D' s Basement supplement

キノコ・植物・博物館
このところ通常の更新はTwitterまたはFacebookから、となっています。このBlogはまとまったものを検索可能な形で置いておきたい、という場合のために運用を続けています。 日常を表現しているツイッターはアーカイブ http://twilog.org/sakumad2003/ をご確認ください

2004年09月

いながらにしてキノコ観察その2

今日持ち込みがあったキノコはオオワライタケ。
毒キノコだ。同定のためにちょっと味を見たがやはり苦い。その他、スミレホコリタケ(八尾の、近所の公園にあったそうだ)、マンネンタケなどなど。
先日は河内長野でとれたカバイロコナテングタケ、オオコゲチャイグチ等を拝見した。ハタケキノコなども多い。
この季節、キノコの同定依頼は増える。梅雨から夏もキノコは多いのだが、この時期はやはり意識がキノコに向いてるからだろうか。
博物館で分かる範囲は同定させて頂くが、、私が不在だと、預かりで返事は後日になる。申し訳ないので、できれば電話でいることを確認してから来てもらった方がいいように思う。

キノコ展

ことしも関西菌類談話会のキノコ展が京都府立植物園で開催される。毎年数千人の来場者がある、キノコ会でも指折りのビッグイベントだ。わたしも10/3の午後は会場にいる予定だ。
詳しくは
http://www.geocities.co.jp/NatureLand/2111/kinokoten.htmlを参照してほしい

スミレホコリタケ

ノウタケ型のキノコでよく分からないと言われるキクメタケClavatia caelata (Bull.) Morg.とスミレホコリタケ Clavatia cyathiformis (Bosc.) Morg.。しばしばweb上でも両者を混同しているものが見られる。
両方とも表面に多角形の模様があるが、簡単な見分け方はちょっと熟した時の色。スミレホコリタケがその名の通り胞子が紫色になり、断面も黒紫色になるのに対し、キクメタケの方はノウタケ同様黄色みを帯びやがて茶色になる、という点だ。
顕微鏡で胞子を見ても大分違う。スミレホコリタケの方がトゲトゲなのに対し、キクメタケの方が少し小さくて平滑だ。スミレホコリタケ(長居植物園産)続きを読む

いながらにしてキノコ観察

昨日は台風のため博物館はお昼過ぎで閉館。それでも朝からキノコの質問がいくつか。一つは和歌山の雑木林で採集したというクロハツ。当たり傷になった所は真っ黒に変色していました。一枚のひだがかなり分厚い、質のもろいキノコです。赤く変色するニセクロハツと間違えないように。これからの季節、この手の肉質でお椀型に反り返るキノコにはヤグラタケなんかもよく見かけます。もう一つはカレバキツネタケでした。
長居公園には、パラパラとオオシロカラカサタケが出続け、持ち込みでは先週からヤナギマツタケが毎日のように来ています。日曜にはノウタケによく似たキクメタケも市内の持ち込みでありました。
博物館にいるとこんな町中のキノコ情報は自然と集まります。ああこれもまとめねば。
そう言えば先日は堆肥屋さんからの相談もありました。ツブカラカサタケとハタケキノコ。有機物があればキノコやカビが生えるのは自然のことわり。それでもキノコのクレームは多いのだそうな。大変だなあ。
キクメタケ(大阪市東住吉区産)

夏の終わりの標本同定会

先日の標本同定会はたくさんのご来場ありがとうございました。
今年の同定会から、いくつかの工夫をしてみました。一つは情報センターから入れるようにして、来館者の目に着きやすくしたこと。見学に来ていた人もいたようですね。もう一つ、植物とキノコは標本の作り方を展示とプリントにしてみました。夏休みにやってみた、で終わりでなく、向上していってほしいので。来年はもっと前からあおらないといかんですな。

さてキノコはどうだったかといえば、今年は例年になく大量の「乾燥標本」が持ち込まれたのです!!。
いや、これは、実に大変な事なのです。
アマチュアでもめったにきちんとつくる人のいないキノコの乾燥標本。なぜなら、手間がかかり、見栄えがせず、保存も厄介だから(虫がつきやすい、カビやすい、臭う)。それを小学生が親の助けはあるにせよつくっちゃうのはすごい、とおもう。この日は上田先生と二人で500点くらいは同定したように思います。正直しんどかった。

おしむらくは、生のときの観察、デジカメ撮影が甘いこと。これはなんか手引きをつくらねば。

オニフスベ

昨日、YTVから取材があった。
オニフスベだ。
持ってきたのは直径30cm強の個体。なかなか立派だ。
(昨年は菌学会で大きなオニフスベコンテストやってたけど今年は?)
博物館のMLでもオニフスベの食味が盛り上がっていたところ。
タイムリー!とか思ってたんだけどロシアの学校の惨劇でとんじゃったのかなあ。
放送は確認してません。
大阪市立自然史博物館







このサイトへのコメントはtwitterであるいはFacebookで。
Archives
Access since 2004/Nov/20
大阪市立自然史博物館FaceBook
Google
Google

WWW を検索 blog内 を検索
[PR]

RSS

「きのこのヒミツを知るために」ネットショップにて好評販売継続中!
  • ライブドアブログ