おさくの部屋

自動車生活にまつわる勝手なうんちく

それにしても暑い。

それにしても暑い。

毎年言ってる気がするが、こんな状況で丸一日、外で動き回るなんざぁ殺人的だ。

クルマに乗ってないと死んでしまう。

案の定、私のポロの燃費もガタ落ち。涼しい季節から3割は悪くなった。

輸入車は比較的エアコンの効きは良いのだけど、このクラスでこの効きのせいか、ほぼずっとコンプレッサーと電動ファンが稼働状態で正直うるさい。

室内はそうでもないが、外は「ヴォーン」

まあしゃあない。

そんな我がポロももうすぐ1年。ディーラーから点検のお誘いが。

でも今のところスケジュールの見通しがつかないので。

36000kmナリ。

ヤバいよな。

ま、いっか。この仕事の形態が5年も続かんだろうし。

5年後もこのペースで走ってたらある意味逆にマズイ(笑)

でもこんな力技の仕事を全うするのも悪くねぇか。

というテンションで。



人は誰でも安全な道を歩きたがる。

安全ってのは、誰かに守ってもらえている環境に身を置くこと。

だから親は子供を守る。そして子供が社会に出るときには自分の代わりに誰かに守ってもらえる道を歩んで欲しいと考えるのだ。

大きい会社に。

公務員に。

などなど。

でもそうではない道を選んだときは。

そりゃもう自己責任だ。仕方ない。

とはいえ親は心配で。

でも見守ることしかできない。

私の親もそうだったのだろうな。



自分でいばらの道を選んだにも関わらず、いばらの道を安全に整備しなさいと周囲に求める人がいる。

自分の歩幅はこのくらいだから、それに合わせて整備しなさいと。

いやいや、それは自分で整備しなさいよ。

「ここの道は一般的な道と違って歩きにくい」

「道を管理する人が改良すべきだ」

いばらの道のいばらを刈って、整地して、誰でも歩きやすいようにできれば理想だ。

でも自分ではやらない。他力本願。

自分は歩くだけ係。言うだけ係。


人を使うにはコツがある。自分の手を汚したくないなら、謙虚に、うまく相手を立てながらお願いしたり、

弱さを見せて同情をかったり

エサを与えてやってもらったり

まあいろいろだ。

それは別に演技でもいいんだが…

できない人がいる。自分を変えない人がいる。

そんな人は早々、後に戻って違う道を進んだ方がいい。

頑張って同じ道を歩いている他の人たちの迷惑だ。邪魔だ。

何よりその人のためにならない。

その人にとって正しくない道に迷いこんでいるのに、まだ進もうとするのか?

早く軌道修正した方がいい


仕事柄、起業関連のご相談を受ける機会が多いのだが、中にはこんな人もいるのだ。

不安を吐露するだけなら同情も湧くし、どうにかフォローやアドバイスもできるのだが、己の能力不足や無知を認めず、「この現状は周囲の人、環境のせい」と一歩も引かない人がいる。

挙句、私にどうにかしろと(笑)

仕事を取ってきてくれと(笑)

ルールや業界を変えろ、それがお前の仕事だろと(笑)

笑わせんな。

お願いだから違う道に進んで下さい。

そんな人がいるからその業界が荒んでしまう。頑張っている周りに迷惑を掛ける。


あ、軽貨の話ね。

きちんと相談してくる人と、そうじゃない人の落差があまりに激しいもので。

そもそも人としての基本が備わってない人には未来がない。

やる気ある。

一所懸命やってる。

それだけで上手くいくならこの世に不幸な人など生まれるはずがない。

だからこそ、立ち止まって、謙虚に己を見つめ直す作業が必要だ。

まずは「俺はダメ人間だ」と認めること。

私もそこから始めた。

ゼロ以下から、自分ができることを挙げ、それが社会的にどのくらいのレベルにあるかを考え、それを信じて行動に移した。

怒りっぽい、口が悪い、臆病、乱暴なんてのは個性の範疇。

個性とヒューマンスキルは別物。

経験値や知識なんてそれだけでは意味がない。

全てが混ざり合って人の格をなす。


周りを自分に合わせさせようとするくらいなら、自分が軌道修正した方が早いのに。

まさにエゴだな。

エールです。

ムスコの夏が終わった。

まあ良くやったわな。小学から続けた野球、この親である以上そんな才能や遺伝子を持っているはずもないのだが、気づくとムキムキの痩せマッチョ。体型だけはイチローばり。俺と違ってアタマも小さいしな(笑)

昔から仲間に恵まれ、戦績もそこそこいい思いをしてきた。

高校はバリバリの進学校だが、一応この夏は多少期待されるくらいのレベルのチームにもなった。

そんなとこで主将まで任されたことは一生の財産になる。

初戦で敗れはしたものの、1年の時とは雲泥の差のチームになったことには驚いた。

ま、その気があるなら上でもやれや。

その前に上に上がるための勉強モードに切り替えなきゃならんぞ。

別に住むようになってから心配していたが、どうやらきちんと「自律」の力はついてきてるようだから大丈夫だろう。

俺があーだこーだ関われるのもあと4年ちょいだ。

嬉しくもあり、寂しくもある。


新型カムリが出た。

相変わらずカッコ良さの押売りがクドいが悪くない。

初代はFR。セリカカムリという名だったな。小学校の時の担任が乗ってたからすげぇ印象にある。

その後FFになって角ばって。

小さいV6積んでみたり、腰の据わらないモデルだった。日本では尻すぼみ。

で、気がつくとアメリカで売れてた。

そのせいもあるし。

マークXの今後の扱いもあるからか…


…デカイだろ。


幅なんてクラウンよりデカい。

もうね、日本のことなんて考えてクルマなんて作れないんだ。

世界基準で作ったクルマを日本に当てはめる。

そうじゃないと戦えない。

きっとカムリの完成度は相当高いのだろうな。

日本が苦手なFFでの乗り味制御も進化しているんだろう。

私は生粋のFF乗りだから、久しぶりにコレに興味が湧いた。

ただね、どうしても気になる。

カムリが本気で素晴らしいのならなおのこと。


もう350万以上払わないと質感の高いクルマに乗ることはできないのか。


ヴィッツ、カローラあたりとの差が大きすぎるのだ。これはトヨタに限った話ではないのだが。

「差別化」を通り越して350万以上払わないユーザーを小馬鹿にし、虐げているのではとも感じてしまうくらい。

一般のユーザーはそうそう多くのクルマを乗り比べることはできない。

そして一度買ってしまえば諦める。

そこを濫用しているフシがある。


だって、カローラやヴィッツだってなんだかんだで200万超だ。

なのにその作りは雲泥の差。

「簡単です。満足したいならあと150万出せばいいだけですよ〜」

なんて突き付けられてる気がする。

別にクルマを安くしろとは言ってない。ただ、車格と価格のバランスをもう少し考えた方がいい。

小さいクルマは安い、大きいクルマは高い、という絶対的な道理がある。にもかかわらず、その大きさによるもの以外の快適性まで安かろう悪かろうと差をつける必要があるのかどうか。

例えば、カローラやプレミオを10万高くしてクラウン並みの静粛性にしたら。

15万高くしてリンクサスにしたら。

それでクラウンが売れなくなるはずがない。

カムリが売れなくなるはずがない。

存在意義の薄いモデルの統合だってスムーズに進む。

チャネルの再編も進む。それができないなら兄弟車で十分賄える。

それによって世界戦略車に注力できるようになる。

生産効率だって上がる。コストが下がる。

プリウスの全チャネル販売はその先駆だろうに。



やっぱね、必要性で小さなクルマを選ぶ人を輸入車に行かせない努力は必要だろう。

ゴルフに乗って思う。

ポロに乗って思う。

いくらこっちがムダに50万高くても、全然構わない。

日本車の方が訳の分からん機能やボタンがたくさん付いていようが、

数値的に多少勝っていようが、

故障する「確率」が低かろうが、

とてもじゃないが今の日本車には戻れない。

そんな大きな差がある。しばらく乗るだけで分かる差がある。

その差を小手先でごまかそう、どうせシロウトには分からんだろう、とタカを括ってきた結果が今の「クルマ離れ社会」の一因。

そりゃそうだ。数字や実用性だけに拘って、惚れさせる、所有欲を掻き立てるクルマを作ってこなかったということなんだから。

それを早々に時代や嗜好の変化だと片付け、自己正当化してしまったから。


これはエールです。カムリとアコードを見て、そんな良い方向に行きそうな気がしたので。

NBOXとリーフ。

なんだろな。

今は人と関わりたくない季節か。

人と関わってるから楽しくもあるし、飯も食っていける。

でも人と関わってるから苦しくもある。

まあいろいろ辛いことや面倒なことが続くとこんな時もあるか。

それにしてもだ。

この俺が、夜寝つきが悪くなったりするかなりハードな昨今。

キャラ的にも無理してるしな。

この歳になっても、んなことの繰り返し。

なんのために自分の腕一本で食う道を選んだのか分からなくなる。

雇われの方がよっぽど楽だということを、周りに分からしめても意味のないこと。

普段、孤高なんて言いつつも、価値観を強制している時点で矛盾している。

共感を求めてんだからな。

転換が必要だ。まずは諦めることから始めよう。

じゃないと壊れてしまう。


と、重い話しはここまでとして。


新型が続々の自動車業界。

ほとんどはMCだがね。

ノア、ヴォクは悪くないのだがね、相変わらずトヨタは加減を知らない。

顔。ゴテゴテでゲップが出る。鎧を着てるみたい。

前、横、後ろ、それぞれの濃さのバランスが取れてない感じ。

あの顔ならサイドのプレスラインをRXやCHRみたいにもっとクドくさせた方が良いのだが。

もう一本だけラインを入れるだけでバランスはグッと良くなる気がする。

でも売れるのだろうけど。


そしてフィットとか諸々のホンダ。

どうにか上手く納めてきた感じ。「馴染んだ」という言葉が最適か。

個人的にはシャトルのリアをラインをどうにかして欲しかったのだけど変わらず。

せめてルーフエンドスポイラを大型化して欲しいなあ。

地味にシャトルの顔は嫌いじゃないのだ。リップ付きね。

でNBOX。これはFMCだ。

んー、微妙だなあ。エクステリアはイマイチインパクトがない。

まあこれでコケる訳にはいかないからちょっと安パイ狙ったなと言う感じ。

インパクトは軽量化。

前のNBOXは重たかったからなあ。

なんと80kg削ぎ落としたってのはすごい。

これだけでも燃費は格段に上がるはずだが、さらには新型エンジンでヤルとの情報。

マジか。本気だな。

でも大丈夫か?新開発モノは最初にグダグダになるのがホンダ。

まあDCTの二の舞はないか。

新NBOXが出ても旧型の価格は落ちないだろうから、これでしばらくは良い循環が生まれるな。

旧型3年目くらいのユーザーなら、そんなに負担なく乗り換えもできるだろう。

中古市場でもNBOXはアホみたいに高いからな(笑)特にカスタムはね。

ただエクステリアがなあ…

こっちはあとほんの少しだけクドくしても良かった気がする。


あと楽しみなのが新型リーフ。

今年中か、来年か、なんて言われてるが、現行の腐った状況からすると今年中に出さないとモデルブランドが著しく毀損してしまう。

なんせ在庫処分で100万引きとかやっちまったから。

おかげで中古市場も大暴落。イコール現ユーザーを大きく裏切ったことになった。

もう二度と買うか!絶対買ってはいけない!というクルマになりつつある。

まあそうせざるを得ない理由があるのだけどね。

だからこそ次モデルの責任は大きいわけだ。

これで売れなきゃEVが死ぬと言っても過言じゃない。

で、漏れてくる情報からすると結構イケるレベルの感じ。

航続可能距離300km。何よりようやくカッコ良くなる。

ほほう。

でも価格は大幅にUP。車体もデカくなるっぽい。

さてさて。

まあね、期待の8割であってもカッコ良ければ売れるのよ。

あの王者プリウスさんだってカッコ悪いからコケたし。

消費者は燃費の数字や維持費の優劣だけでクルマを選ぶ訳じゃない。

そこはあくまでも付帯要素。

やっぱ、惚れさせるモノかどうかよ。


楽しみだわあ。


記事検索
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

株式会社
自動車生活総合研究所
おさく法務行政書士事務所
Recent Comments
Archives
  • ライブドアブログ