujun66 at 00:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)
Profile
桜井殉
催眠術が趣味の変わった人。
催眠スクールで学びキャバクラで復習する日々を送っている。
今まで催眠について頭や心の中にいろいろとinputしてきたのでこのBlogでそれらをoutputする。

「桜井殉」は本名ではない・・・
「桜井」はキャバクラでよく「ミスチルのボーカルに似てる」といわれるので(営業talkとわかってはいるんだけど(笑))
「殉」はfirst-nameの先頭2文字を適当に変換

表示してる画像はウルトラマンの怪獣について結構詳しいのと(年齢がバレル(^^;))、前に勤めてた会社で「ダダ」にそっくりな人がいてそれが強烈な印象で残っているから。