July 2015

July 30, 2015

この夜から

この夜から通夜の帰り。

この日からバランスはアンバランスに。

信頼は裏切りに

明朗は陰鬱に

sakumoku at 22:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)││今日一日 

July 24, 2015

いつもありがとう

ゆうやけ誕生日、おめでとう。

これから先も一緒に夕焼けを見て行こう。

何度も言う、私の亡き父より、1年でも長生きしてくれ。

sakumoku at 16:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)││今日一日 

July 23, 2015

ある日突然

次の夕焼け普段通りにバイトに出ていた、その日いつも同じ時間帯に組んでいる人はお休みだった。
その日の夕方、ご家族からその人が交通事故に遭ったという一報が入った。

今日、詳細で危篤で、意識が回復しても非常に厳しいとの連絡が入った。

少し周りはざわつき始め、それでも冷静に仕事をこなした。

仕事が終わって帰り際、その日に見た夕焼けも、これから先の夕焼けも、もうその人は見る事が出来ない夕焼けをボクはしばらくボーっと眺めていた。

sakumoku at 16:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)││今日一日 

July 17, 2015

るんどん、血尿になる 後編

きす? 相方が戻ってきて、動物病院に行って検査してもらったらば、診断結果は膀胱炎と尿結石でした。(顕微鏡で結石がしっかり見えたそうです)

先生から点滴と抗生剤を出来れば3日間ぐらい投与した方がいいというが、なにぶん、るんどんは病院嫌い。果たしてどこまで耐えられるのか。(本人も先生も)心配だけど預けるしかない。

点滴終了後、威嚇モード突入後の大興奮のるんどん。(涙)
先生が申し訳なさそうに「かなり興奮して、おしっことウンチをしてしまいました」
やはりダメだったかあ・・・。

本当だったら、3日間連続して点滴と言う案は威嚇モードを見た先生も断念。
薬投与で様子を見ながら通院することになりました。



先生「薬の飲ませ方わかります?」
いやいや、今まで病気したことないからわからんですよ。と教えてもらって連れて帰りました。
帰ってきてからも威嚇モード突入中のるんこさんは、うちらにまで威嚇していました。(涙)

この日を境にエリザベスカラーと病院の先生に威嚇するようになったのは言うまでもありません・・・。

でも、ご飯ガツガツ普通に食べるのよねえ・・・。

July 08, 2015

るんどん、血尿になる  前編

様子がヘン5月29日(発表会前日)、るんどんの様子がどうも変で、粗相する、しようとする。何度もトイレに行くと言う仕草から、ちょこっとトイレしている様子をみたら、どうも赤いようなものが見える・・・。これは俗にいう血尿とかとか?
でも人間の血尿すら見たことがない・・・。

5.29の時そもそも血尿と言えば、昔、子供の時に「積み木くずし」(年齢バレバレ)と言うドラマで、その妻が「あなた大変・・・。」と自分の血尿を見て、夫が慌てて病院に連れて行く→即入院ぐらいの知識しかない。

それぐらい、ど素人だったので、慌てて病院に電話し、どうも様子がヘンだし、血尿のような違うようなと言う相談をしたら、受付の人の開口一番「尿、取れますか?」

(゜レ゜)「尿・・・。取るんですか?」(固まる砂だから取れるかな?)

「尿をとれると検査出来るんです」

「あっ。頑張ってみます・・・。」と電話を切ったらば、
あんなにトイレに行きまくってたのに急にいかなくなって、発表会の準備しながら、るんこさんを見張るという2つの作業をこなしていました。


取れないと病院にも連れていけない・・・。でも多分早く連れて行かないとヤバイ気もする。でも尿が取れない・・・無限のループゾーンに入った日でした。(無論、軽く発表会前の練習などとはできなかった)

ところが砂が足りなくなっていたので、新しい砂を足した途端、トイレに入ったるんどん、この好機を逃すなとばかり、何故か目の前にあったプラスティックのカップを設置したらうまくとれて、明らかに赤い事が判明。

病院にもう一度電話して、「赤いです」というと、
病院の受付の人のまた開口一番、「冷蔵庫に入れて出来れば冷やしてください」
(゜レ゜)「??」
「温かいままだと、細菌が増えて、病原が特定できないんです。」
(あっ、そうか「はい、わかりました!!」

慌てて冷蔵庫に入れて冷やし、病院行きが決まりました。
病院に行ってからが、また大変。でした。

July 03, 2015

何故この奏法を見出してしまったのだ!!

独奏9月にマンドリンの合宿に参加することにしました。
発端は下の病気発見?の時に後悔のない人生を踏もうと申込みをした・・・けど、結果的に意義が、現在少しズレテマス。

なんじゃこれ。課題曲を2曲持って行かなくてはならないので、1曲は発表会の曲にしようと先生と相談し、もう1曲どうする?と言う話をしながら、先生が無伴奏どう?この曲どう?と渡されたのが↑←これ。(^_^;)

無伴奏もハーモニックスも、トレモロピッチカートも、どうして先人たちは難しい奏法を生み出しちゃったのかな!! むずいじゃんか。

えっ。これを発表する曲にするの? 現代人の指導も侮れない。(汗)

July 01, 2015

一時代

さようなら先日、お世話になった方のお別れ会に行ってきました。(元職場の上司) 在職していたのがすごい前だし、在職期間もむしろ他の人よりはるかに短いんですが、元職場の人として献花することもできました。

多分、もうこの職場関係の方とお会いするのはこういう時が最後かなあと思ってお世話になった方々に挨拶をしている時に、ある方が「これで、この世界の一時代が終わった」と言ったのがすごく心に残っていて、ボクもなんか役目と言うかなんか終わった感じで帰ってきました。

新しい時代を陰ながら応援しています。
それにしても意外と減らないのよねぇ。この世界。(詳しく言うとばれちゃうので言えない(笑))

sakumoku at 21:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)││今日一日 

再検査

とりあえず再検査。
この日は相方も付き合ってくれてねむいねむいねずみ(こういうタイトルの絵本があって気に入ってたんですよ。実家にあるかなあ〜?)状態の2人。

とにかく病院は朝が早い。なので、再検査中も真っ暗なので眠気が襲ってきます。

結果として、大丈夫だろう(大きな病ではないだろう)と言われました。
念のために、1年後の予約は取らされましたが、この一言を貰うまですごく長かった。本当に正直つらかった。
もうこれだけで1年以上かかった感じでした。
ちゃんと定期的に検査はしないとですね・・・。
本当に本当に痛感。

sakumoku at 20:45|PermalinkComments(2)TrackBack(0)││今日一日