February 2007

February 24, 2007

がるでんはお休み中

ルッコラの花を食べるの・・・。庭も母がいてくれたときに、思いっきり更地にして、もらったチューリップの球根をありったけ埋めた。
なので事実上庭は何もない・・・。何もないけど、あるのがルッコラ。
ほったらかしたままだったせいか、恐ろしいほどの成長を遂げ、ついに花が今になって咲いてます。(^_^;)

で、先日買った「やさい畑」を見ていると食べられる花にナスタチウムに続いて、ルッコラの名がありまして、これはと思って食べてみました。


・・・・・・葉っぱと同じ味がしたでがんす。(昨日、鬼の爪見たのです)

これ見たら、買っちゃう。

文鳥・夢十夜
最近なかなか小説が読めない。友人が薦めてくれた本も、東京タワーもバロン西も頓挫中。
そんな中、書店で表紙に文鳥が載ってる小説を見つけた。作者はあの夏目漱石。1000円札の人である。しかも文鳥はおよそ20Pぐらいの短編で、これなら読めるかなと・・・購入。(出したのは野口英世先生)

最後は胃潰瘍で亡くなる位の繊細な心の持ち主だから、さぞ文鳥を大事に育てて、肩に乗せたりなんかして、さえずる文鳥の声を聞きながら執筆したりなんかして・・・となんとも優雅な思いをはせて読んで見た・・・が、しかし。

先生は最初はまじめに餌や水遣りをと世話をしてやっていたものの、だんだんずぼらな性格が出てきてしまい、家の者が世話をしたり(子供が育てるといった犬を母が散歩する羽目に陥るパターンと同じ)自分がしたりするうちに、とうとう餌をやり忘れて文鳥がお星様になるという想像していた結果とは逆のお話でした。(涙)
同じ過ちを犯した私としては先生もずぼらな所(ごめんなさい)があったんですね。とちょっと納得。

ただやはり文豪とあって文学で難しい所はあるけども、文鳥の描写はとてもよく書かれてます。(この後の夢十夜はもっと短いのに深い内容です。)
短編なら何とか読めそうデス。


February 21, 2007

シュトラウスからスタート

久しぶりにシュトラウス3ヶ月近く休んでいた花のレッスンを再開。
久しぶりだから、難しいテーマは嫌だな〜と思っていたから、花束よと聞かされて少し安堵。

花材も春らしく、マーガレットやラナンキュロスなどがあって、癒されました。馬もそうだけど、花やってて・・・というか本当に趣味があって良かった。
(ヘコムトキモアルケドネ笑)

sakumoku at 10:55|PermalinkComments(2)TrackBack(0)││花はなな日 

February 19, 2007

体験農園更新しました。(農園日記その458)

今年も期待したいこの豊作ぶり2月18日。
体験農園の更新手続きに行って、無事完了。
3月下旬から始まります。(^^)

それに向けて(というほどではないけど)カメラを買うかどうか悩み中。

sakumoku at 11:22|PermalinkComments(2)TrackBack(0)││野菜な日 

February 18, 2007

革って・・・革って硬い。(泣)

革は初めは硬い乗馬を再開したとほぼ同時に、去年注文していたフルオーダーの革長靴が出来上がって、お値段もそこそこするのでこれで簡単に「馬乗りたくないよ〜泣」なんていえなくなりました。(^_^;)試練です。

この革長靴を履いた事で新たな私の癖がわかったのでそれはそれで○?
しかし革はまだ硬く、なじむまでに少し時間がかかりそうです。

たかさん昨日乗せてもらった、たかさん。(写真は夏撮影)

February 15, 2007

野菜救出大作戦(農園日記その457)

ほったらかしの畑私が実家に帰っている間、ちょくちょく相方が野菜を収穫してはあちこちにおすそ分けしたけども、10坪の畑の収穫量は半端ではなくて1月の終わりはまだこの有様。
おまけにほうれん草と人参とルッコラは全く収穫されてなかった(-_-;)

2月12日の返納日にこの野菜を全てとらねば・・・と、実家から母がやってきた頃を見計らって、最低でもこの半分は野菜をとるぞと野菜救出大作戦。

ある者は収穫、ある者は残菜処理、ある者は綺麗にしたりと、いい天気の日曜日の昼下がり、これだけ野菜に没頭する3人はきっと私達ぐらいだ(^_^;)

夢実現去年はブロッコリーの花を見てみたいなあ〜とかわいい発言をしていた私。
このほったらかしの畑が実現させてくれました。

いや〜かわいい(T∇T)(会いたくて会いたくないような複雑なキモチ)

きっとこれを見た他の区画の人達は、びっくりしたに違いない(笑)
記念に一房持って帰って家に飾っていましたが、何日かして花が落ちまくる理由で母に捨てられた・・・。どうやら飾るには難しいよう。(^_^;)

聖護院 メロン級何にも手につけてなかった聖護院大根6個も恐ろしいほどの成長を遂げてくれたようで、メロン・・・いやメロン以上にでかい聖護院を手にすることに・・・。
先生や他の区画の人からすごいね〜とほめてくれたけど、メロン級4つ。
どう食べれば・・・・・・。(後に3個はおすそ分けになり一件落着)

相撲は出来ない今期はブロッコリーの生長も良かったようで、私の腕ぐらいの太さの茎が出現。
慌しかった去年だったけども野菜はじっくりじっくり成長していたようです。

相方天地返しの術2月11日。
全部の野菜を収穫。
(必要かどうかわからないけど)一年のお礼をこめて天地返し。

ゆっくり休んでねすっかり野菜がなくなった農園。
12日以降、先生が農園全体に堆肥をまいて耕して、3月下旬の来期スタートに向けてしばらく休耕。

ちなみに来期の募集は2月1日から始まっていて「大地のめぐみ」は15区画の募集だそうです。その他の東村山市の体験農園の募集は東村山市のHPに詳細が書かれてます。

sakumoku at 15:53|PermalinkComments(6)TrackBack(0)││野菜な日 

February 09, 2007

そろそろ動こう

日は昇るだいぶ落ち着きました。残ってるものはまだあるけれど。 畑も馬も花もようやく再開できました(^^)

父が亡くなって母は、ぽんぽんと父の物を捨てている。(^_^;)、娘としては早いんでないの?と思うけど、母曰く物事の全てがどうでも良くなったそうだ。 その事を母は知人に話したらば、「一番大事なものをなくしたから、周りはどうでも良くなったんじゃないの?」といわれたそうな。

私も東京に戻ってきてだいぶ落ち着いた頃、知り合いの娘さんが交通事故にあわれて顔にすごい怪我を負った話を聞いた。もうすぐ卒業という最中の出来事で知り合いは動転はしたものの命に別状がなくなった時に、小さいことにぐだぐだとこだわるのはやめようと、命あってこそと痛感したそうです。

結果的にそれぞれの道が定められたけど、考えついた先は意外と似てる。

私は2人のようにまだまだそこまで強くなく弱っちいけれど、少しずつその先を知ってみたい。

めいママさん、ちゃちゃまるさん、リラさん、たけ47さん、まるちゃんさん、ごめりさん。そしてメールではkumiさん、本当に本当に暖かいコメントありがとうございました。 お顔をご存知の方、そうでない方からのコメントで勇気付けられた事もブログをやっていたからだと感じつつ、ブログ3年目のスタートをきってみようと思います。

sakumoku at 12:46|PermalinkComments(6)TrackBack(0)││今日一日