おさくの部屋

自動車生活にまつわる勝手なうんちく

修理完了。

修理完了。

首都高で突っ込まれてから丸々1か月。

こんなウルサイ私に気を遣ってくれたのか、クレームが怖かったのか、修理はVWの直営のBPセンターに入れてくれた。

ヤナセのセンターかと思ったら、VWのセンターだという。

へぇ。

期待はしてなかったんだけど仕上がりはびっくり。

完璧だ。

私の目からしても完璧。

ヒンジにレンチ跡すらないけど本当にこれドアを取り換えたのか?

リアフェンダーBPしたのか?

驚いたのは、塗装の目まで完璧だったこと。

これは塗料の硬さから調整しないとこの目は出ない。

すげぇな。

一番気になっていたBピラーは引っ張っていないとのこと。

ドアに押されて少し凹んでたところをBPのみ。

良かった。

でも130万ww

まあドア2枚XX、リアフェンダーBP、BピラーBP、リアバンパーXX、そのくらいいくか。

にしても、リアバンパー部品で10万もするんだな。


新車の時並みにキレイになった。

1か月借りたゴルフ4もキレイに洗車して返却。4000km走ったから情が移ったわww



先日、お客様の新型プジョーに触れる機会があった。

やっぱいいわ、あれ。

お客さんに断って、舐めるように見せてもらったけど。

何が良いって、ドアの閉める音がすごい。

「ドフッ!」

こりゃ質感の塊だ。ベンツ並みの重厚な音。剛性の良さがわかる。VWのチャチさが際立つ。

今日、VWのショールームでT−ROCを見たけど、ありゃないな。

T−CROSSならまだ許せるが、400万オーバーのクルマでダッシュがペロペロ。コチコチのプラスチックってのはあり得ない。

東南アジア臭、新興国臭プンプン。

多分これからVWは落ちていく。間違いない。

将来、そのときもVWがトップメーカーとして存続していたら今が、

「暗黒の時代」

として振り返られるんだろうな。

いやいいんだよ別に。その路線でも。

あり得ないのが価格だ。

感覚として50万以上高いわ。

いくらADASだのインフォテイメントだの何だのが付いてるから高いんです、って言っても、輸入車のアドバンテージはその質感だろうに。

思い出すのがZRR70系。

あの時代、世界情勢から国産車のコストカットが酷かった。

「こりゃユーザーに失礼だろ」

くらいの有様。怒りすら感じた。

ヴィッツとかならまだしも、グレードによっては300万超えもあったのにオモチャレベル。

それを今のVWが再現している。得てして「ここを削ってもバレないだろ」ってのはのちのちに響くもんだ。だから国産メーカーは今、質感重視に回帰しているのに。

どうやってVGJが国内価格を決めているのか知らんけど、日本舐め過ぎ。

価格でプレミアムを演出するのは結構だが、モノが追い付いてないなんて呆れるばかり。

モノもないのに価格だけ高いwww

コスパ最悪。誰が買うか。

黙ってヤリスクロスやヴェゼルでも買った方が賢いわ。


ワタシはプジョー208がおすすめです。あれはいい。


人気ブログランキングへ
全般ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

懐かしい!

事故って借りた代車がゴルフ4。

なまら懐かしい!

ハンドル重っ!

クソ燃費悪っ!

内装ベタベタ!

そうそう、これこれ。この感じ。

昔のマイカー、パサートヴァリアントVR6を思い出すわぁ。

ゴルフ4は、ゴルフ2っぽいハンドリング。まあ3もこんな感じだけど。

そう考えると、ゴルフ5ってのは物凄い進化だったんだなぁとつくづく思う。

燃費はワタシのゴルフ君と比べると3割悪いww

4速じゃ足りねぇww

このハンドルの重さは女性にゃ辛いだろうな。

でも高速安定性や直進性はやっぱりさすがで。

ドイツ車の重厚感ある乗り味を残す最後のゴルフかも。

相変わらず死ぬ気がしないww

コンパクトカーとして乗るのはキツいけど。


さてゴルフ君の修理。

外注でその辺の鈑金屋さんに入れるのかと思ったら、港北の総本山に入れるとのこと。

お、ヤナセのBPセンターか。

まあね、測定して万がイチBピラーが押されてたらカッチリ直してもらわないと嫌だしな。ワタシの目で見る限り入っていないとは思うけど。

ん?それとも神経質でウルサイ厄介な客だから、ってことでそこになったのかw

・・・その可能性が高いなww

ドア二枚とリアバンパーは交換だけど、リアフェンダーのBPは気を付けてもらわなと。

手を抜いて変なところでボカしたらやり直しだよ。お願いだからちゃんとAピラーから塗ってねww

・・・だから嫌な客なんだなw



大切なコートをいつものクリーニング店に。

「マッキントッシュは生地が貼り合わせなので、仕上がりに水疱みたいなムラができる可能性がありますが了承いただけますか?」

は?・・・

「了承?んなもんするわけねぇだろが」

「いや・・・前にそうなったとき、マッキントッシュに交換していただけましたので」

「あそう。もしものときに交換してもらえるならいいよ」

「いや・・・今回のこちらのコートが交換してもらえるかは分かりませんが、了承いただけますか?」

「だからよお、んなので了承するわけねぇだろがよっ!!馬鹿か?最初からできないって言えばいいだろが!」

「いや、了承もらえたらやります・・・」

ほんとアタマ悪い・・・考えろっつーの。

こんなヤツを受付に置くなってんだ。

というわけでちょっと足を伸ばしたクリーニング店へ。

「あ、マッキントッシュね。手洗いでやりますんで大丈夫ですよ。浸けるのではなく表裏の表面をシミ抜きの要領で拭く感じの方法ですがよろしいですか?防水の仕上げも入ってます」

「襟袖廻りがキレイになれば全然OKです」

これがプロだよね。これなら気持ちよく6000円出せるわ。

どちらも取次店じゃなく工場併設だったんだけど、その中でもレベルの差ってあるんだね。

これまで近さと値段で選んでたけど、今後ちょっと高いけどココを使おう。


・・・うわ、スーツ上下で倍の値段だ・・・。


人気ブログランキングへ
全般ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

お手紙でも。

訃報を聞いてから悶々としてるので、社長へお手紙でも書いておこう。



社長、お世話になりました。

ワタシの人生を変える仕事へ、社長が案内してくれたのが四半世紀くらい前。

その後、環境が揺らいで路頭に迷いそうになった時、

「おまえに1000万預けるからよぉ、この敷地と机も貸してやっからよぉ、好きにやってみろや」

と、引越しの支度金まで用意してくれて。

百戦錬磨の社長だから思惑や計算、同情があったのかもしれないけど、

「オマエさんはそこらのヤツとはどこか違う気がするんだよな」

自信が揺らぎ不安しかなかった中、ボソッと発した社長のその一言にどれだけ救われたことか。

結局、その時は怖気づいてご厚意を断らせてもらったけど、のちに自分で立ち上げた会社の役員に無理やり入ってもらって。

その後、ワタシの会社の事業展開の中で支店を置く必要が出たときには、半ば強引にその敷地と机を使わせてもらってw

完全に事業が軌道に乗って、のほほ〜んとしていたら、

「おい、いつまでスネかじるんだ!独り立ちしろ!んのやろっ!」

てなわけで尻を叩かれようやく自力で倉庫事務所を借りて。

振り返ると、あれをきっかけにようやく会社の体をなしたというか。

日々の残高に一喜一憂するのではなく、投資と回収の本質を教えられた気がする。

いっときは野田に出先を置いて、積載車も各拠点に置くくらいにまでなった。


事業縮小の時はその決断とタイミングを褒めてくれた。

社長自身の苦難や、事業の過去の反省や後悔をじっくり聞かせてくれた。

昔から、周囲から人格者として有名だった社長だけど、こんな若造にまで。

役員を退任してもらう際、出資金を少し色付けて戻した時は無言でニヤリ。

「無理してカッコつけやがって」

と私には聞こえましたがw


人として、社長のようになるのが目標だったけど、現状を見る限りどうやら私はそこまでは行けそうもないです。

でも社長との出会いのおかげで、こんな社会不適合者でも一般の普通の人間よりは濃い人生を歩んでいるかな、とも思えます。

人は歳を取ります。

私もいつかは分からないけどそちらへ行くことになります。

そのときまた、

「ぅおい、おさくくんよぉ」

「ぁぁん?なにぃ?んのやろw」

骨太な手で斧を持ち、

首にタオルをかけて薪割りしているところに、

愛嬌のある笑顔で、

軽口を叩く私を迎えてください。

あまりにカッコ良い最後の去り方を、さんざん茶化させていただきます。


合掌。


人気ブログランキングへ
全般ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
記事検索
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

株式会社
自動車生活総合研究所
おさく法務行政書士事務所
Recent Comments
Archives
  • ライブドアブログ