空を見上げて

秋が足早にすすみます

IMG_3173IMG_3174
戴いたミニバラ達は順調に咲き進んでいます。 
いつもなら夏弱り、秋枯れのところを
彩ってくれています。
10種のミニバラはどれも素晴らしい品種と出来栄えす。
さすがに頭を揃えて咲いているので我が家の荒野の
雰囲気には合わないところが悩ましいです。


IMG_3185

IMG_3227
大きいバラはすっかり数が減ってしまいました。
このベランダでは無理かなぁ・・と。
ウイリアム・シェークスピア2000はいつも遅れて咲きますが
形や色、付いた蕾はしっかりと咲いて うれしいです。


IMG_3023

IMG_3230IMG_3246
荒野・・・破れ家・・・そんな秋の我が家。
ミズナラがこのところの冷え込みでオレンジ色に紅葉してきました。
モミジは葉さきが茶色になってしまい今年も赤くなりそうにありません。

IMG_3243
ジュリーも温もりを探すようになりました。
押入れが お気に入りになって個室という感じです。
おかげで いつも少し開いています。


sakura12170911sakura12170911  at 14:11  | コメント(4)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 

うれしいプレゼント

IMG_3119ミニバラを注文するセントラルローズからうれしいプレゼントです。
ジュリーがチェックしています。
嬉しすぎて画像もブレています。
5月末ミニバラの写真コンテストの入賞の商品なのでした。
10株みんな違う大輪系品種でこれも驚きでした。



IMG_3163夏枯れのベランダがいっぺんに華やかになりました。
グラウンブルー
モーニングブルー
ダークサンレモフォーエバー
エビアンフォーエバー
ラブリーモア

ミラノ
バーレッタ
コモフォーエバー
サニービーチフォーエバー
ネヴァダフォーエバー


IMG_3167
バーレッタ

IMG_3164
ミラノ

IMG_3165
コモフォーエバー

IMG_3172
サニービーチフォーエバー白かな黄色かな

IMG_3171
ネヴァダフォーエバー黄色かな白かな


応募5月28日アップのベランダの写真でした。




sakura12170911sakura12170911  at 13:49  | コメント(3)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 

やっと涼しくなりました

IMG_3156・・っていうよりか またまた滞っていました。
すごく暑かったし
パソコンは二度にわたって故障入院、二度目ではバックアップもなく中古の新しい?パソコンになってしまうし
連れ合いは世話がやけるし
幸い私だけは元気で夏痩せもありません。
マンションの植え込みです。
ツユクサの美しさに目を見張りました。

IMG_3141IMG_3138ベランダのススキは今年は穂が痩せています。
夏を無事乗り越えたミニバラ、名札紛失、ヴィヴィでもサンタバーバラでもなく・・

やっと涼しくなってきたのに鉢に直接、日があたるようになりました。
日差しを避けることを優先に 鉢の置き方はもう、無茶苦茶です。


sakura12170911sakura12170911  at 12:54  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 

緑陰

IMG_0029IMG_2776
連日の暑さです・・・ベランダの緑陰をさがしました。このモミジ、赤葉の大葉ですが木の頂上部分は枯れこんできています。
黄エビネの葉のプリーツ模様は なかなか観葉です。オシダの影がさらに模様を作っています。

IMG_0022
今の(7月)ギボシはもうちょっと草臥れていますが きれいな花がさきました。
パソコンが突然の初期化の憂き目にあい ショックのあまりその写真はありません。
jpgn
白っぽい物体はジュリーのタヌキ腹です。

sakura12170911sakura12170911  at 16:10  | コメント(3)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 

ダム・ドウ・シュノンソウは・・

IMG_9936nn
ベランダの右端、西側。 ピンク色のバラはダム・ドウ・シュノンソウ(デルバール)。
昨年春 蕾状態で購入、たわわに咲きました。
が、その後、二番花も秋バラも咲かず図体ばっかり大きくなって困ったちゃんでした。
今年こそはと期待したのですが・・はじめに大きく15センチに咲いた後は
真ん中をはずして ビュンビュンと上に左右に飛び出してもう、メチャメチャ。三輪咲いているのはもっと上にあったのをモミジの枝に引っ掛けてあるもの。
このところの涼しさもあって長く咲いています。香りは強いです。

この ダム・ドウ・シュノンソウはじめバラは狭いベランダでは無理かな・・・と。
もう絶対ふやさないぞ、減らすぞと決心したのに テレトン(デルバール)を購入してしまいました・・・・
京阪園芸で小山内健さんと有島薫さんの講演(鉢で育てるバラ)があってお二方の熱心なバラ熱がそうさせたのでしょう・・(5月8日)

IMG_9974nn
少し後ずさってみると・・せまいベランダですから真ん中辺から撮っています。
せまいのに大型の植物ススキ、アシ、シダ、ミズナラなどは諦め切れません。
これらは手間なしのうえ、自然の癒し効果があるのです(私にとって)。
クレマチスはコロ付きの台に乗っていて移動が簡単です。

sakura12170911sakura12170911  at 11:56  | コメント(7)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 

ミニバラの風景

IMG_2378n
ロニセラ・ヘクロッティーが咲いたので。ミニバラはまだ少しだけ。
左からヴィヴィ(セントラルローズ)。 モーニングブルー
ラブリーモア(セントラルローズ)。 コーヒーオベーション
ホワイトピーチオベーション。

IMG_2612n
手前、左はミニバラグリーンアイス。
右のピンクはインパチェンスカリフォルニアローズ、ほんとにバラみたいです。

IMG_9766IMG_9771
クレマチスも咲きそろいました。
毎度のクレマチスですが 今年は花が大きいです。 
蔓は最後にはやっぱり絡まってしまいました。

IMG_2495

後ずさって見ると大変な混乱です。
手前のクリーム色のバラは今年のただひとつのニューフェースのテレトン(デルバール)。とてもいい香り。
今年はうどん粉に懲り 照り葉の見るからに丈夫そうなこのバラに決めました。
中央の濃いピンク色は修景バラのキスミー。名のとおり香りが強いです。


IMG_2640
上の背後。 大きなバラ達が恨めしそうに見ています。
バラバラに咲くので景色になりません。
ウィリアム・シェークスピア2000(ER)。 ライラックローズ(ER)
アブラハブ・ダービー(ER)。 アイスバーグ。
のっぽのアグロステンマ(そろそろ終わりです)が空をうめてくれます。
台に乗っているのはバラ達です。

IMG_9749
マーガレットと一重の千鳥草(デルフィニウム)は小さな苗から一つ鉢で育ちました。
左上ミニバラのクリーム色はヴィヴィが褪色した色です。
黄色はサンマリノ(フォーエヴァー)。

IMG_9862n
今日のベランダの東端です。
テイカカズラが一回り大きくなってすごい香りを放っています。
左端のまだ蕾のはストックホルムフォーエバー。
中央上は微妙なピンク色はFGローズの あおい。

sakura12170911sakura12170911  at 17:44  | コメント(3)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! ミニバラ | バルコニー 

今年も、また

IMG_2342
今年も咲いてくれました。
ロニセラ・ヘクロッティー。
植え替えもしましたし、肥料もやりましたので
去年よりはたくさん咲いています。 ベランダ端っこの定位置です。

IMG_2471IMG_2449
これも例年のギボシ。
株が増えたので二鉢に分けました。
ベランダ環境が合うのかホクシアは ご機嫌で咲き続けています。

IMG_2446
今年もまた芽吹いたミズナラと咲き始めた ミニバラのヴィヴィ。7センチの大輪。このヴィヴィは美しい黄色で咲き始めますが すぐに褪色していき、クリーム色となり 白〜そのまま置いていくと赤くなります。 魔法のような・・騙されたような・・長々と咲きます。
葉はすごい、うどん粉。
テイカカズラも今年も また。

IMG_2304
ジュリーの視線の先は・・・

IMG_2310
動物番組。 鳥とか虫。大きいものは興味がないようです。(獲物感覚です。)

sakura12170911sakura12170911  at 16:19  | コメント(4)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! バルコニー  

バラの前に

IMG_2267
アグロステンマ
お隣から昨年暮れに種まき苗をいただきました。
数年まえに育てたことがありました。
張り切って育てたせいか 私の身長を越える高さになりました。
このところの強風にドキドキです。

IMG_2264
こちらもご近所からの頂き物。
ナニワイバラ
小さな挿し木苗ですが大きな花が三輪。

IMG_2233
黄色い花・・マーガレットのような・・ これもご近所から。
とうとう名前が分からないままですが ごく寒いうちから濃い黄色の花が元気をくれます。

IMG_2279n


IMG_2331
春なのに 菊ばかり・・・

IMG_2283


IMG_2244
ジュリーが追いかけているのはハエです・・・
ダウンして落ちていました。



sakura12170911sakura12170911  at 16:09  | コメント(2)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 

4月

IMG_2189


IMG_2218



IMG_2203IMG_2191


IMG_2214IMG_2217


記録



sakura12170911sakura12170911  at 15:46  | コメント(1)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! バルコニー  

春 遠からじ

IMG_2137
お気にいりの年賀状がピンアップしてあります。
春 遠からじ と。かっての写真の先生の新しい写真集のひとこまのようです。
不詳の虫が這い上がってきました。(ジュリーが騒ぐので気がつきました)
あまり寒いので暖房をガンガンにしたら どこからか出てきたようです。

啓蟄なら なんと間がいいことに・・というところでしょう。IMG_2138
こちらは毎年 絵手紙風の年賀状で楽しみです。
IMG_2127nn
ジュリーがちょっと虎ふうに撮れました。
年賀状に もう遅いですね。
IMG_2170
北の大地の孫です。さすがに高木美帆選手の地です。5歳にして氷上におります。
かの地は まだまだ厳寒の最中ですね。

sakura12170911sakura12170911  at 22:14  | コメント(4)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! その他  

冬のミニバラ

IMG_2150
ミニバラがこんなに たくさん。 24株。 入手し易いので ついつい増えてしまいました。
この時期 植え替え、剪定をするのがよいようです。
大きいバラと違って根があまり丈夫でないので あまりくずさずに 一回り大きな鉢に植え替えるのがいいのですが。  
鉢が大きくなるのは場所的に困るので やや、くずしてもとの鉢に植えます。
鉢は口径14センチのスリット鉢の長鉢。 土はセントラルローズのミニバラ専用(ピートモスが主に)。 プランターに入れて二重鉢に。

IMG_2146
まだ結構、咲いていたのですが一鉢をのぞいて 切花にしました。 Forever社の新品種などはミニバラといえないような大きさ、花びらの重なりです。

IMG_2152

IMG_2157

IMG_2140
水揚げ中。 ジュリー、そこの水を飲まなくったて・・・

sakura12170911sakura12170911  at 16:40  | コメント(3)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! バラ  

新年

IMG_2100IMG_2097
遅ればせながら あけまして、おめでとうございます。
お正月らしい寄せ植えでもなく 凧の飾りを付けてみました。

IMG_2099IMG_2103
年末から年始も寒い日が多いですね。 それでもベランダの陽だまりでは結構、咲いていてくれます。 うれしいです。
右の手前の二輪のミニバラはグリーンアイスです。寒いのでピンク〜赤くなっています。
一緒に植えてあるのは小葉のオリーブ、二色のガーデンシクラメンはフリルの花びらでとても華やかです。

IMG_2098IMG_2106
秋遅くなってから 花付きのミニバラを注文、買ってしまいましたので それらなどが寒さで長々と咲き続けています。 
こんな時期にこんなに咲かせていいのでしょうか。 
ミニバラながら花びらが驚くほど多くてERのようです。

IMG_2108
五階のベランダは西側には一戸建て群で 西風が強くあたります。 
咲いている花が寒風の中揺れているのを見るのがつらくて 寒波がきているときは 不職布の覆いを夜には被せます。


IMG_2052
すっかり呆けたススキもたのしんで さすがに年末には切りました。

IMG_2043IMG_2080
ミズナラが少しだけ紅葉しました。
モミジはきちんと紅葉しなくてがっかり・・ 部分を少し。

IMG_2076
寒い・・中に入れてください・・といっているようなラストのルージュロワイヤル。

IMG_2087
ジュリーは日向ぼっこの特等席です。 

sakura12170911sakura12170911  at 18:20  | コメント(3)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 

09 秋バラ

IMG_2010今年はバラの講習も受けたしたくさん咲くと思っていたのに・・・なぜかしら・・・
ダム・ドウ・シュノンソー(デルバール)にいたっては茂れどまったく咲かず。
全体を写した写真を見てもらったところ、茂りすぎで咲かないのだそうでした。
肥料のやりすぎではと。
アブラハム・ダービー(ER)も二鉢とも1〜2輪のさびしさでした。

IMG_1935ライラック・ローズ(ER)はいつに変わらない姿と色で大好きです。香りもスパイシーで素敵。











IMG_1958

IMG_1982

IMG_2014

上の2枚は色の濃さが違ってしまいましたが新入りのバラです。
パティオローズの あおい です。小山内先生監修のバラです。
ココアかキャラメルを混ぜたようなおしゃれな色です。

IMG_2011ミニバラはずいぶん増やしてしまいたくさん咲いてにぎやかです。あとはみんなミニバラです。










IMG_1950

IMG_1970

IMG_1925

IMG_1995

IMG_2028
上の二枚は同じミニバラです。
ヴィヴィです。はじめは優しい黄色ですがやがて白から寒くなってピンクになってきました。 
長く咲いています。
IMG_2024

sakura12170911sakura12170911  at 16:21  | コメント(4)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! バラ  

テスト (秋)

IMG_1798

IMG_1852

IMG_1876

テスト
投稿のアップがやりにくくて このところ困っていました。
問題解決のため互いに教えあう livedoorナレッジというサイトに登録して
やっと解決しました。
ブログもだんだん複雑になって 難しくなって付いていきにくいです。

テストの画像。 秋ですね・・・



sakura12170911sakura12170911  at 12:24  | コメント(2)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! バルコニー  

ルージュ・ロワイヤル

IMG_1857IMG_1872
バラの講習の時にえらんだルージュ・ロワイヤル(デルバール)です。
夏剪定後の秋バラです。このバラは大輪の部類に入りますが まあまあ
大輪でしょうか。 ほんとうは一番太い芽が折れてしまったのです(犯人はジュリー)
真っ赤でバラらしい強い香りで名前のまんまですね。
左は夜明けのルージュ・ロワイヤル。

IMG_1892下の二輪がルージュ・ロワイヤル。
上の赤いバラはウイリアム・シェークスピア2000(イングリッシュローズ)です。
その上のやや、青みがかったバラはミニバラのエヴィアン・フォーエバー(ローズフォーエバー)です。
ススキに埋もれる真っ赤なバラたち。

予期していない状態になるのは面白いことです。














IMG_1898n左がウイリアム・シェークスピア2000。
右がルージュ・ロワイヤル。
どうでもいいぐらいよく似ています。
こういう色は写真では正確に写せません。
ウイリアムが青み帯びています。






IMG_1861「  ・・・」
この寝姿を見るとなんでも許してしまいます。
見ているだけで癒されてしまいます。

sakura12170911sakura12170911  at 23:35  | コメント(3)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! バラ  

ススキと野菊

IMG_1782イトススキやヤクシマススキやミニゼブラの小型のススキ3種が植えてあります。
それに北米産の野菊、アスター・ディバリカツスが白い花を咲かせています。
この野菊は2004年からあります。
豊橋の「うもーりー」さんでもとめたものです。

ジュリーは笑っているわけではなくてススキの葉を食べているのです。
イネ科の植物はネコは食べます。しかし硬い葉なので吐きます・・・




IMG_9685上から見るとこんなふうです。ススキ達は小さいながらも穂を上げています。
うれしいですね。













IMG_1760夜明けのススキ・・・
こちらは大きなタカノハススキの出穂です。
今年は姿よく育って穂も8本も出ました。一株一抱えほどのススキですがバランダでススキが原を思い浮かべています・・・あの曽爾高原・・・

ススキは丈夫ですから何度、根元を掘り堀りしていろんなものを植えたことでしょう。
今は赤と白のシュウカイドウが咲いています。
夏頃、ヒガンバナの球根を買って植えたのですが なぜか葉ばかり出てきて失敗です。
今年は失敗したものが多いなぁ・・・


お月見が楽しみです。

sakura12170911sakura12170911  at 22:50  | コメント(4)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ!  | 葉もの 

秋の夕焼け クフェア・タイニーマイス ルージュロワイヤル

IMG_1699n

IMG_1702

IMG_1706暮れるのが早くなりました。
ふと、気がつくときれいな夕焼けが。
ベランダの草むらから。

どこかに散歩に出かけたの?







IMG_1650

IMG_1659n猫とネズミ のつもりです。

赤い花はクフェア・タイニーマイス。
ミソハギ科。 半耐寒性多年草。
ネズミの顔ような花が可愛く、面白いです。
暑い日ざし、大丈夫で切り戻しOKです。
小さい花ですがパチッとして目を引き付けます。





IMG_1669ルージュロワイヤル。
フランス デルバール
情熱的な赤いビロードの大輪。
ローズ、バニラの強い香り。
バラのお稽古中のバラです。
ほんとは新苗だから まだ(10月まで)
咲かせてはいけなかったのですが・・・

摘蕾遅れて 誘惑に負けてしまいました。
素敵です。

sakura12170911sakura12170911  at 14:34  | コメント(2)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! バルコニー |  

8月31日

IMG_1606熱い政権選択選挙も終わりました。
インフルエンザのせいで2学期も始まっています。
それより、冷夏なのですね、
まだ8月だったのですね。

(ブログの投稿の具合が変?でうまくUPできません・・)

雲が優しく流れます。





IMG_1635

IMG_1588

IMG_1636

IMG_1626庭番のジュリーです。
何をしているのかな?
とりあえず、面白いので写真を撮ってからプランターを見ると緑色のコガネムシがいました。
指パッチンで飛ばしてやりました。














IMG_1598IMG_1599
ミニバラはあまり きれいではないのですが咲き続けています。

バラの夏の剪定について講習、行ってきました。
(クリフトンat京阪 ガーデニングセミナー  はじめてのバラづくりコース)
今年は冷夏なので 2週間は早く剪定するほうがよいそうです。
液肥をやって はじめましょう。

sakura12170911sakura12170911  at 22:58  | コメント(4)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 

お盆を過ぎてやっと

IMG_1548お盆を過ぎてやっと
涼しく・・いえ
夏らしいスカッとした空です。
でもセミのかしましい鳴き声は潜んでしまいました。
昨年よりハマってしまった三尺バーベナです。
涼しげで夏らしく&丈夫です。




IMG_1540

IMG_1573

IMG_1532IMG_1575
このバーベナは虫が集まりす。
アゲハチョウ、ヒョウモンチョウ、ホウジャク、クマンバチ・・

それらを楽しみにしているジュリーです。
保護色で見難いですがアマガエル。
アマガエルは2〜3匹以上はいるのですが5階なのにどこから?
下の田んぼから 足の吸盤を使って登ってくるようです。

IMG_1562バラもよろよろですが咲き続けています。
バラの優雅な華やぎは やっぱり無視できないものと・・・
長く避けていたものです・・
ERのアブラハブ・ダービー








IMG_1568

IMG_1545

IMG_1576

IMG_1579
夏草が生い茂るごときの8月のベランダです。



sakura12170911sakura12170911  at 15:11  | コメント(4)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 

野生?のジュリーとクレマチス

IMG_1487IMG_1502


昨日、ベランダでジュリーはセミを二匹も捕ってきました。セミを咥えた野生の目のすばらしいこと!
セミはすぐに私に逃がされてしまいましたが 果報は寝て待て・・とばかりに暑い中、ベランダにおりました。

IMG_1497IMG_1483

クレマチスも野生状態でニガヨモギにつかまり 今度はミントの花茎に絡まりそうです。

右のルドベキアは昨年咲いた後、マンション内の地面(ゴミ置き場横)に植えておいたものです。
すっかり立派に成長して・・とゴミ出しのたびに 目を細めています。


IMG_9676
早朝 緑が柔らかくきれいで撮りました。
手前のピンク色のバラは もう終わりかけですが
ダム・ドウ・シュノンソウーの二番花です。

大野耕生さんのブログに 今、シュノンソウー城でダム・ドウ・シュノンソウーを撮った写真があって素敵です!


ところで ブログ表紙がいつまでも桜では・・と一念発起して変えてみました。
大変変えにくいのでほとんど変えないのです。
涼しそうな木の葉を見つけたので変換ボタンを押したところ、このような状態になり 
びっくりしたり、喜んだりしています。
こういう作業は相変わらず 難しいです。



sakura12170911sakura12170911  at 15:13  | コメント(6)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ!