November 2009

November 30, 2009

まだ先が見えない

寒いっす。29日、相方と仙台へ。これから新居が見つかるまでは、仕方ないけど相方には寮に入ってもらわないといけない。
行った先の寮では、もうサザンカが咲いていて、街並みは銀杏が黄色く葉が散り始めてて、どっかで紅葉を逃してる感じ。

仙台の夜はやっぱり東京に比べると寒い。

笑ってはくれるけど寮に荷物を置いて、そこそこ部屋探し。
櫻井くんは笑ってくれてるけど、こっちの心情としてはなかなかいい物件が見つからない。ある条件がどうしてもネックになって来る。

夕方近くまで6軒見て回ったけど、これと言った感触はなく解答ゼロ。

せめてもの救いは、担当してくれているエイブルのKさんが、一生懸命こちらのムリな条件の中探して下さっている事。

本当にごめんなさい。

sakumoku at 23:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)││今日一日 

November 29, 2009

決心。

この先へ仙台に行きます。

一緒に行く事に決めました。

後押ししてくれた方、励ましてくれた方、こんなちっぽけな悩みに親身になって聞いてくれた方のおかげです。

でもボクの心を決定付けたのは、他でもない父でした。

届く先へ父は、突然の死によってこの世を去りましたが、その時、その場に一緒にいた母だけが「胸が苦しい・・・」とその父の一言を聞いて亡くなりました。ボクら子供すら聞けなかった父の最後の言葉。3年も経つと、さすがに父の声がどんな声だったか覚えていても聞けません。

そんな時、父が40代の頃仲人をさせていただいたご夫婦の方が結婚式の時のビデオ(当事で考えれば超貴重)をDVDにして母にくれたそうなんですが、その中に父の生きた声がありました。

久しぶりに聞く父の声を聞いて泣いてしまいました。

天より先へもし、2人別々に暮らして何かあった時、彼のもしくはボクの最後の声を誰が聞いてあげられるんだと考えた時、私は離れてはいけないと感じました。

ボクのワガママで単身でも構わないよと言ってくれた相方。ありがとう。

でもね。コレはきっと10年目を迎えようとしている僕らの何かターニングポイントなのかもしれない。そうじゃないかもしれない。
だけどもボクらはきっと一緒じゃないと駄目なんだ。きっとね。

花咲く場所へあっでも妥協はしないっすよ。(笑)

馬はやめる理由はうちらにないけど、マンドリンもやめないし、花もやめない。もちろんピーターさんのイベントもいきます。海外も許可いただきました。(笑)
ただ海外はお金のご予算もあるので内容次第っちゅう事で。(^_^;)
あきらめなきゃいけない部分も多いけど、前向きに行きたいと思います。
あとボクは環境に慣れるのに時間がかかるから、それは許して。

いろいろ進路でごめいわくおかけしました。

ボクは仙台に行きます。

sakumoku at 00:00|PermalinkComments(6)TrackBack(0)││今日一日 

November 27, 2009

それはある日のこと。

やばいっす。でかいっす。ぴた友F姐姐から「もしかしてこの彼好き?(画像のピーターさんね)」とメールをもらったので、ロンゲでめちゃ好みですよ。と返したら、「じゃあ、ポスターあげるよ」
ヽ(゚∇゚(゚∇゚(゚∇゚o(゚∇゚)o゚∇゚)゚∇゚)゚∇゚)ノ ええええええ〜。

なんて優しい天使のお言葉が!!もちろん速攻いただきました。(笑)
FCで販売されてるそうなんですが、超でかいっす。やばいっす。

でも部屋に貼ったら、相方に目覚めて最初に見るのがピーターっってどうよと言われたので、泣く泣く戻してまして、ただ今、ぴた部屋を真面目に検討中。(^_^;)
好きなんだよね〜。このバンクシアを持った写真が。(ポイントはバンクシアですよ。)

もう主役は誰でもいいや。そうそう 「非常完美:邦題:ソフィーの復讐」の第2弾特典付き前売り券が12月5日から発売されます。
なんかクリアファイルでして、とってつけた様なピーターさんとのツーショットなんですよ。それも片面のみ。だったら、隣の画像の方がまだいいじゃんか!と感じたので前売り券は見送ります。(-_-)(爆←ファンか本当に?)

この際主役が誰?とかももう抜きにします。大きな画面で見れたらそれだけでいいです。
はい。(。・ω・)ノ゙

あっ。劇場が7館になりました。東北に1館作ろうよおお

菜っ葉類(農園日記その902)

春菊さん行くかどうかは置いといても(笑)、畑はどんなに頑張ってもヒトリじゃ出来ないので、園主さんに電話して、12月いっぱいで畑を整理する事を告げました。そこで一気に収穫作戦のはじまり。

レタスさんさすがに食べきれないので、今日はバイト先に持っていって皆で分けてもらいました。

ちんげんさんなんか、結構人気ですぐ即売。(笑)

特に今年は菜っ葉類が高いんだって。
温室のせいかな?ガソリンも上がってるしね。えっと言う事は灯油も値上がってってるって言う事?どうすんの?うちら。冬〜!!!!!

sakumoku at 22:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)││野菜な日 

この格好で来たらそれはそれで楽しい・・・かも?

やっぱかっこいいから何でもいい。ピーターさんが一応まだ予定ですが、2月に来日するそうです。まだ確定じゃないけど(そりゃあ忙しいもんね。)

それよりちょっとさすがにDVDの行方の方が心配してきた。
だって場合によっては、ボクいないよ?(笑)

November 26, 2009

悲しくないよ。またここで

もらえる幸せ結果がもらえるのはとてもうれしい事です。だからまた頑張れる。

乗れる幸せここにある限り、ここに馬がいる限り、ここに仲間がいる限り、どんなに違う所で乗ってもまた頑張れる。

またまっくんや、どりさんやあびさんと大会に出たい。

夜じゃないよ。まだ夕方なの(笑)。100cmに挑戦

ボクは習い事を始めてもどちらかと言うと、スローな伸び率だと自分では思っていて、障害飛越に関しても100cmはある意味「壁」でした。

大体みんなさくさくっと飛べちゃうんですけどね。100cmまでは飛び始めると。
ボクの場合はクラブが変わってばっかりでもうぐちゃぐちゃな訳ですよ。だからある意味このクラブで100cm(とはいえ今回は2個の障害だけなんだけどね(^_^;))を飛べることは一つのポイントと見ていたんです。

特に前回は落馬で棄権してるし、転勤やらでこの大会でしばらくここでのエントリーをするのは難しいかもしれないから、80〜100cmの小障害は、あびさんと絶対一緒にゴールしたかった。

で、その結果↓↓↓(笑)



8番障害で破壊魔と化したあびさんでしたが、これは完璧な騎乗者のミスです。ちゃんと障害みてあげなかったから。

でも相方の飛べるかな。それじゃ飛べないよとかささやきが映像でもれてますが((笑))、ちゃんと飛んで帰ってこれました〜。ヾ( ~▽~)ツ

減点4だったけど、初めてにしては上出来でしょ?(超自己満足)
最後100cmのオクサーってマジすごいんですけど、でも全然高さ感じなかったです。飛んでるときは。(観覧席でみると高く感じてたんですけどね)

すごく楽しかった。ものすごく楽しかった。あびさんとまた飛びたい。気持ちはただそれだけ。

それはまるで魔法のかかったような

さて、本番はこれからなわけで(笑)、まずは前回3反抗失権食らったどりさんと、60〜80cmの低障害へ。



とにかく前回の結果が結果だけに、とりあえずゴールを切る事を目標にしていたのですが、乗り方は危なっかしいし、でも意外と人間ってそんなに簡単に落ちない訳で、おまけに速歩でも飛べちゃった訳でなんとか無事にノーミスで帰ってこれました。こんなぐちゃぐちゃ振りな障害でしたが、ギリギリタイムが間に合って6位に入賞させていただきました。感謝です。

ドリさんはボクが乗る前の前の人がサイドサドル(うちらは貴婦人鞍という、いわゆる人間の両足が片方にしか置けない鞍。)という鞍でクロスバーを飛んだのですが、とてもきれいな乗り姿で、ドリさんをエスコートして帰ってきたのです。

その魔法が残ったままなのかドリさんがいつものように左に寄れなく、とても気持ちいい感覚でした。Kさんまた魔法をかけてください!!




逆に勝負をかけたあびさん(帰ってこれると信じてるから(笑))とは前半は良かったんだけど、段々後半からあびさんを上手く誘導できなくて減速しちゃって、飛ぶは飛ぶけど、タイム的には賞には及びませんでした。

障害ははっきり言ってタイム種目だと運です。もちろん無事に帰ってこれることが第一条件なんですけど、結果はその後から出てくる勝負だと改めて感じました。

Iさんに、あの減速ぶりでよく飛べるなあ〜って言われたけど、飛ぶよ。信じてるから。(笑)

自分が一番びっくりした瞬間。

大会当日、相方は馬場専なので馬場の種目が多いが、ボクは馬場は経路を覚えるのが大変なので1課目がいっぱいいっぱいです。
今回も前回コンビを組んだまっくんと挑みました。今回の目標は一応前回54%もらったので、もう1〜2%(要するに55〜56%)ぐらい上げていきたいな。んで2課目に進みたいなと思っていただけで、それ以外はなんも考えてなかったのですが、なんと優勝してしまいました。

自分でびっくりデス。思わず号泣&相方に飛びついてしまいました。うれしくて。(で、何気に皆様、結構見てらしてましたね(笑)飛びついてたの・・・。皆様から言われました(爆))

ツルの一声も「リベンジ叶ったね」(ん?リベンジ?)とか思ったけど、もうコレで後全部棄権しても良いやって言ったら「があああ〜。本番はこれからだ〜」といわれました。(^_^;)

しかし今回のジャッジはかなり厳しくて、いただいた点は52%。下がってる。どうするこれからの目標・・・。というわけで、騎乗者の姿勢は無視してみてねの↓(馬を動かすだけに集中したのよ(超イイワケ))



個人的には好きなO審判員の点数がほとんど6点だった事が特にうれしかったです。

大会前日はみんな必死です。

まっくんのたてがみさてそれぞれ大会の前のレッスンが終わると、それぞれ大会に出る選手の人たちは協力し合って、馬達のおめかしをします。
馬場の練習の時には既にまっくんはタテガミがきれいに編まれていて、もう大会モードです。レッスンはボロボロだったっすけどね。なんかまっくん疲れ気味だった・・・。

どらさんのたてがみコーザンさんを予定していた相方は急遽コーザンさん療養により、ドラさんにどらさんのタテガミもこれはこれでシンプルでおしゃれ。
あれ?相方。今回あし毛づいてるね。

じゃっくくんもおめかしジムカーナ競技に出る予定のジャックくんもおしゃれ中。
タテガミの毛も長いし、きれいだし映えるねえ。しっぽなんて芸術そのもののきれいさ。

きれいな色ねえ しっぽもばっちし

もちろん前髪もね。 前髪はリボンをつけてもらってちょっとご機嫌なジャックくん。

さてさてみんな思い思いを込めて、こうやって大会を迎えます。それにしても群馬は寒い。えらい寒い。(笑)

あびさんは横っ飛びが得意

あびさん大会前日の障害のレッスンはあびさん。ドリさんかと思ったけど、あびさんでまあそれはいいんだけど、結局ドリさんとは1回しか練習できてなくて、あれれっ?友達とかになるとかもうそんなレベルじゃなくて(^_^;)、超ぶっつけ本番だなあと思いつつ・・・あびさん。(笑)

この日は、あびさんはボクがクラブについた時点で、2人落としていた(騎乗者以外にも害が及んだらしい)。と情報が流れていて、次に乗るIさんが「俺は大丈夫。おちないから」と言っていたにもかかわらず、Iさんも横っ飛びにやられて落馬。本人は「降りたんだ」って言ってたけど、あれは落馬だよ。Iさ〜ん(`・ω・´)

「2度あることは3度ある」とブツブツ歩くボクにツルの一声「がああああ〜落ちなきゃいいんだ!!」わかってるけどさあ〜。テンション下がってるし次障害だよ?なんて思いながらのレッスンでしたが、なんとか落ちないでレッスンは終わったのでした。さてどうなる本番?

流動したかも(BlogPet)

さくもくは、流動したかも。

*このエントリは、ブログペットの「なずな」が書きました。

sakumoku at 08:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 25, 2009

群馬・・・寒い。(笑)

まあ、いろいろ悩んではいるんですが、22日に群馬の馬術競技会に2人参加しました。これはもう異動するしない以前から出ることを前提に予定が成立てしいたのですが、異動が決まって心揺らぐ状態で気持ちは↓↓↓。

だってしばらくはここの競技会も出れない訳でしょ?

前日の練習も含めてちょっとトーンダウンしていたボクです。

そんな訳で記事はちょっとあべこべになっちゃうけど、とりあえず馬場専門でやってきた相方と馬場は任せて!のサンデーさん(じょんこ)のコンビで挑んだ馬場2課目。ようやく光が見えておかげさまで3位をいただきました。



November 19, 2009

迷子

ねこ相方の異動が決まりました。

仙台です。

転勤族なので動くかもしれないのは解っていましたが、11月16日発令で12月1日付けで仙台への転勤は何をなんから始めてもきつすぎます。
ただ仙台は東京の前に3年間赴任していたので、全く知らない所に行くとは違うので、それは良かったかな・・・。と、しかしあの頃に比べて、自分が土地と土地を動く事に関して抵抗を感じるのは正直否めません。
単身か・・・。一緒に行くか。

私は相方の新たな仕事場の勤務の大変さより自分の事しか考えていないつまらないやつです。

sakumoku at 22:52|PermalinkComments(2)TrackBack(0)││今日一日 

さく(BlogPet)

きのうはさくもくはエントリは発言するはずだったの。

*このエントリは、ブログペットの「なずな」が書きました。

sakumoku at 07:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 17, 2009

東京も寒かったが、中国って寒いよね。

おつかれさんどす。「西藏往事:邦題未定というか、やるかも未定」が無事撮影終わったようです。

チベットも寒かろうと思いますが、九州育ちのボクは寒さは激苦手です。
でもしばらくしたら上にあがっちゃうんだけどさ。(-_-;)

日本でやってくれないかな・・・やってくれる度低いっすよね。

一つはくれよおおおもう一つの「我的美女老板:邦題未定」は大連と言う所で撮っているそうですが、大連が中国のどこにあるのか、ボクはワカリマセン。ちなみに日本の南アルプスもよくわかっていません。それほど自慢じゃないけど、地理音痴です。

こちらの撮影は寒い中、アイスを食べまくったそうですが、アイス好きのボクにはたまらない撮影だ。

ええっ!!「1つぐらいくれてもいいじゃん」「やだ。絶対。やだ」的な感じかどうかワカリマセンが、コメディ感が漂っていて、こうドロドロしたドラマに出るより、映画に出たほうがさっぱりでいいじゃん。っと思うのはボクだけでしょうか。
だって、ドラマだと、ピーターさん死亡率、もしくは彼女の死亡率がえらく高い。

超癒される。

癒され・・・。ぴた友F姐姐からの贈り物。
ピンポンのピーターさん。の画像(笑)
ところがこのドラマ、最初はうんともすんともピーターさんがなかなか回を重ねても出て来なくて、やっとこさドラマの終盤ででてきたそうです。(笑)
黒髪ロンゲ系が好みのボクには胃腸炎でも癒されました〜。

胃は相変わらず。

November 16, 2009

超ころがる。

ポカリ15日は群馬で馬に乗りに行く予定だったんだけど、その朝6時起床した時点で、胃に変化が・・・。
超いてぇ。もうぐるぐる転がる。(゜o゜)(゜o。)(。o。)(。o゜)(゜o゜)(゜o。)(。o。)(。o゜)
こんな姿を見た相方はさすがに今日は馬ムリと判断したのか、群馬のクラブにキャンセル。後胃腸薬を飲むもやっぱり転がってばかりなので、ついに救急外来へ。

いろいろ検査した結果。急性胃腸炎だって。(←お前だよ。)胃腸の流れがよろしくないらしいということで、2日ぐらいは流動食で・・・。それから徐々に固形物を食べなされ。と「仁−JIN−」ばりの先生に言われて点滴と薬もらって帰ってきました。
というわけで1週間一応安静。ボクのご飯はしばらくポカリ。

あれっ?競技会もしかしてぶっつけ本番??

sakumoku at 11:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)││今日一日 

とにかくとる(農園日記その901)

とにかく収穫!!8日に相方連れて、畑へ。かなり古いネタだけど、一応ね。キロクだから。(笑)
ブロッコリーが巨大化してないか心配だったんだけど、雨が少ないせいか、いつもより大根もブロもそんなに大きくなってなくて、だから実はここ何日かの雨で巨大化してないか心配ではあるけど、大きい順から収穫しました。

小さいけど里芋里芋はどの区画もほとんど失敗か?と思うぐらい茎が見えないものばかりで、やっぱり里芋って難しいのね〜と心の中で思いつつも、なんとか小さい里芋をむしりとる。
芋は芋でも野菜の芋の類では割と難しい芋かもしれない。

コレがもし立派に育ったりしていたら、種芋→親芋→子芋→孫芋まで成長して、親芋から食べられるそうです。で、うちの里芋はどうやら子芋どまりだったっぽい。でも2人家族だから全然OKです。(^_^;)

sakumoku at 11:11|PermalinkComments(4)TrackBack(0)││野菜な日 

November 14, 2009

恵比寿ガーデンプレイス

オブジェ

小さき輝き クリスマス一色

誰もいない

輝き

なんで1人で見なあかんの?

ライト

バカラ

モノ ポジ

読書

やっぱ馬

November 13, 2009

T.R.Y 〜7分ぐらいでサヨナラの巻〜

T・R・Y [DVD] T・R・Y [DVD]

織田裕二さん主演の日本と中国と韓国の俳優さんが揃いも揃ったペテン師のお話。
相方は織田裕二さんが好きなので、確かこの映画も見にいったけど、感想として・・・・・・。あまり記憶がない。ただその時思ったのが、伊沢(織田裕二)を狙う暗殺者と伊沢の仲間の韓国の俳優さんがタイプだわ。ぐらいしか正直感想はないんですよ。

本当は豪華キャストを迎えての映画なんですけどね。期待しすぎた分、(`・ω・´)よく頑張りました。的な(笑)

さて、その後この暗殺者が後々のボクの生活に影響をもたらすピーターさんだったのです。もちろんこの時に落ちた訳じゃないですよ。(笑) ちなみに韓国の俳優さんはフェイドアウト・・・してしまいました。はい。

出番は最初の3分ぐらいと、中盤の4分のみ。おまけに中盤の4分は何故か女装して出てきます。女装の意味はあったのか?と言うツッコミはおいといても、 ライダー並みのハイヒールキックが見れる貴重な映画となっております。(これが後のライダー出演の足先になったのか?)
でも最後は意外とあっさり。。゜゜(´□`。)°゜。

でも何気にボクはこのピーターさんが気に入ってたりします。髪形とか顔とか・・・。
製作は2003年。でもボクがピーターさんに落ちるのはまだ先のお話。(笑)

余談。超若い市原隼人くんが出てきます。かわいいっすよ。

November 12, 2009

恵比寿構内

びしっ たてビシットネ

ふたごサガスノガタイヘンナモノ

整然 わん

どこに行くの?ガーデンプレイスヘ

November 11, 2009

神はサイコロを振らない。

ダリアここ何日は神様に祈ってたけど、確かにね、お花の試験が受かったらいいなとか、何々が叶ったらいいなと願ったりしたけど、やっぱり神様はそう簡単にはサイコロを振らないみたいで。
これから、僕らの生活はちょっと変わります。
ちょっと相方には悪いけど、ショックを隠せない言うのが本音。
ごめんよ。相方。

でも本当にボクは柔軟性がないんだ。

sakumoku at 23:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)││今日一日 

なずなは映画がほしいな(BlogPet)

なずなは映画がほしいな。
映画ってどこにあるかな

*このエントリは、ブログペットの「なずな」が書きました。

sakumoku at 08:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)││さくもくの日 

November 10, 2009

妄想特急。

いけめんず。なんか、ピーターさんのファンクラブからメールが来て、イベントのDVDが遅れてるんだって(^_^;)。
まっ、こちらはもう姐姐さんたちのCDーRで心癒されてるので全然遅れても気にしてないんですけど、なんか今月末か来月末に新たな情報をお教えしますと来たもんだ。


なんだ・・・なんだろう。「非常甘美」の時に来日とか、CD発売の時に来日とか(来日しか考えてないやんけ。)
いよいよ上海でライブか?(コレはちと行けない気が・・・。)

何気にこの顔好き。事務所「何とかしてね。」
ピーターさん「考えておきます・・・。」

的な話はないと思いますが(^_^;)、ただでさえ忙しいのに本当にあなた大丈夫なの?って(←すべて心は来日を大前提の発言になってる)、ちょっと心配したりもする。
ファンの気持ちもわかるけど、まずは自分の仕事に専念して。
ボクラはいつまでも待ってるから。

とコレはあくまでも来日するならばのお話。意外と「泡沫之夏」が日本で公開とか?(笑)「三国」とか。個人的には「西藏往事」が見たいです。

小石川

遠く見た小石川10年経ったコイシカワ

自転車人口 破壊。アツマルモノとハカイサレルモノ

花咲く小石川アナタハソレデモサイテイル

昔の遊び場カンキンリツワルカッタキガ・・・。

小石川の夜 小石川の夜更けネムリソウデネムレナイマチ

新鮮な魚サカナヤサン

どうやって食べるの? カイかい。カイマツリ

哀愁の背中ソノセナカニハナニヲセオッテル?

家路カエルバショガアルシアワセ

November 09, 2009

ない存在

幸洋丸この日が来るたびに、あの日の一日がとてもつもなく長く遠かった事を思い出します。
お墓参りいけなくてごめん。

父の船は元気に走っているだろうか。

sakumoku at 23:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)││今日一日 

恵比寿

恵比寿エビス

男と女 女と男オトコトオンナ
オンナトオトコ

秋駅の中のアキ

ダリアダリア

恵比寿の野菜売り 埋もれるきゅうり恵比寿のヤサイタチ

今年最後の畝作り(農園日記その900)

よっこらせ。さてさてずいぶん前の話ですが、10月の下旬に、ほうれん草と小松菜の種を蒔くために畝作りをしました。いつもは相方にしてもらうんですが、今回は最後なのでボクが・・・。

畝づくりだよ。おっかさんやっぱり畝一つ作るんでも体力使います。若かろうが老いてようが一畝つくるのはしんどいです。でもここから始めないと、野菜は出来ない訳で・・・。耕さない農法もあるそうですが、この農園は耕すのでえんやこら。

すじまきすじ蒔きように、スジを作っていよいよ種まき開始。
実は何気にこの種まきの方が腰やられます。(痛)
小松菜に至っては小さすぎて目をやられます。(まだ老眼は早い気がするんだけど・・・。(^_^;))

ほうれん草の種種小さいしね。でもこんな小さな種であんな立派な野菜が出来ちゃうんだから本当に不思議だよ。野菜って。

これで今年の畝作りは終了。
あとはバンバン収穫しまっせ。(笑)でもミックスレタスがいささか出てない・・・。まっいいかあ〜。

sakumoku at 18:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)││野菜な日 

November 07, 2009

広東語と国語(向こうで言う中国語の違い)

暗門は暗門らしい。ピーターさんの借りたもう1本の映画は「暗門」何気にDark Warって書いているので、もろ裏社会の話です。
これは、最初に見たのとさらにさかのぼる事2001年の作品。

一言で言うと、グロイです。よ〜くみると、注意書きにR−15か18ぐらいの指定っぽい書き込みがあるぐらいグロイんですが、たまたま置いていたら、母が「あっ、倉田保昭さんじゃん。」えっ?そこ?みたいな。(^_^;)

また、たまたまドラクエに熱中している相方がチラチラと一緒に観る事になったんだけど、「ピーター、ほとんどしゃべんないじゃん」いいから〜声違うから〜!! 観賞用だから〜!!。・゚(゚`Д)゙
でもコレ観てて、TRYも観てて思ったのは意外とピーターさんって悪役ヅラみたいな顔なんだな・・・(これは次に鑑賞した映画に繋がるのですよ。その話はまた後で)と、いろんな役出来る事はうらやましいですよね。
これも完全にVシネマ系です。彼女があんまりにも可哀想過ぎます。

ついでに2人の共通のツッコミ。暗殺者の人の声がミッキーマウスみたいとか(笑)、倉田さんシーン必ず5分はあるよね。とか、極めつけ哥哥(お兄さん)が防波堤で釣りをしてて、途中でお昼寝しちゃいます。それを見た瞬間、僕ら「兄さん!波にさらわれちゃう!!」でした。

お借りしたDVDは、どちらも日本語のにの字もないんですが、字幕の選択で広東語と中国語があって字も微妙に違うし、しゃべりも違う。
同じ国なのに、こんなに違うなんてボクはまだまだ中国をしっかり理解してないのかもしれない。

November 06, 2009

女6人でにんにくってどうよ?

がっちりにんにく昨日は馬友女6人が恵比寿で待ち合わせて、「にんにく料理」食べてきました。がっつりいただきやんした。にんにく。
心なしか今日のバイトは体がよく動いた・・・んな訳ないだろうみたいな(^_^;)

どんだけにんにくピーターさんって韓流の人?って言われても全然気にしないっす。(笑) 誰?っていわれても平気っす。むしろ女6人でにんにくガッツリのほうがすごいっすよ。

ねえねえ知ってた? うちらの付き合いって10年は経ってるのよ。

あっという間だけど、みんな変わらないよね。そこがポイントだったり?
相方の異動次第でまた離れちゃうかもしれないけど、にんにくまた食べに行こうよ。韓国料理でもOKっす。(^^)

sakumoku at 23:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)││今日一日 

春日

トンネル久しぶりにカメラ持って、写真を撮ってみました。

サキガヨメナイトンネル

上下ウエトシタ

幾何学アシンメトリー

ATMATM・・・ダケドATMハナイ

地上への道チジョウニデルナガイミチ

密情追踪 〜秘密の追跡?〜

中国語って大変ね。ピーターホーさんの映画(2003年製作?)を2本、ぴた友F姐姐さんからお借りして観てます。
まずは「密情追踪」
もちろん日本語の字幕がないので、中文でなくて英文でまず見たんですが、ピーターさんの声じゃないんで(いわゆる吹き替え)、ほぼピーターさんのPVを見てる気で鑑賞。

でも面白いことになんとなく話はわかるんですよ。(笑)ただ細かいツッコミとか出来る。
何故そんなに黄色のリボンにこだわる!!とか(←いやコレ重要なところだから)、カバーに出ている女優さんと映画では恋仲なのかと思えば、いや違うみたいな・・・。(笑)、ノーヘルでバイク運転すんなよとかかなり逸脱。

窮地に立たされるぴーたーさんでもかっこいいから許します。声違うのがちとつらい。けど。
タイプ的にはVシネマ系ですかね?

←丁度ボコボコにやられてる時。

ちなみに正式タイトルは多分 「黄絲帶」(黄色のリボン)

November 05, 2009

誘惑

春馬くんいろいろ四天王とか定めてるけど、あんまりその人が特集してる雑誌とか買わないんですが、今回ばかりはダメだった。誘惑に負けた。三浦春馬くんのこの顔を見たら、もうレジに並んでいたよ。(ボクハヨワイニンゲンデス)

本当ストレートな髪形も好きなんだけど、最近は特にクセをわざわざつけてる写真が多くて、今回は意外とストレート系かなと・・・。思ったらレジだよ。

もう19歳なんだね。岡部くんからもうどんだけ 時経ってる?
雑誌は「FLIX」ちなみに何の雑誌かよくわかんない。

sakumoku at 00:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)││今日一日 

November 04, 2009

そろそろ採れ頃っすかね。(農園日記その899)

さてそろそろ先週見た時はまだ下の方にこもっていたから、そろそろ13cmぐらいになってるはず。はずと言うのは・・・。行ってないからさ(イバルナヨ。)
ブロッコリーの採れ頃は13cmぐらい。ぎゅっとつまってるうちに採るほうが無難です。まだ小さいなんて思って採り損ねると恐ろしい現実が待っております。

過去の経験から学んだ一つです。やっぱ旬に採ろう!!
でもボク明日明後日バイトで、次の日は馬だから・・・旬は既に難しい。あおん。(-_-;)

sakumoku at 23:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)││野菜な日 

さく(BlogPet)

さくもくと、お詫びした?
それでなずなが花屋が結婚したかったの♪

*このエントリは、ブログペットの「なずな」が書きました。

sakumoku at 08:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 03, 2009

2010年のピーターさん

期待。とりわけ映画やらドラマやら忙しいピーターさんだけど、2010年は彼にとって今まで以上に活躍の年になりそうで、とりあえずようやくCDが3月ぐらいに出るそうです。(^_^;)

なんかまた延びそうな気はするけどあんまり気にしないし、日本でいつ発売とかはまだ未定だし、深く考えてないけど出来る事なら、新曲のMVDVD付きにしておくんなまし。(←ボクの重要なツボはココ)

ちなみにライブはやれるのかな?(^_^;)
頼むから倒れないでね。ピーターさん。

坐骨が痛すぎ。

まっくん。の目は小宇宙みたいだ馬場のレッスンと言うか、部班の時は、もうしっかりまっくん馬配になっているが、馬友のMさんは何故か競技会の馬と違う馬を当てられてるというこの馬配の仕組みがちんぷんかんぷん。
相変わらずまっくんの調子はいいけど、右の駈歩のリズムが違う為、乗り続けると、左の坐骨が猛烈に痛くなる。

あびさん。左の坐骨が痛いもんだから、左に重心を持っていけなくて、相方に左足鐙踏めてないよ!。先生にもっと左足鐙踏まなくちゃ!!
(ノ`Д´)ノ んな事はわかってるよおおおお!!でも痛んだよ!!左の坐骨が!!と脳の中でややブチ切れ。(^_^;)
そんなせいか今日のあびさんとはちょっと上手くかみ合わなくて、試合のときの一抹の不安がよぎる。小障害回避もまたありえますね・・・。

いやいやあびさんは信用してるよ。でもまっくんの後の坐骨次第だよ。

さんでーさん相方が乗るサンデーさんは女王様で、拳が強いとよろしくない動きをします。しかしあし毛の特徴と言うか、歳をとるとまるで白馬のようで(とは言うもののちょっとお尻が汚かった)、白馬の王子様に見られるか、ピエロかの楽しみが出来てます。僕の中で。ヾ(´ω`=´ω`)ノ

ちなみにサンデーさんは、昔NHKの朝ドラで歳をとった「じょんこ」役に出演した役者さん。瀬川亮さん(ボクの若手四天王の1人)と触れ合ったんだ〜と、最近サンデーさんにさわりまくってます。(笑) 但しその話をすると、確かお母さん酒井法子(敬称略)だったよね・・・と要らぬ思い出が・・・。

November 01, 2009

ばいばい。またね。

しいな我が家の文鳥家族の最後の子。先々週、しいなが天国に行った。寿命を全うしたんだと思う。鳥の命は意外にも長いようで短い。
こうして我が家には誰もいなくなってしまった。

取り残された鳥かごがただ寂しくしまわれた。

初めまして、そしてさようなら。

バラ30日の朝、訃報が届いた。
相方の父の兄、つまり相方にとっては叔父さんに当たる方が亡くなったのだ。
披露宴をやらなかったし、その後も親戚まわりをしなかったので、結婚して9年本当に失礼だが顔をすら知らなくて、相方すら20年ぶりの再会になるそうだ。

親戚付き合いはいろいろな事情があるけども、叔父と甥の関係だとその会わない期間もまんざらではないだろうが、古い言い方をすれば、あちらは本家でこちらは分家なので、挨拶回りはすべきだったかもしれない。今になってしまえばもう遅い。

Funeral arrangementsせめて挨拶をしなかった無礼をお詫びする方法で、僕にできることはないかと考えると、やっぱり花を生けることしかなくて、棺の上に乗せるアレンジを作りました。

いや〜花屋に行って葬儀にあった花を探していたら上のバラがあって、色合いが良かったからコレを買ったのだけど、事情を知らない花屋さんはこれ暗くすると蛍光するのよ〜・・・いや。今そんな気持ちじゃないから・・・と思いつつも購入。リンドウ、ユリとストックなど少し秋の香りを閉じ込める気持ちで作成。


初めて会う叔父はもう話す事はない人になってしまったけど、囲碁がとても大好きだったらしく、もしかしたら五目並べのお相手ぐらいは出来たかもしれない。だけどもう出来ないね。だからボクが最初で最後にかけた言葉は「初めまして、そしてさようなら。」

関東の親族として出るのは初めてだったので、父が亡くなったときと比べて、はるかに近代化で、火葬場も作り変えたとはいえ、とてもでかく田舎と比べ物にならない近代化。うちらだけが悲しみを背負ってる訳ではなく、次々と霊柩車がやってくる。関東の人はいっぱい死ぬんだな〜 と訳もわからないことを考える。

次々と運ばれる中で、叔父は囲碁をする相手をもう見つけて、あっちの世界に向かったと思う。
向かったと思うと言うのは、ボクは結局まだ過去の思い出からどうも離れる事が出来なかったようで、大変親族には申し訳ないが、途中で体調を壊して、相方と帰ってしまった。(お骨、拾えずにごめんなさい。)

また途中で帰ってしまったので、親族の挨拶はほとんど出来ず、また相方の嫁って誰状態はまだまだ続く事になりそうだ。

叔父は沖縄生まれで戦争体験もしたはず。
子供、孫、ひ孫まで見れたあなたの84歳の人生は幸せでしたか?